オーストリア=エステ家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エステ家領をハプスブルク家にもたらしたマリーア・ベアトリーチェ・デステ

オーストリア=エステ家:Österreich-Este:Austria-Este)またはハプスブルク=エステ家(独:Habsburg-Este;伊:Asburgo-Este)は、イタリアモデナ公国の統治者家門エステ家の断絶後、その名跡を受け継いだハプスブルク=ロートリンゲン家の分家。

歴史[編集]

モデナの支配者(1814年 - 1859年)[編集]

エステ家最後のモデナ公であったエルコレ3世は、1796年にフランス革命軍の侵略によって領国を失い、モデナ公国はフランスの衛星国チザルピーナ共和国(1805年よりナポレオンの統治するイタリア王国の一部を構成する)に併合された。エルコレ3世は亡命者となった後、南ドイツのハプスブルク領ブライスガウ公領を補償として与えられた。

最後のモデナ公フランチェスコ5世/「ジャイコバイトの王」フランシス1世

ハプスブルク側はエルコレの一人娘マリーア・ベアトリーチェを皇帝ヨーゼフ2世の弟の一人フェルディナント大公に娶らせており、ブライスガウが再び一族の領地として戻ってくることを期待していた。エルコレが1803年に死ぬとブライスガウは娘夫婦が相続したものの、1805年には拡大を続けるバーデン大公国領に併合されてしまった。エルコレ3世没後の1814年、フランスによるイタリア支配が終わると、モデナはエルコレの娘と、その息子のフランチェスコ4世に返還された。

この結婚によって創設されたモデナ家の女系分家であるオーストリア=エステ家は、1814年から1859年までモデナおよびレッジョ公国を統治した。ハプスブルク家のモデナ公爵はレッジョミランドーラマッサの公爵、およびカッラーラルニニャーナの公の称号をも帯び、1847年からはグアスタッラ公爵をもその称号に加えた。公国は新しく成立した統一イタリアによって独立を奪われ、最後の公爵フランチェスコ5世は退位させられた。

ジャコバイトの王(1840年 - 1919年)[編集]

フランチェスコ5世オーストリアに逃れ、余生の大半を同国で過ごした。1840年より、フランチェスコ5世はジャコバイトによって正統なイングランドおよびスコットランド王位継承者とみなされていた。フランチェスコ5世が1875年にウィーンで世を去ると、オーストリア=エステ家の男系は絶えた。フランチェスコ5世の血統上の後継者は姪のマリア・テレジア大公女であったが、彼女はバイエルン王ルートヴィヒ3世と結婚した。このため、エステ家正嫡の血統を継いでいると言えるのは、現在のバイエルン王家家長のバイエルン公フランツである。

フランツ・フェルディナント大公(右)は、ゾフィー・ホテク伯爵夫人(左)との結婚により、子孫にオーストリア=エステ家の家督を継がせることを許されなかった。

フランチェスコ5世はエステ家の家名をハプスブルク家に保持させると決めていた。オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の弟カール・ルートヴィヒ大公の長男であるフランツ・フェルディナント大公が、オーストリア=エステ家の家督および莫大な資産を相続した。フランツ・フェルディナントはエステ家の女子相続人マリーア・ベアトリーチェ・デステの直系子孫ではなく、オーストリア=エステ家の家名とエステ家との結びつきは、一時的に失われた。

現在まで(1875年 - )[編集]

フランツ・フェルディナントは1896年にオーストリア=ハンガリー帝国皇帝位の推定相続人となったが、1914年6月28日にサライェヴォ事件で暗殺された。フランツ・フェルディナントの貴賤結婚のため、その子孫であるホーエンベルク公爵家は、オーストリア=エステ家の家督を継ぐ資格はおろか、正式なハプスブルク家の一員とすら認められなかった。

このためハプスブルク家は、フランツ・フェルディナントに代わって帝位継承者となったカール大公(皇帝カール1世)の次男で、1915年生まれのローベルトをオーストリア=エステ家の相続人に指名した。ローベルトの母ツィタは、サルデーニャ王妃マリーア・テレーザ(オーストリア=エステ家の始祖フェルディナント大公とマリーア・ベアトリーチェ夫妻の長女)の玄孫にあたるため、ローベルトは偶然ながらオーストリア=エステの家名とエステ家との血統上のつながりを復活させた。

現在のオーストリア=エステ家家長は、ローベルトの長男ローレンツである。ローレンツは1984年、ベルギー王アルベール2世の長女アストリッドと結婚した。1991年のベルギー王位継承法の改正により、アストリッドとその5人の子供たちはベルギー王位継承権を持つことになった。アストリッドの夫であるローレンツもまた1995年にベルギー王子の称号を与えられた。

紋章[編集]

関連項目[編集]