ルッカ・エ・ピオンビーノ公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルッカ・エ・ピオンビーノ公国: フラン (1806年)

ルッカ・エ・ピオンビーノ公国 (Principato di Lucca e Piombino) は、1805年から1809年まで、現在のイタリアトスカーナ州に存在した国家である。ナポレオン・ボナパルトの妹エリザ・ボナパルトフェリーチェ・バチョッキに分け与えられた「ルッカおよびピオンビーノ公」(この公の意味はフランス皇帝に対する親王プリンス)により、ルッカ元老院の要求として1805年6月23日に創設された。

関連項目[編集]

執筆の途中です この「ルッカ・エ・ピオンビーノ公国」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア