アペニン山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アペニン山脈
アペニン山脈の位置
アペニン山脈の位置
最高峰 コルノ・グランデ (2,912m)
延長 1,200km
テンプレートを表示

アペニン山脈(アペニンさんみゃく、イタリア語でAppennini)とは、イタリアに存在する山脈イタリア半島を縦貫する山脈であり、長さは約1,200km。北・中央・南に区分される。最高峰は中央アペニン山脈にあるコルノ・グランデの標高2,912m。

地質[編集]

アフリカプレートユーラシアプレートに衝突した[1]白亜紀末期よりアルプス山脈が隆起し、アペニン山脈はそれより遅れて2千万年前の新第三紀の初めから隆起が始まり現在の姿となった。アペニン山脈はアルプス山脈の一部として形成されたのではなく、アドリア海からポー平原に続く沈降域の南側の隆起帯である。

コルノ・グランデ
北アペニン山脈で見られる枕状溶岩。この溶岩が噴出した時は、ここが水中であったことを意味する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 千田昇. “アペニン山脈におけるいくつかの活断層 (PDF)”. 活断層研究会. 2011年6月8日閲覧。

関連項目[編集]