マイケル・スタウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サー・マイケル・スタウトSir Michael Ronald Stoute1945年10月22日 - )は、イギリスニューマーケット競馬場にフリーメイソンロッジステーブルを構える調教師。子供が2人いる。

来歴[編集]

1945年、当時イギリス領であったバルバドスに生まれる。19歳でイギリスに渡り、いくつかの厩舎での修行を経て1972年に調教師免許を取得し、厩舎を開業した。

1978年フェアサリニアオークスを勝ちGI初制覇。同馬はアイリッシュオークスヨークシャーオークスも制し、ヨーロッパオークス三冠を達成した。1981年にはシャーガーダービーステークスを初制覇。同年、初のイギリス平地リーディングトレーナー(獲得賞金順)に輝く。以来ダービーステークスを5勝、イギリス平地リーディングを10度獲得するなど、欧州を代表するトップトレーナーの1人として活躍している。1998年には、エリザベス2世からナイトの称号を授与された。

厩舎の主戦騎手コンデュイットワークフォースなどに騎乗したライアン・ムーア。過去にはシャーガー・シャーラスタニなどに騎乗したウォルター・スウィンバーンらが務めた。

日本でもジャパンカップ1996年シングスピール1997年ピルサドスキーで連覇している。同レースを2勝した最初の調教師であり[1]、現在のところ同レースを2連勝している唯一の調教師でもある。

表彰[編集]

主な管理馬[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 後に松田博資アドマイヤムーン2007年)、ブエナビスタ2011年)で2勝し、2人目となった。