ハンプトン (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンプトン
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1872年
死没 1897年12月8日
ロードクリフデン
レディーラングデン
生国 イギリス
生産 ノーレイズ卿
馬主 アイルランド(匿名)→2人略
→フレッド・G・ホブスン
→第3代エレズメア伯爵
競走成績
生涯成績 少なくとも35戦20勝
テンプレートを表示

ハンプトンHampton1872年 - 1897年)は、イギリス競走馬種牡馬である。初期には売却競馬という最下級の競走、下級ハンデ戦障害競走を転戦し、4人の馬主を転々としていた。しかしそこから成り上がり、最終的にグッドウッドカップドンカスターカップの2つのカップレースを勝利。引退後も種牡馬として成功した。

2,3歳時には全く期待されておらず、決められた価格が付けば売却しなければならないセリングレース(アメリカのクレーミングよりも扱いは更に下)に出走していた。その後もナーサリーという下級戦に出続けていたが、3歳時にグレートメトロポリタンハンデキャップというハンデ戦に出走したところ、軽量に恵まれた事もあり勝った。3歳から4歳の春にかけては障害戦にも出走している。具体的な記録は不明。分かっているのはグランドインターナショナルハードルという重賞で2着に入った事だけである。なお、この時既に同世代のエプソムダービーガロピンは引退しており、両馬は一度も対戦しなかった。

4歳になると4人目の馬主、フレッド・G・ホブスンに所有が変わった。彼はハンプトンに期待を寄せていたようで、この時代権威のあった長距離のカップレースに出走させた。グッドウッドステークスに勝つと、ドンカスターカップで4着に入り、シザレヴィッチステークス(上級ハンデ戦)でも4着となった。5歳時は完全に一流馬の仲間入りをし、6連勝、3大カップレースの2つ、グッドウッドカップ、ドンカスターカップを制した。翌年には売却競馬で取引された時の72倍、7200ギニーで第3代エレズメア伯爵の手に渡った。目標としていた3大カップレースの残り1つ、アスコットゴールドカップには勝てず、30ギニーの種付け料で種牡馬入りした。

ハンプトンは種牡馬としては最初から成功する事ができた。なぜか同世代のダービー馬ガロピンは種牡馬として人気が無くそれを尻目に種牡馬成績を伸ばし、1887年にはハーミットのV8を阻止し、リーディングサイアーとなった。翌年からはガロピン、続いてセントサイモンが出現し、結局リーディングは一度しか取れなかったものの、10年以上に渡って上位を保ち続け、ラダス(2000ギニー、エプソムダービー)等の産駒を送り出した。25歳で死亡(故障による安楽死?)したハンプトンは、現在ステッチウォースパークに埋葬されている。

年度別競走成績[編集]

1874年(5戦3勝)

1875年(5戦2勝)

1875-76年(障害2戦1勝+)

1876年(3戦1勝)

  • グッドウッドステークス

1877年(10戦8勝)

1878年(10戦5勝)

  • エプソムゴールドカップ

代表産駒[編集]

  • レーヴ・ドール(1000ギニーオークス
  • メリーハンプトン(エプソムダービー)
  • ラダス(2000ギニー、エプソムダービー)
  • エアシャー(2000ギニー、エプソムダービー)
  • ベイロナルド(下級戦のみ5勝、後継種牡馬となる)

血統表[編集]

ハンプトン血統タッチストン系/Otisina(Lanercost)3×4=18.75%(母内))

Lord Clifden
1860 鹿
Newminster
1848 黒鹿
Touchstone Camel
Banter
Beeswing Dr.Syntax
Ardrossan Mare
The Slave
1852
Melbourne Humphrey Clinker
Cervantes Mare
Volley Voltaire
Martha Lynn

Lady Langden
1868 黒鹿
Kettledrum
1858
Rataplan The Baron
Pocahontas
Hybla The Provost
Otisina
Haricot
1847
Lanercost Liverpool
Otis
Queen Mary Gladiator
Plenipotentiary Mare F.10a

外部リンク[編集]