ブエナビスタ (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブエナビスタ
Buena Vista horse.jpg
英字表記 Buena Vista
香港表記 迷人景致
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2006年3月14日(8歳)
登録日 2008年5月7日
抹消日 2012年1月5日
スペシャルウィーク
ビワハイジ
母の父 Caerleon
生国 日本の旗 日本北海道早来町
生産 ノーザンファーム
馬主 サンデーレーシング
調教師 松田博資栗東
調教助手 松田剛
厩務員 山口慶次
競走成績
生涯成績 23戦9勝
中央競馬)21戦9勝
(日本国外)2戦0勝
獲得賞金 14億7886万9700円
(中央競馬)13億8643万3000円
(ドバイ)100万USドル=9243万6700円
WTRR

L121 / 2010年

L120 / 2011年
勝ち鞍 GIヴィクトリアマイル天皇賞(秋)(2010年)
ジャパンカップ(2011年)
JpnI阪神ジュベナイルフィリーズ(2008年)
桜花賞優駿牝馬(2009年)
GII京都記念(2010年)
JpnIIIチューリップ賞(2009年)
テンプレートを表示
第69回桜花賞
第70回優駿牝馬

ブエナビスタ西Buena Vista迷人景致)は日本競走馬繁殖牝馬である。馬名の由来は、スペイン語で「素晴らしい景色、絶景」。

主な勝ち鞍は、2008年阪神ジュベナイルフィリーズ2009年桜花賞優駿牝馬2010年ヴィクトリアマイル天皇賞(秋)2011年ジャパンカップ。総獲得賞金は14億7886万9700円に達し、日本調教馬として歴代3位[注 1]、牝馬としては歴代1位である。

2世代上のウオッカダイワスカーレットに続く、牝馬時代を支えた名牝である。草野仁が一口馬主として出資していたことでも知られる[1]

経歴[編集]

2歳(2008年)[編集]

京都競馬場の芝1800mの新馬戦安藤勝己とのコンビでデビューした。このレースには後の皐月賞アンライバルド東京優駿2着馬リーチザクラウン菊花賞スリーロールスが出走していた。1番人気に支持され最後の直線で上がり3Fメンバー中最速の脚を使うものの、3着に敗れた。

続く未勝利戦では最後の直線でやや斜行しながらも抜け出し、圧倒的1番人気に応えて勝利した。

その後、阪神ジュベナイルフィリーズに登録。抽選を通過し、JpnIの舞台に駒を進めた。未勝利戦を勝ち上がったばかりの1勝馬ながら1番人気に支持されるとスタートこそ良くなかったが道中は最後方で脚を溜め、最後の直線で大外から他馬を抜き去り最後はダノンベルベールに2馬身半差をつけて勝利した。なお母のビワハイジ1995年に前身の阪神3歳牝馬ステークスで優勝しているため、母娘2代の制覇となった。レース後、手綱を取った安藤は「直線で先頭に立つと、馬が遊んでいた」と語った。

この勝利によって、JRA賞最優秀2歳牝馬に選出された。

3歳(2009年)[編集]

[編集]

チューリップ賞から始動した。単勝1.1倍の圧倒的人気に支持されるなか、道中最後方に位置し3角からマクリ気味に進出すると直線で逃げるサクラミモザを残り200mから差し切り、1馬身1/4差をつけて勝利した。

迎えた4月12日、クラシック1冠目の桜花賞に出走。単勝支持率が67.5%(オッズは1.2倍)と18頭立てとなった1987年以降では最高記録となる、圧倒的1番人気に支持される。レースはスタートから後方を進み第4コーナーを回った後直線入り口で前にいたジェルミナルレッドディザイアを不利を避けるために先に行かせ、そこから大外に持ち出し先に抜け出したレッドディザイアを交わして優勝した。

続いて牝馬二冠を達成すべく5月24日東京競馬場優駿牝馬(オークス)に出走した。初の2400mや長距離輸送などが懸念されたが、ここでも1.4倍の圧倒的支持を得る。レースでは桜花賞と同じく後方から進み最後の直線で抜け出しあぐねたがそこからは末脚を繰り出し、先に内から抜け出したレッドディザイアをハナ差差しきって優勝、史上11頭目、スティルインラブ以来の牝馬二冠を達成した。

[編集]

その後、凱旋門賞までのプランが明かされ札幌記念から凱旋門賞に行くことが決まった。そして札幌記念では圧倒的1番人気に推されたが先行したヤマニンキングリーを捉えきれず、クビ差の2着に終わった。この直後、調教師の松田博資は凱旋門賞への出走を断念し秋華賞を秋の目標とすることを明らかにした[2][3]

その秋華賞は単勝1番人気に推され、スティルインラブ以来の牝馬三冠を期待されたが、ゴール直前で先行するレッドディザイアを猛追するもハナ差の2位入線。しかし審議により3位入線のブロードストリートの進路を妨害したとして、3着に降着処分となった。

次走はエリザベス女王杯に出走。レッドディザイアがジャパンカップに向かったこともあり、古馬牝馬のリトルアマポーラカワカミプリンセス、同期のブロードストリートらを抑えて圧倒的1番人気に支持される。しかし3番手争いがお互い牽制しあったこともあり、逃げるクィーンスプマンテテイエムプリキュアと3番手との差が最大20馬身近くまで広がる展開となった。上がり3ハロンを32.9秒というタイムで追い詰めるも、逃げた2頭に届かず、3着に敗れた。

第54回有馬記念では、デビューから手綱を取ってきた安藤から横山典弘へ乗り替わりになった。このレースでも単勝1番人気に支持され、レースではこれまでと変わり先行策を採る。直線では一旦先頭に立つが、外から伸びたドリームジャーニーの2着に終わった。このレースは最初の900mが52.2秒とハイペースであり、先行勢で5着以内に入ったのはブエナビスタだけであった。

この年は牝馬クラシック二冠を含む重賞3勝をはじめ、年間を通し全て3着内という活躍でJRA賞最優秀3歳牝馬に選出された。

4歳(2010年)[編集]

京都記念

4歳緒戦はドバイへの壮行レースとして京都記念を選んだ。このレースには有馬記念で敗れたドリームジャーニーも出走していたが単勝1.5倍の支持を受ける。前走同様先行し、ゴール前ジャガーメイルに迫られたがそこから脚を伸ばし半馬身差をつけ勝利。優駿牝馬以来の勝ち星を挙げた。兄のアドマイヤオーラも2年前の京都記念を制しており兄妹制覇となった。

鞍上にオリビエ・ペリエを迎えたドバイシーマクラシックは直線追い上げるも、同じく牝馬のダーレミを交わしきれず2着に敗れた。

ドバイ遠征帰国後のレースとなったヴィクトリアマイルでは1番人気に支持された。レースは中団のやや後ろの位置を進み、最後の直線で追い上げるとゴール板手前でわずかにクビの差でヒカルアマランサスを差し切り、前年の優駿牝馬以来のGI勝利となった。

この後はファン投票で1位となった宝塚記念へ出走。ドリームジャーニージャガーメイルといった有力馬が出そろったが、1番人気に支持された。レースでは同期の日本ダービー優勝馬ロジユニヴァースを見る形でレースを進めた。直線に入ると内からアーネストリーを交わして一旦先頭に立ったが、外から追い込んできたナカヤマフェスタに交わされ2着に敗れた。

秋はステップレースを使わずに天皇賞(秋)を目指すが、これまで主戦を務めていた横山が落馬負傷したため、クリストフ・スミヨンに乗り替わり[注 2]となった。レースでは中団から差し切り、2馬身差をつけての完勝。父・スペシャルウィークとの父仔制覇を達成した。レース後、スミヨンはブエナビスタについて、自身の騎乗した凱旋門賞馬を指し「ザルカヴァに似ている」[4]と評している。このレースでのパフォーマンスに対し、IFHAワールド・サラブレッド・ランキングにおいて、日本で調教された牝馬としては最高の121ポンドのレーティングを与えている[注 3]

続いて出走した11月28日ジャパンカップでは、最後の直線で先頭に立ち1位入線を果たすが、最後の直線で急に内側に斜行し、2位入線のローズキングダムの進路を妨害していたため、24分間にも及ぶ審議の結果2着に降着となった[注 4]

雪辱を期して陣営は第55回有馬記念に出走。中団やや後方から差しを試み、ヴィクトワールピサと並んでゴール。写真判定の結果2着に敗れたものの、同年にGI競走に勝利していたことから、報奨金2000万円を獲得した。

この年のG1競走を2勝、2着4回の活躍が認められ、JRA賞年度代表馬および最優秀4歳以上牝馬に選出された。牝馬の年度代表馬は史上4頭目である[注 5]。また、中央競馬での獲得賞金が10億円を突破。牝馬ではウオッカ以来、史上2頭目かつ最速の10億円突破である[注 6]

5歳(2011年)[編集]

2月4日日本時間)、ヴィクトワールピサ、後にトランセンドとともにドバイワールドカップに選出され、招待を受諾したと発表した[5]。前年とは異なりステップレースを使わず直接ドバイワールドカップを目指した。スミヨンが同競走に出走するボールドシルヴァノに騎乗することが既に決まっていたため、ここではライアン・ムーアが騎乗した。レースでは、スローペースの道中を後方待機し、最後の直線では進路確保に手間取ったことが響いて8着となり、初の着外負けを喫した。

帰国後は6人目の騎手となる岩田康誠を背にヴィクトリアマイルに出走した。前年の三冠牝馬アパパネとの対戦に注目が集まったこのレースでも1番人気に支持された。しかしレースでは、後方でアパパネをマークする形で進み、最後の直線でアパパネとともに追い込んで叩き合いとなったが、クビ差で2着。

続く宝塚記念では、道中は中団待機し、直線では大外に持ち出して追い込んだが届かず、アーネストリーに次ぐ2着。国内GIでは4戦連続の2着となった。

秋はステップレースを使わず天皇賞(秋)に1番人気で出走、牝馬初の連覇を目指した。レースでは中団の内々を追走し、直線で内を突いたものの4着に敗れた。芝2000mのそれまでの日本レコード1分56秒4と並ぶタイムだったが、国内で3着以内を初めて外した。

第31回ジャパンカップ
第31回ジャパンカップ口取り式の模様

1年以上勝ちから遠ざかり、全盛期は過ぎたとの見方も出て、次走のジャパンカップでの人気は、ドイツ産の凱旋門賞牝馬デインドリームに僅差の2番人気となり、自身の持つJRAレースの1番人気最多連続記録は19回で途切れた。前年降着の雪辱を期して臨んだレースでは、最後の直線で先頭に立ったトーセンジョーダンと競り合い、ゴール前でクビ差かわして1着。連敗を6で止める復活のGI6勝目を挙げた。この勝利でテイエムオペラオーの持つGI最多連対記録を更新、総獲得賞金は14億7886万9700円に達し、GI7勝馬のウオッカ(13億3356万5800円)とディープインパクト(14億5455万1000円)を抜いて、テイエムオペラオーに次ぐJRA歴代2位、牝馬ではトップとなった。またこの勝利で、IFHAのワールド・サラブレッド・ランキングにおいて120ポンドのレーティングを与えられた[6]。これは当年の4歳以上牝馬の芝・長距離部門で、エリザベス女王杯を連覇したイギリスの名牝スノーフェアリーと並び、世界トップという数字であった。

引退式

このレース後、次走の有馬記念が引退レースとなることが馬主のサンデーレーシングから発表され[7]、有馬記念当日の最終レース終了後に引退式を行うこととなった[8]。ファン投票1位で選出された有馬記念ではオルフェーヴルに次ぐ単勝2番人気で出走。超スローペースを好位で追走するも直線で伸びを欠き、日本では初めて掲示板を外す7着に敗れた。全レース終了後に引退式が行われた。

この年はジャパンカップの1勝のみに終わったが、ヴィクトリアマイルや宝塚記念での好走も評価され、JRA賞最優秀4歳以上牝馬に選出された[9]。JRA賞は、2歳時から4年連続での受賞となる[注 7]

引退後[編集]

引退後は、北海道安平町のノーザンファームにて繁殖牝馬となった。初年度はキングカメハメハ2012年2月17日に交配。1度目の交配確認で受胎が確認された。出産予定日は2013年1月17日[10]とされていたが、受胎年の春に流産した。それから更に1年後の2014年2月3日、再び交配していたキングカメハメハとの間に初仔の牝馬を出産した[11]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2008.10.26 京都 2歳新馬 芝1800m(良) 11 4 4 2.3(1人) 3着 1:52.0 (33.5) -0.3 安藤勝己 54kg アンライバルド
0000.11.15 京都 2歳未勝利 芝1600m(良) 14 3 4 1.2(1人) 1着 1:34.9 (34.5) -0.5 安藤勝己 54kg (ハッピーパレード)
0000.12.14 阪神 阪神JF JpnI 芝1600m(良) 18 7 13 2.2(1人) 1着 1:35.2 (34.8) -0.4 安藤勝己 54kg (ダノンベルベール)
2009.03.07 阪神 チューリップ賞 JpnIII 芝1600m(良) 13 4 5 1.1(1人) 1着 1:36.5 (34.7) -0.2 安藤勝己 54kg (サクラミモザ)
0000.04.12 阪神 桜花賞 JpnI 芝1600m(良) 18 5 9 1.2(1人) 1着 1:34.0 (33.3) -0.1 安藤勝己 55kg レッドディザイア
0000.05.24 東京 優駿牝馬 JpnI 芝2400m(良) 17 4 7 1.4(1人) 1着 2:26.1 (33.6) -0.0 安藤勝己 55kg (レッドディザイア)
0000.08.23 札幌 札幌記念 GII 芝2000m(良) 16 6 11 1.5(1人) 2着 2:00.7 (35.1) -0.0 安藤勝己 52kg ヤマニンキングリー
0000.10.18 京都 秋華賞 GI 芝2000m(良) 18 2 3 1.8(1人) 3着[† 1] 1:58.2 (34.3) -0.0 安藤勝己 55kg レッドディザイア
0000.11.15 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2200m(良) 18 8 16 1.6(1人) 3着 2:13.9 (32.9) -0.3 安藤勝己 54kg クィーンスプマンテ
0000.12.27 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 1 2 3.4(1人) 2着 2:30.1 (35.8) -0.1 横山典弘 53kg ドリームジャーニー
2010.02.20 京都 京都記念 GII 芝2200m(良) 13 8 13 1.5(1人) 1着 2:14.4 (33.4) -0.1 横山典弘 55kg ジャガーメイル
0000.03.27 メイダン ドバイSC GI 芝2410m(良) 16 - 10 発売なし 2着 計測不能 3/4馬身 O.ペリエ 55kg[† 2] Dar Re Mi
0000.05.16 東京 ヴィクトリアマイル GI 芝1600m(良) 18 6 11 1.5(1人) 1着 1:32.4 (33.5) -0.0 横山典弘 55kg (ヒカルアマランサス)
0000.06.27 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(稍) 17 4 8 2.4(1人) 2着 2:13.1 (36.3) -0.1 横山典弘 56kg ナカヤマフェスタ
0000.10.31 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(稍) 18 1 2 2.2(1人) 1着 1:58.2 (34.1) -0.3 C.スミヨン 56kg ペルーサ
0000.11.28 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 18 8 16 1.9(1人) 2着[† 3] 2:24.9 (33.5) -0.3 C.スミヨン 55kg ローズキングダム
0000.12.26 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 15 4 7 1.7(1人) 2着 2:32.6 (33.8) -0.0 C.スミヨン 55kg ヴィクトワールピサ
2011.03.26 メイダン ドバイWC GI 2000m(良) 14 - 13 発売なし 8着 計測不能 3 3/4馬身 R.ムーア 55kg Victoire Pisa
0000.05.15 東京 ヴィクトリアマイル GI 芝1600m(良) 17 7 13 1.5(1人) 2着 1:31.9 (34.0) -0.0 岩田康誠 55kg アパパネ
0000.06.26 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(良) 16 4 8 2.8(1人) 2着 2:10.3 (34.5) -0.2 岩田康誠 56kg アーネストリー
0000.10.30 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(良) 18 3 5 2.8(1人) 4着 1:56.4 (34.7) -0.3 岩田康誠 56kg トーセンジョーダン
0000.11.27 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 16 1 2 3.4(2人) 1着 2:24.2 (33.9) -0.0 岩田康誠 55kg (トーセンジョーダン)
0000.12.25 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 13 1 1 3.2(2人) 7着 2:36.5 (34.1) -0.5 岩田康誠 55kg オルフェーヴル
  1. ^ 2位入線3着降着
  2. ^ 負担重量54.5kgの予定が0.5kg超過で出走
  3. ^ 1位入線2着降着

血統表[編集]

ブエナビスタ血統サンデーサイレンス系 / Nijinsky II 4×3=18.75%、Turn-to 5×5=6.25%)

スペシャルウィーク
1995 黒鹿毛
* サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
キャンペンガール
1987 鹿毛
マルゼンスキー Nijinsky II
* シル
レディーシラオキ * セントクレスピン
ミスアシヤガワ

ビワハイジ
1993 青鹿毛
Caerleon
1980 鹿毛
Nijinsky II Northern Dancer
Flaming Page
Foreseer Round Table
Regal Gleam
*アグサン
Aghsan
1985 青毛
Lord Gayle Sir Gaylord
Sticky Case
Santa Luciana Luciano
Suleika F-No.16-c

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 引退時点では2位であったが、後にオルフェーヴルが15億7621万3000円でブエナビスタを超えた。
  2. ^ スミヨンはこの騎乗のために10月30日・31日の2日間の短期免許を取得している。
  3. ^ これまでの最高はファビラスラフイン(1996年)、シーザリオ(2005年)、ウオッカ(2008、2009年)に与えられた120ポンド。
  4. ^ G1競走で1位入線馬が降着となったのは2006年エリザベス女王杯のカワカミプリンセス以来、史上3頭目。G1競走で2回目の降着処分を受けたのは史上初のワースト記録(翌年にダッシャーゴーゴーも記録)。
  5. ^ 過去の3頭は1971年のトウメイ、1997年のエアグルーヴ、2008年および2009年のウオッカ。
  6. ^ ウオッカは5歳時の毎日王冠で獲得賞金10億円を突破した。
  7. ^ メジロドーベルウオッカに続く史上3頭目。

出典[編集]

  1. ^ 競馬場の達人 2009年2月15日放送
  2. ^ 【札幌記念(GII)】(札幌)~ヤマニンキングリー 重賞2勝目、ブエナビスタは2着に敗れる”. ラジオNIKKEI (2009年8月23日). 2009年8月23日閲覧。
  3. ^ ブエナビスタ凱旋門賞断念!札幌記念2位に終わり”. スポニチ (2009年8月23日). 2009年8月23日閲覧。
  4. ^ 『優駿』(日本中央競馬会)2010年12月号
  5. ^ 「ドバイワールドカップデー」〜日本馬の招待受諾〜 - JRA公式サイト 2011年2月4日閲覧。
  6. ^ 2011年度『ワールドサラブレッドランキング』および『JPNサラブレッドランキング』の発表 - JRA公式サイト 2012年1月11日閲覧。
  7. ^ ブエナは「有馬で引退」正式発表 - デイリースポーツ電子版 2011年12月7日閲覧。及び週間競馬ブック2011年12月11日号、表2
  8. ^ ブエナビスタ号の引退式を有馬記念当日に中山競馬場で開催 - JRA公式サイト 2011年12月15日閲覧。
  9. ^ 「2011年度JRA賞」決定! JRAホームページ
  10. ^ ブエナビスタがキングカメハメハの子受胎- 日刊スポーツ 2012年3月6日閲覧。
  11. ^ ブエナビスタ待望の初子誕生 父キングカメハメハの牝馬 - スポーツニッポン、2014年2月5日閲覧。

外部リンク[編集]