グッドウッドカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グッドウッドカップGoodwood Cup)は、イギリスのBHA英国競馬統括機構がグッドウッド競馬場16ハロン(約3200m)で施行する競馬G2(グループ2)競走である。賞金総額は100,000ポンド(2004年)。

1812年に芝24ハロン(約4800m)で施行されたのが第1回で、その後幾度かの距離変更を経て1911年に現在の距離になった。20世紀初頭までは格が高く古馬の目標レースの1つであったが、その後の世界的な長距離軽視によって出走馬のレベル、権威とも以前とは比べものにならないほど凋落している。現在は夏のステイヤー王者決定戦という位置づけである。以前の格付けはG3で、1995年にG2となった。同じ長距離戦であるアスコットゴールドカップ(G1)、ドンカスターカップ(G2)と長距離三冠を形成している。

近年の優勝馬[編集]

  • 2000 Royal Rebel
  • 2001 Persian Punch
  • 2002 Jardines Lookout
  • 2003 Persian Punch
  • 2004 Darasim
  • 2005 Distinction
  • 2006 Yeats
  • 2007 Allegretto
  • 2008 Yeats
  • 2009 Schiaparelli
  • 2010 Illustrious Blue
  • 2011 Opinion Poll
  • 2012 Saddler's Rock
  • 2013 Brown Panther

記録[編集]

最多勝利馬 (3勝):


最多騎手 (5勝):

  • Jem Robinson – Fleur de Lis (1829), Glencoe (1834), Rockingham (1835), Beggarman (1840), Charles the Twelfth (1842)
  • ジョージ・フォーダムBaroncino (1855), Rogerthorpe (1856), Starke (1861), The Duke (1866), Border Minstrel (1883)
  • スティーブ・ドノヒューQueen's Square (1919), Mount Royal (1920), Bucks (1921), Cloudbank (1925), Brown Jack (1930)
  • レスター・ピゴットGladness (1958), Exar (1960), Proverb (1974), Girandole (1975), Ardross (1981)
  • パット・エデリーErimo Hawk (1972), Valuable Witness (1985), Mazzacano (1989), Sonus (1993), Grey Shot (1996)

最多調教師 (7勝):

  • ジョン・スコット – Hornsea (1836), Carew (1837), Charles the Twelfth (1841, 1842), Canezou (1849, 1850), Sweetsauce (1860)

脚注[編集]