犯罪と刑罰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『犯罪と刑罰』標題紙

犯罪と刑罰』(はんざいとけいばつ、: Dei delitti e delle pene)は、イタリアの法学者チェーザレ・ベッカリーアの主著で、1764年に発行された。

明確な刑罰によってのみ裁かれるべきである、という罪刑法定主義を主張し、フランス革命時の制度改革にも影響を与えた。社会契約論の観点から国家は国民の権利を譲渡した権利の集合体であるため、キリスト教では自殺が認められていないことにより、国家による死刑自殺と同義であるため、禁止されるべきとした。

日本語訳[編集]

  • 犯罪と刑罰(風早八十二・五十嵐二葉訳、岩波文庫)