ダレン・ビードマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダレン・ビードマンDarren Beadman香港表記:白徳民1965年11月17日 - )は、オーストラリアキャンベラ出身の騎手。息子のミッチェル・ビードマンも騎手[1]

来歴[編集]

1982年見習騎手としてデビュー。1982年/1983年シーズン、及び1984年/1985年シーズンに見習騎手リーディングを獲得。また1984年にインスパイアード(Inspired)でゴールデンスリッパーステークスを勝ち、G1初制覇。

1990年11月6日キングストンルール(Kingston Rule)でメルボルンカップ初制覇。

1992年11月29日ジャパンカップレッツイロープ(Let's Elope)に騎乗し、日本での初騎乗を果たす。同馬は3番人気に推されたが、7着に敗れた。

1994年/1995年シーズン、オーストラリア新記録となる年間186勝を挙げ、初めてシドニー地区のリーディングジョッキーとなった。

1995年12月、第9回ワールドスーパージョッキーズシリーズに出場。同シリーズ初出場を果たしたが9位に終わった。1996年4月6日オクタゴナル(Octagonal)で初めてオーストラリアンダービーを勝つと共に、シドニー秋三冠を達成。また1995年/1996年シーズンもリーディングを獲得した。

1997年キリスト教徒であったビードマンは、クリスチャンライフセンター牧師になるため一時騎手を引退。2000年に復帰した。

2002年から2004年にかけてロンロ(Lonhro)の主戦騎手を務め、同馬とのコンビでG1・10勝を挙げた。また2002年/2003年シーズンから、2006年/2007年シーズンまで、5年連続でリーディングを獲得した[2]

2005年12月、第19回ワールドスーパージョッキーズシリーズに出場。ロードマジェスティでゴールデンホイップトロフィーを勝ち、日本での初勝利を挙げた。総合成績は5位だった。翌年12月の第20回ワールドスーパージョッキーズシリーズにも出場。勝利こそなかったが3着1回、5着2回の成績で3位に入り、初めて表彰台に上った。

2007年、オーストラリア競馬名誉の殿堂入り。

2008年12月14日インスピレーション(Inspiration)で香港スプリントを勝ち、オーストラリア以外のG1初制覇。

主な勝ち鞍[編集]

オーストラリア[編集]

香港[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]