マリーア・アデライデ・ダズブルゴ=ロレーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリーア・アデライデ・ダズブルゴ=ロレーナ

マリーア・アデライデ・ダズブルゴ=ロレーナMaria Adelaide d'Asburgo-Lorena, 1822年6月3日ミラノ - 1855年1月20日トリノ)は、ロンバルド=ヴェネト王国の副王であるオーストリア大公ラニエーリ(ライナー・ヨーゼフ)と、サルデーニャカルロ・アルベルトの妹マリーア・エリザベッタとの娘である。

1842年4月12日ストゥピニージにて、従兄のサルデーニャ王子ヴィットーリオ・エマヌエーレ(後のイタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世)と結婚した。マリーア・アデライデはイタリア統合前に亡くなったため、サルデーニャ王妃にはなったがイタリア王妃にはならなかった。

ヴィットーリオ・エマヌエーレとは8子をもうけた。

  • マリーア・クロティルデ(Maria Clotilde, 1843年 - 1911年) ナポレオン公ジョゼフ・シャルル・ポールと結婚
  • ウンベルト(Umberto,1844年 - 1900年) ピエモンテ公(1849年 - 1878年)、イタリア王(1878年 - 1900年)
  • アメデーオ(Amedeo,1845年 - 1890年) スペイン王(1871年 - 1873年)、アオスタ公(1845年 - 1890年)
  • オッドーネ・エウジェーニオ・マリーア(Oddone Eugenio Maria, 1846年 - 1866年) モンフェッラート公
  • マリーア・ピーア(Maria Pia,1847年 - 1911年) ポルトガル王ルイス1世と結婚
  • カルロ・アルベルト(Carlo Alberto, 1851年 - 1854年) シャブレ公
  • ヴィットーリオ・エマヌエーレ(Vittorio Emanuele, 1852年)
  • ヴィットーリオ・エマヌエーレ(Vittorio Emanuele, 1855年) ジェノヴァ伯