チェーザレ・ベッカリーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェーザレ・ベッカリーア

チェーザレ・ベッカリーア(Cesare Bonesana Beccaria、1738年3月15日 - 1794年11月28日)は、イタリア法学者経済学者啓蒙思想家

人物[編集]

ミラノ侯爵の家柄に生まれる。パルマイエズス会寄宿学校に学んだ。そのころは数学人間科学が彼の関心を占めていた。1762年〈ミラノ国の貨幣の混乱とその治癒策について〉という論考をルッカで出版し、著作家として頭角を現す。次いで友人たちと協力して『カフェ』と題する定期刊行物を編集し、イギリスの読者の注目を引くことができた。1768年からミラノ大学法学経済学教授となり、講義中にアダム・スミスマルサスの経済理論に近い見解を示した。1790年ロンバルディアの民法・刑法改正委員会に所属する。

行政官としては穀物租税・貨幣改革・重量と尺度・人口表などについて報告し意見を提出している。二ヶ月で完成させた著『犯罪と刑罰』Dei delitti e delle pene (1764年)で拷問死刑への反対論を主張し、教育により犯罪を防止すべきであると説き、ヴォルテールロシア皇帝エカチェリーナ2世などに賞賛されている。社会政策の思想ではモンテスキューの流れを受け、ベンサムに影響を与えたと考えられる。哲学的な言語論と文体論である《Ricerce intorno alla natura dello stile、1770年》も有名。

日本における受容[編集]

『犯罪と刑罰』の最初の完全な邦訳は1929年風早八十二の訳によって出版された。経済学の著書では『公共経済学の諸要素 Elementi di Economia Pubblica』(1806年)が1997年に邦訳されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]