香港マイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
香港マイル
Hong Kong Mile
競馬場 沙田競馬場
創設 1991年12月15日
距離 1600m
格付け G1
賞金 1着賞金 1140万香港ドル(約1億3000万円)[1]
賞金総額 2000万香港ドル(約2億4000万円)[1]
出走条件 サラブレッド3歳以上
負担重量 3歳125ポンド(約56.7kg)、
4歳以上126ポンド(約57.2kg)、牝馬4ポンド減
テンプレートを表示

香港マイルホンコンマイル、香港一哩錦標Hong Kong Mile)とは毎年12月中旬に中華人民共和国香港にある沙田競馬場の芝1600メートルで行われる3歳以上の競馬競走である。

香港国際賽事(香港国際競走)として香港カップ(芝2000メートル)、香港スプリント(芝1200メートル)、香港ヴァーズ(芝2400メートル)といった国際G1(グループワン)と同日に開催されている。

香港競馬年度シーズンの最初のマイル路線のG1競走でヨーロッパ日本の一線級の競走馬が多く出走していて、現在は地元香港勢が2006年から8連勝中。

歴史[編集]

  • 1991年 「香港招待ボウル」として創設、施行距離は芝1400メートル
  • 1993年 「香港国際ボウル」に改称
  • 1994年 国際G3に昇格
  • 1995年 国際G2に昇格
    • オーストラリアのモノポライズが1400メートル当時のレコード1分21秒5を記録。
  • 1996年 モノポライズが初の連覇
  • 1999年 「香港マイル」に改称、施行距離を芝1400メートルから芝1600メートルに変更
  • 2000年 国際G1に昇格
  • 2006年地元香港のザデュークが当時最高齢7歳で初優勝と同時に1分33秒4は芝1600メートルになって初のレコードを樹立(従来は2000年サンラインの1分34秒2)。
  • 2008年 グッドババが史上2頭目、G1施行後以降初の連覇で1分32秒71は現在も同レースのレコードになっている。
  • 2009年 グッドババが史上初の3連覇でザデュークと並んで7歳で最高齢タイでの優勝を記録。
  • 2011年 エイブルワンが同レースを含めて香港の国際G1レースで最高齢9歳で優勝。

主なプレップレース[編集]

※特に表記しない限り、下記のレースの格付けは全て国際グレードである。

ブリーダーズカップ・マイル(Breeders’ Cup Mile)と同レース香港マイル(Hong Kong Mile)両レースの勝馬に対して100万ドルのボーナスも導入された。

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 調教国・優勝馬 日本語読み 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師
第1回 1991年12月15日 アイルランドの旗更險(Additional Risk) アディショナルリスク 牡3 1:21.9 M.キネーン D.ウェルド
第2回 1993年4月18日 アメリカ合衆国の旗幽谷之姬(Glen Kate) グレンケイト 牝6 1:22.2 C.ブラック W.シューメイカー
第3回 1993年12月12日 香港の旗勝利拍擋(Winning Partners) ウイニングパートナーズ 騸5 1:22.6 M.キネーン N.ベッグ
第4回 1994年12月11日 イギリスの旗蘇式路線(Soviet Line) ソヴィエトライン 騸4 1:22.0 W.スウィンバーン M.スタウト
第5回 1995年12月10日 オーストラリアの旗壟斷(Monopolize) モノポライズ 騸5 1:21.5 W.ハリス G.ベッグ
第6回 1996年12月8日 オーストラリアの旗壟斷(Monopolize) モノポライズ 騸6 1:22.0 D.ビードマン G.ベッグ
第7回 1997年12月14日 オーストラリアの旗加泰隆尼(Catalan Opening) カタランオープニング 騸5 1:22.0 D.ビードマン J.カミングス
第8回 1998年12月13日 フランスの旗雞尾酒(Jim and Tonic) ジムアントトニック 騸4 1:21.7 G.モッセ F.ドゥーメン
第9回 1999年12月12日 イギリスの旗海景客棧(Docksider) ドックサイダー 牡4 1:34.7 O.ペリエ J.ヒルズ
第10回 2000年12月17日 ニュージーランドの旗日平線(Sunline) サンライン 牝5 1:34.2 G.チャイルズ T.マッキー
第11回 2001年12月16日 日本の旗榮進寶蹄(Eishin Preston) エイシンプレストン 牡4 1:34.8 福永祐一 北橋修二
第12回 2002年12月15日 香港の旗奧運精神(Olympic Express) オリンピックエクスプレス 騸4 1:34.9 W.マーウィング I.アラン
第13回 2003年12月14日 香港の旗幸運馬主(Lucky Owners) ラッキーオーナーズ 牡4 1:34.3 F.コーツィー A.クルーズ
第14回 2004年12月12日 アラブ首長国連邦の旗防火線(Firebreak) ファイアーブレイク 牡5 1:34.6 L.デットーリ S.ビン・スルール
第15回 2005年12月11日 日本の旗三連冠(Hat Trick) ハットトリック 牡4 1:34.8 O.ペリエ 角居勝彦
第16回 2006年12月10日 香港の旗星運爵士(The Duke) ザデューク 騸7 1.33.4 O.ドルーズ C.フォウンズ
第17回 2007年12月9日 香港の旗好爸爸(Good Ba Ba) グッドババ 騸5 1:34.5 O.ドルーズ A.シュッツ
第18回 2008年12月14日 香港の旗好爸爸(Good Ba Ba) グッドババ 騸6 1:32.71 C.スミヨン A.シュッツ
第19回 2009年12月13日 香港の旗好爸爸(Good Ba Ba) グッドババ 騸7 1:34.60 O.ドルーズ A.シュッツ
第20回 2010年12月12日 香港の旗締造美麗(Beauty Flash) ビューティーフラッシュ 騸5 1:34.79 G.モッセ A.クルーズ
第21回 2011年12月11日 香港の旗步步穩(Able One) エイブルワン 騸9 1:33.98 J.ロイド J.ムーア
第22回 2012年12月9日 香港の旗雄心威龍(Ambitious Dragon) アンビシャスドラゴン 騸6 1:34.12 Z.パートン A.ミラード
第23回 2013年12月8日 香港の旗精彩日子(Glorious Days) グロリアスデイズ 騸6 1:33.60 D.ホワイト J.サイズ

日本調教馬の成績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 香港国際競走~結果と映像~ - JRAホームページ、2013年2月2日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]