ミラノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミラノ
Milano
ミラノの風景
ミラノの旗 ミラノの紋章
紋章
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Lombardy.svg ロンバルディア
Blank.png ミラノ
CAP(郵便番号) 20100
市外局番 02
ISTATコード 015146
識別コード F205
分離集落
隣接コムーネ アレーゼアッサーゴバランザーテボッラーテコルシコペスキエーラ・ボッロメーオローセスト・サン・ジョヴァンニコルマーノコローニョ・モンツェーゼブレッソノヴァーテ・ミラネーゼヴィモドローネペーロセグラーテセッティモ・ミラネーゼクザーゴチェザーノ・ボスコーネトレッツァーノ・スル・ナヴィーリオサン・ドナート・ミラネーゼブッチナスコロッツァーノオーペラ
公式サイト リンク
人口
人口 1,324,169 人 (2013年)
人口密度 7,191 人/km2
文化
住民の呼称 milanesi または meneghini
守護聖人 アンブロージョ (Sant'Ambrogio)
祝祭日 12月7日
地理
座標 北緯45度28分0秒 東経9度10分0秒 / 北緯45.46667度 東経9.16667度 / 45.46667; 9.16667座標: 北緯45度28分0秒 東経9度10分0秒 / 北緯45.46667度 東経9.16667度 / 45.46667; 9.16667
標高 120 m
面積 182 km2
ミラノの位置(イタリア内)
ミラノ
ミラノの位置
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

ミラノ: Milano)は、イタリア及び南ヨーロッパ最大の都市圏人口を擁する都市で、ミラノ県の県都およびロンバルディア州の州都である。ヨーロッパ有数の世界都市イタリア語アクセントの関係でミラーノと記されることもある。英語ではミラン(: Milan)、フランス語ではミラン(: Milan)、ドイツ語ではマイラント(: Mailand)、スペイン語ではミラン(西: Milán)、ラテン語ではメディオラーヌム(: Mediolanum)と言う。

概要[編集]

ミラノはイタリア全土では首都ローマに次ぎ第2位、北部イタリアにおいては最大の都市で商業、工業、金融の中心。観光地としても名高い。1982年に1,607,804人いた人口はその後ドーナツ化現象で長く減り続けたが、ここ数年はおよそ130万人前後で落ち着いている(2013年時点の人口は1,324,169人)。2013年の近郊を含む都市圏人口は526万人であり、イタリア最大の都市圏を形成している。日本稚内市とほぼ同緯度に位置するが、最寒月の平均気温がおよそ5℃程度と、比較的温暖。

ミラノ・コレクションなどで知られるように古くから服飾・繊維産業などファッション関連の産業が盛んな土地柄であるが、近年は航空産業や自動車産業、精密機器工業なども発達しておりイタリア最大級の経済地域を形成している。

2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス人材文化政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第44位の都市と評価されており、同国ではローマに次ぐ第2位であった[1]

歴史[編集]

ミラノは古代にはメディオラヌムと言い、紀元前600年ケルト人の町を元にしている。前222年にローマが征服したが、そのどちらにもMediolanum(平原の真中)と呼ばれた。293年から402年まではMailandとも言った。その後はローマ帝国のもとで繁栄し、4世紀、司教アンブロジウスと皇帝テオドシウス1世の時代には西ローマ帝国皇帝の宮殿が置かれ、西ローマ帝国の首都であった。450年ごろ、アッティラに指揮されたフン族の略奪をうけ、539年にはゴート族に破壊されたが、8世紀末ごろに再び繁栄し始めた。中世を通じてミラノは大司教に統治されたが、都市の独立性をある程度保ちながら、下層の封建貴族たちは次第に大司教の世俗的支配から脱していった。東ゴート王国東ローマ帝国ランゴバルド王国の時代を過ぎ、11世紀にはそうした貴族たちがミラノを富裕な自治都市へと変化させ、成長の回復と神聖ローマ帝国からの独立を果たした。

1162年、ミラノは神聖ローマ帝国フリードリヒ1世の軍隊に破壊された。しかしすぐに復興し、ロンバルディア同盟を結成して、1176年にはレニャーノの近くでフリードリヒ1世を打ち破った。この勝利でミラノは新しい繁栄の時代を迎えた。中世後期とルネサンス時代にはミラノはヴィスコンティ家スフォルツァ家の公国になった。1277年、貴族のヴィスコンティ家が、領主のデッラ・トッレ家からミラノの統治権をうばった。ヴィスコンティ家の支配は1447年まで続いたが、特に初代ミラノ公ジャン・ガレアッツォ(1351~1402年)の時代には繁栄を極め、黄金時代を迎えた。

1450年には軍人フランチェスコ・スフォルツァが権力を握り、ミラノの統治者としての地位を固めた。続いて息子ルドビコは学芸の保護にも熱心でレオナルド・ダ・ビンチをミラノに迎えた。しかし、15世紀の北部イタリアの拡張時代の後の1500年、フランス軍がこの町を占領。このときレオナルドもミラノを去るがのちに再訪、約二十数年の滞在はこの地にミラノ派とよばれる画派を生んだ。スフォルツァ家はフランス、スイスオーストリアにあやつられながらも支配をつづけた。1535年にスフォルツァ家の血筋が途絶えると、ミラノはスペインの統治下にはいった。18世紀初頭のスペイン継承戦争後、1714年のラシュタット条約によってオーストリアハプスブルク家に帰属することになった。ナポレオンは1796年にオーストリア人を追い出し、ミラノをチザルピーナ共和国の首都とした。

1815年、ロンバルド=ヴェネト王国としてオーストリアの手に戻ったミラノは、イタリアの抵抗運動の中心地となり、1848年には短期間だがオーストリア人を追放した(ミラノの5日間)。1859年、フランスの援助を受けたサルデーニャ王国が、ミラノをオーストリアから解放した。1861年にミラノはイタリア王国に加わり、引き続き発展した。1859年第二次イタリア独立戦争の結果イタリア王国の一部に編入された。

第二次世界大戦では、イタリアが降伏した1943年以降にドイツ軍及びサロ政権の統治下に入ったため、イギリス軍アメリカ軍をはじめとした連合国軍による激しい爆撃をうけたが、戦後急速に発展して復興をとげた。ミラノは文化的にも戦後のモダン・デザインの発信地として知られ、国際デザイン美術展であるミラノ・トリエンナーレが開催されている。

経済[編集]

化学工業と繊維ではイタリアの諸都市をリードし、航空機自動車、機械やガラス、皮革、ゴム製品、薬なども重要な産業である。出版業や音楽産業、数多くの銀行があつまり、イタリアの主要な株式取引所がある。また、毎年4月に国際貿易フェアが開催される。

1971年ヴァレンチノ・ガラバーニがミラノにブティックを開店、これを機にイタリアン・ファッションの中心地はローマから徐々にミラノへ移っていくこととなった。

アメリカのダウ・ジョーンズらの2013年の調査によると、世界35位の金融センターと評価されており、イタリアの都市では1位である[2]

名所[編集]

風景[編集]

アルプス山脈を背景としたミラノの街並み

文化[編集]

スポーツ[編集]

サッカー
バスケットボール
自転車ロードレース

食文化[編集]

2015年には「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding The Planet, Energy For Life)」をテーマにしたミラノ国際博覧会の開催が予定されている。

教育[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

航空[編集]

ミラノ・マルペンサ空港と成田国際空港関西国際空港との間にアリタリア航空が直行便を運航している。以前は日本航空も直行便を運航していたがその後運休し、2014年度に再度運航を開始する予定である。

姉妹都市[編集]

ミラノは18都市の姉妹都市を有している:

ミラノ出身の著名人[編集]

ローマ皇帝[編集]

王族・貴族[編集]

ローマ教皇・聖職者[編集]

学者[編集]

政治家[編集]

軍人[編集]

音楽家[編集]

その他芸術家[編集]

映画監督・関係者[編集]

俳優・その他芸能人[編集]

ジャーナリスト[編集]

スポーツ選手・関係者[編集]

ミラノが登場するフィクション[編集]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式
日本政府
観光
その他