チザルピーナ共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チザルピーナ共和国
トランスパダーナ共和国
チスパダーナ共和国
1797年 - 1802年 イタリア共和国 (1802年-1805年)
チザルピーナの国旗
(国旗)
チザルピーナの位置
1799年の北イタリア、チザルピーナ共和国(黄緑)
公用語 イタリア語
首都 ミラノ
元首等
xxxx年 - xxxx年 不明
変遷
成立 1797年
イタリア共和国と改称 1802年

チザルピーナ共和国(チザルピーナきょうわこく、: Repubblica Cisalpina)は、1797年から1802年までイタリア北部に存在したフランスの衛星国である。1802年イタリア共和国と改称。1805年イタリア王国へ移行した。国名は古代ローマ時代の北部イタリアの呼称、ガリア・キサルピナアルプスのこちら側のガリア)に由来する。

沿革[編集]

1796年、ナポレオン・ボナパルトイタリア遠征によって占領した北イタリアチスパダーナ共和国トランスパダーナ共和国を建国した。両共和国は1797年6月29日に統合され、チザルピーナ共和国へ移行した。1797年10月17日には、共和国はカンポ・フォルミオ条約(カンポ・フォルミオの和約)によってオーストリア(ハプスブルク家)に承認された。

共和国の首都ミラノ。建国時には4万2500平方キロの国土と、324万の人口があり、行政区画として20の県が置かれていた。1799年にはオーストリア軍によって全土が占領されるが、1800年のマレンゴの戦いの後に再建された。

その後[編集]

1802年1月26日、チザルピーナ共和国はナポレオンを大統領とし、イタリア共和国と改称した。1805年、フランス第一帝政の成立に伴い、ナポレオンを国王とするイタリア王国へ移行する。1814年、ナポレオンの退位とともに、この国家は消滅した(詳細は各項目参照)。

関連項目[編集]