ランフランコ・デットーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランフランコ・デットーリ
Frankie Dettori.jpg
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 イタリアの旗 イタリアミラノ
生年月日 1970年12月15日(44歳)
騎手情報
初免許年 1985年
免許区分 平地
テンプレートを表示

ランフランコ・デットーリ MBELanfranco (Frankie) Dettori MBE1970年12月15日 -)は、イタリアミラノ生まれの騎手。現役の騎手の中で世界トップクラスの騎乗技術を持つともいわれる。英語圏ではフランキーFrankie)とも呼ばれる。

1994年から10年余りゴドルフィンの専属騎手を勤め、アラブ首長国連邦(UAE)とイギリスを主戦場としている。現在はゴドルフィンとの「専属」契約は打ち切られているが、ゴドルフィンの馬に騎乗する事はある。現在は、カタールの王族であるジョーアーン・ビン・ハマド・アール=サーニータミーム首長の弟)と主戦契約を結んでいる[1]

概要[編集]

世界各国でG1レースに勝利した回数は191勝、日本のGIレースも4勝している。

父のジャンフランコ・デットーリもボルコンスキー、ウォローで英2000ギニーを連覇し、日本にも第2回と第3回のジャパンカップに2度来日した名騎手であった。また、母親はサーカス団にいたことがあり、馬の曲乗りを得意にしていた。このことに関して本人は「身体が柔らかいのは母親譲りだと思う」と発言している。

大レースに勝利した際に、馬の背で立ち上がりそこから飛び降りる通称「デットーリジャンプ(フライングディスマウント)」が有名で、日本でもデットーリと非常に仲の良い横山典弘が彼の真似をしている。

サイドビジネスとして、「フランキー・デットーリ・ピザ」や「フランキー・デットーリ・イタリアン・レストラン」を経営しており、ロンドン上海に店舗を展開している。

日本での活躍[編集]

2005年ジャパンカップアルカセットで勝ち、ジャパンカップ単独最多勝利騎手となった(2010年末現在では武豊が3勝目を挙げたため最多タイとなった)。しかもジャパンカップの3勝は全てがハナ差でのもので、接戦をものにしたその手腕を如実に示している。小島太調教師およびその実子の小島良太調教助手とは親交もあり[2]、来日時にはよく騎乗依頼を受けている。

社台グループ総帥の吉田照哉曰く「デットーリが騎乗すると、他の騎手より5馬身違う」とも(2002年ジャパンカップにおける「スーパー競馬」出演時のコメント)。そのジャパンカップをファルブラヴで勝利。しかも前日にはイーグルカフェに騎乗しジャパンカップダートに勝利。同馬はNHKマイルカップを勝利した後低迷し、一時期はマンハッタンカフェの帯同馬に過ぎない状態であった。当時、ジャパンカップでは日本馬が圧倒的に有利のため、有力外国馬でも優勝するどころか掲示板にすら載れない時も多い。そんな中、21世紀に入って外国調教馬を2度も優勝に導いていて、その2度ともが僅差での勝利で、なおかつ東京、中山とそれぞれ違う種類でのコースでの勝利であった。

2011年には、東京優駿でH.H.シェイク・モハメドの所有馬であるデボネアに騎乗するため、5月28日と29日のみで短期免許を取得[3]。身元引受調教師は中竹和也、身元引受馬主は猪熊広次である。

エピソード[編集]

  • イタリア人騎手ながら、母国で騎乗することは少なく、1年の大半は世界中を飛び回っている。そのため、英語やフランス語は堪能で、日本語も少し話すことができる。
  • 2000年6月に小型飛行機墜落事故に遭い重傷を負うが、2ヶ月後に復帰。

主な勝ち鞍[編集]

略歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]