香港スプリント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
香港スプリント
Hong Kong Sprint
競馬場 沙田競馬場
創設 1999年12月12日
距離 1,200m
格付け G1
賞金 1着賞金 855万香港ドル(約1億円)[1]
賞金総額 1500万香港ドル(約1億8000万円)[1]
出走条件 サラブレッド3歳以上
負担重量 126ポンド(約57.2kg)、牝馬4ポンド減
テンプレートを表示

香港スプリントホンコンスプリント、香港短途錦標Hong Kong Sprint)とは毎年12月中旬に中華人民共和国香港にある沙田競馬場の芝1200メートルで行われる3歳以上の競馬競走である。

香港国際賽事(香港国際競走)として香港カップ(芝2000メートル)、香港マイル(芝1600メートル)、香港ヴァーズ(芝2400メートル)といった国際G1(グループワン)と同日に開催されている。

香港競馬年度シーズンの最初の短距離路線のG1競走でヨーロッパ日本オセアニアから第一線級のスプリンターが多数出走する。

近年の日本競馬においてはスプリンターズステークス2000年に10月第1週に移動した事により、スプリント路線のその年の締め括りとして当競走に出走するローテーションが定着しつつある。2012年は日本のロードカナロアが優勝。これで香港国際賽事の全てのレースで日本馬が優勝したことになる。

歴史[編集]

  • 1999年 国際リステッド競走として創設。当初の施行距離は芝1000メートル。
  • 2000年 国際G3に昇格。
  • 2001年
  • 2002年
    • 国際G1に昇格。
    • All Thrills Too(オールスリルズトゥー)が当時のレコード0分56秒4で優勝。史上初の3連覇を狙ったファルヴェロンは3着に終わった。
  • 2004年 地元香港の英雄Silent Witness(サイレントウィットネス)が当時13戦無敗のまま、2頭目の連覇。
  • 2006年
    • グローバル・スプリント・チャレンジシリーズに参加し、その最終戦として開催。それに伴い施行距離を芝1200メートルに変更。スタート地点も従来の直線コースからバックストレッチへ移動。
    • Absolute Champion(アブソリュートチャンピオン)が現在も記録されているレコード1分07秒8で優勝。2着サイレントウィットネスに4馬身4分の1での勝利は当時最大着差だった。
  • 2009年 地元香港のセイクリッドキングダム2007年以来2度目の優勝を達成した。
  • 2010年 南アフリカのジェイジェイザジェットプレーンが優勝。同レースはそれまでオーストラリアの出身馬の優勝が目立っていたが、オーストラリア出身以外で初の優勝になった。
  • 2011年 総賞金を1200万から1400万香港ドルへと200万ドル増やし香港ヴァーズと同じ賞金額になった。
  • 2012年 日本のロードカナロアが優勝。
  • 2013年 日本のロードカナロアが史上3頭目の連覇で2着のアイルランドのソールパワーに5馬身差での優勝は、これまで記録していたアブソリュートチャンピオンの従来の記録を7年振りに更新した。

主なプレップレース[編集]

※特に表記しない限り、下記のレースの格付けは全て国際グレードである。

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 調教国・優勝馬 日本語読み 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師
第1回 1999年12月12日 香港の旗靚蝦王(Fairy King Prawn) フェアリーキングプローン 騸4 0:56.5 S.キング 姚本輝
第2回 2000年12月17日 オーストラリアの旗飛快龍(Falvelon) ファルヴェロン 牡5 0:56.7 D.オリヴァー D.ボーゴーア
第3回 2001年12月16日 オーストラリアの旗飛快龍(Falvelon) ファルヴェロン 牡5 0:57.0 D.オリヴァー D.ボーゴーア
第4回 2002年12月15日 香港の旗更歡笑(All Thrills Too) オールスリルズトゥー 騸5 0:56.4 G.モッセ D.ヘイズ
第5回 2003年12月14日 香港の旗精英大師(Silent Witness) サイレントウィットネス 騸4 0:56.5 F.コーツィー A.クルーズ
第6回 2004年12月12日 香港の旗精英大師(Silent Witness) サイレントウィットネス 騸5 0:56.8 F.コーツィー A.クルーズ
第7回 2005年12月11日 香港の旗電光火力(Natural Blitz) ナチュラルブリッツ 騸5 0:57.6 G.スコフィールド D.クルーズ
第8回 2006年12月10日 香港の旗騏綵(Absolute Champion) アブソリュートチャンピオン 騸5 1:07.8 B.プレブル D.ホール
第9回 2007年12月9日 香港の旗蓮華生輝(Sacred Kingdom) セイクリッドキングダム 騸4 1:08.4 G.モッセ 姚本輝
第10回 2008年12月14日 香港の旗創惑(Inspiration) インスピレーション 騸4 1:08.68 D.ビードマン J.ムーア
第11回 2009年12月13日 香港の旗蓮華生輝(Sacred Kingdom) セイクリッドキングダム 騸6 1:09.16 B.プレブル 姚本輝
第12回 2010年12月12日 南アフリカの旗卡通飛機(J J the Jet Plane) ジェイジェイザジェットプレーン 騸6 1:08.84 P.ストライドム L.ホウタラギス
第13回 2011年12月11日 香港の旗天久(Lucky Nine) ラッキーナイン 騸4 1:08.98 B.プレブル C.ファウンズ
第14回 2012年12月9日 日本の旗龍王(Lord Kanaloa) ロードカナロア 牡4 1:08.50 岩田康誠 安田隆行
第15回 2013年12月8日 日本の旗龍王(Lord Kanaloa) ロードカナロア 牡5 1:08.25 岩田康誠 安田隆行

日本調教馬の成績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 香港国際競走~結果と映像~ - JRAホームページ、2013年2月2日閲覧

外部リンク[編集]