シャルル (ヴァロワ伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルル・ド・ヴァロワ

シャルル・ド・ヴァロワ(Charles de Valois, 1270年3月12日 - 1325年12月16日)は、フランス王フィリップ3世と最初の妃イザベル・ダラゴンの息子でフィリップ4世の弟。ヴァロワ家の祖であり、1328年に即位したフィリップ6世の父である。1284年に父フィリップ3世によりヴァロワ伯に叙せられ、また1297年に兄フィリップ4世によりアンジュー伯に叙せられた。

軍事能力に長け、兄王の起こした戦争の司令官として輝かしい武功を立て続けた。

1300年から教皇ボニファティウス8世の要請で、フィレンツェの内乱を調停するために出かけているが、かえって暴動と混乱をあおる結果となった。

家族[編集]

1290年ナポリ王カルロ2世の娘で又従妹であるマルグリット・ダンジュー(1273年 - 1299年)と結婚し、2男4女をもうけた。

  • イザベル(1292年 - 1309年) - ブルターニュ公ジャン3世と結婚
  • フィリップ6世(1293年 - 1350年) - フランス王
  • ジャンヌ(1294年 - 1342年) エノー伯ギヨーム1世と結婚
  • マルグリット(1295年 - 1342年) - ブロワ伯ギー1世と結婚
  • シャルル(1297年 - 1346年) - アランソン伯シャルル2世、アランソン家の祖
  • カトリーヌ(1299年)

1302年ラテン帝国の名目上の女帝で先妻の従妹、自身の又従妹であるカトリーヌ1世・ド・クルトネー(1274年 - 1308年)と結婚し、1男3女をもうけた。

  • ジャン(1302年 - 1308年)
  • カトリーヌ(1303年 - 1346年) - ターラント公およびアカイア公フィリッポ1世(マルグリット・ダンジューの弟)と結婚
  • ジャンヌ(1304年 - 1363年) - ロベール3世・ダルトワと結婚
  • イザベル(1305年 - 1349年)

1308年にサン=ポル伯ギー3世・ド・シャティヨンの娘マオー・ド・シャティヨン(1293年 - 1358年)と結婚し、1男3女をもうけた。

参考文献[編集]