ピエロ・コッポラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピエロ・コッポラPiero Coppola, 1888年[1]10月11日 - 1971年3月17日[2]は、イタリア指揮者

ミラノに生まれ、1909年までに地元の音楽院でピアノと作曲を学んだあと、スカラ座で指揮者としてデビューし、1912年から翌年までブリュッセルモネ劇場の指揮者を務めた。1914年にはロンドンで過ごし、1915年から1919年までスカンディナヴィアを転々とした後、パリに行き、1924年から1934年までHMVフランス支社の芸術監督を務めた。この間にラヴェルの《ボレロ》や《ダフニスとクロエ》の組曲、ドビュッシーの《》、プロコフィエフピアノ協奏曲第3番(作曲家自身のソロによる)などの初録音が行われている。

1939年からローザンヌで作曲活動に勤しみ、2つのオペラや交響曲などを作曲している。ローザンヌで死去。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]