フェリックス・コーツィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェリックス・コーツィー
Felix-Coetzee20111002.jpg
基本情報
国籍 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
生年月日 1959年3月7日(55歳)
騎手情報
初免許年 1982年
テンプレートを表示

フェリックス・コーツィーFelix Coetzee香港表記:高雅志1959年3月7日 - )は、南アフリカ共和国出身の騎手である。

来歴[編集]

南アフリカでは、1982年からテレンス・ミラード厩舎の所属騎手として活躍する。1985年1988年1990年と3度リーディングジョッキーの座を獲得した。

1991年にミラード調教師が引退すると、翌1992年より香港ジョッキークラブに移籍し、香港での騎乗を開始する。1999年からはアンソニー・クルーズ厩舎の所属騎手となる。

2002年11月23日、第3回ジャパンカップダートでレッドサン(Red Sun)に騎乗し、日本での初騎乗を果たす。結果はイーグルカフェの14着に終わった。

2003年/2004年シーズンは、サイレントウィットネス(Silent Witness)で香港スプリントなど、ラッキーオーナーズ(Lucky Owners)で香港マイルなど、ブリッシュラック(Bullish Luck)で香港ゴールドカップを制し、3頭で香港G1・7勝を挙げる。リーディングは64勝で3位だったが、獲得賞金は1位となった。

2004年/2005年シーズンも、香港スプリントをサイレントウィットネスで連覇、香港カップはブリッシュラックで2着、香港マイルはパーフェクトパートナー(Perfect Partner)で2着に入り、香港国際競走4競走中、3競走で連対を果たすなど活躍する。リーディングは81勝で2位、獲得賞金は前年に続き1位となった。

2005年6月5日、第55回安田記念でサイレントウィットネスに騎乗し3着。同年10月2日の第39回スプリンターズステークスでは、サイレントウィットネスに騎乗して優勝し、日本での3回目の騎乗で、初勝利をGIで飾った。

その後、2008年まで香港で騎乗していたが、家族との生活を優先するため、同年12月20日を最後に所属を香港から南アフリカに戻した。しかしその後もクルーズ厩舎の所属馬を中心に大レースでのスポット騎乗を依頼されることが多く、度々香港で騎乗している。

2011年3月26日シンガポールロケットマン(Rocket Man)でドバイゴールデンシャヒーンを勝ち、アラブ首長国連邦のG1初制覇。

主な騎乗馬[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]