アンドレアス・シュッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンドレアス・シュッツAndreas Schutz1968年2月19日 - )は、香港ジョッキークラブに所属する調教師ドイツ出身。

代々続く調教師の家系の生まれで、アンドレアスで4代目となる。父のブルーノ・シュッツもかつて調教師でありドイチェスダービーを4勝するなど名調教師であった。

来歴[編集]

調教師になる前はドイツでアマチュアの騎手として、1984年から1987年にかけてドイツアマチュア首位騎手になるなど活躍。5年間父のもとで助手を務め、1998年に父の厩舎を引き継ぐ形で調教師として開業した。同年、ロベルティコでドイチェスダービーを制し、G1初制覇をダービーで果たす。また、ジャパンカップへ出走するカイタノ[1]とともに初めて日本へ遠征した(結果は11着)。

2002年から2004年には、ドイチェスダービーとディアナ賞(ドイツオークス)でともに3連覇を達成。2006年までにリーディングトレーナーを4度獲得[2]、通算650勝以上を挙げ、G1競走16勝を含む重賞競走80勝以上の成績を残した。

2006年 / 2007年シーズンより香港ジョッキークラブの調教師となり、2007年のチェアマンズトロフィーグッドババが制して、管理馬が香港での重賞競走初勝利を挙げた。グッドババは同年の香港マイルも制し、香港でのG1競走初勝利ももたらした。

おもな勝鞍[編集]

ドイツ[編集]

ドイツ以外[編集]

脚注[編集]

  1. ^ カイタノは前年の1997年にもジャパンカップへ出走しているが、当時はブルーノ・シュッツ厩舎所属だった。
  2. ^ JRAホームページ グッドババ号プロフィール2010-11-03閲覧

関連項目[編集]