フェラーラとモデナの君主一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェラーラとモデナの君主一覧では、13世紀から19世紀イタリアにおけるフェラーラモデナおよびレッジョの君主を挙げる。

概史[編集]

イタリアの有力貴族でランゴバルド人の血統のエステ家は、10世紀以来エステ辺境伯の地位を世襲し、1196年からはフェラーラ侯となった。1240年にフェラーラのシニョリーア(僭主制)を確立した。

1289年にはモデナレッジョを兼ねた。

1452年にはモデナとレッジョ、1471年にはフェラーラがそれぞれ侯爵領から公爵領に改められた。フェラーラ戦争イタリア語版英語版1482年 - 1484年)。

1598年、フェラーラはローマ教皇に奪取され教皇領に編入され、以後はエステ家はモデナおよびレッジョ公国(モデナ公国)として存続した。

1796年、モデナ公国はナポレオン・ボナパルトに征服されチザルピーナ共和国に編入された。

1814年、モデナ公国はエステ家最後のモデナ公エルコレ3世の女系の孫でハプスブルク家フランチェスコ4世の下で再興され、1859年にサルデーニャ王国に併合されるまで続いた。このオーストリア=エステ家は最後の君主となったフランチェスコ5世で断絶し、名目上の公位とオーストリア=エステ大公の称号は遠縁の同族であるオーストリア帝位継承者フランツ・フェルディナント大公へ、さらにその甥で皇帝となるカール1世からその子、孫へと継承されている。

フェラーラ、モデナおよびレッジョの侯爵(エステ家)[編集]

フェラーラ、モデナおよびレッジョの公爵(エステ家)[編集]

モデナおよびレッジョの公爵(エステ家)[編集]

モデナおよびレッジョの公爵(オーストリア=エステ家)[編集]

モデナおよびレッジョの公爵(オーストリア=エステ家、公国消滅後)[編集]