シルビオ・ガザニガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シルビオ・ガザニガ(Silvio Gazzaniga、1921年1月23日- )は、イタリア人の彫刻家ミラノ出身。FIFAワールドカップトロフィーをデザインしたことで知られる[1]

経歴[編集]

1970年に、それまでのジュール・リメ杯ブラジルに永久保持されることとなったため、二代目のトロフィーとしてガザニガがデザイン・制作をした[1]

今なお健在であり、2006年よりこのトロフィーがリニューアルされるのに伴い、新作・旧作との面会を果たしている。もちろん彼自身もサッカー好きであり、地元ミランのファンである。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 本大会の組合せ決まる!前景気盛りあがるワールドカップ!!”. 牛木素吉郎&ビバ!サッカー研究会 公式サイト (1974年3月). 2013年9月6日閲覧。