ハーミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーミット
ハーミット.jpg
英字表記 Hermit
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1864年
死没 1890年
Newminster
Seclusion
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 The Middle Park Stud
馬主 ヘンリー・チャップリン
調教師 Bloss
競走成績
生涯成績 23戦8勝
テンプレートを表示

ハーミットHermit1864年 - 1890年)は、イギリス競走馬種牡馬。競走馬としてエプソムダービーに勝ったほか、種牡馬としても7度イギリスチャンピオンサイアーになるなど成功した。

ハーミットが勝ったダービーにはひとつのエピソードがある。ハーミットの馬主ヘンリー・チャップリンは、婚約者を結婚式直前にへスティング侯爵に奪われていた。へスティング侯爵はまた、ハーミットを勝てるわけがないと馬鹿にし、負けるほうに全財産を賭けた。ハーミットはダービー前に鼻出血を起こし、さらにスタートが遅れるなどトラブル続きでとても勝てそうになかったが、レース中盤タテナムコーナーでやる気を出すとハナ差で勝った。この結果チャップリンは名誉と大金を得て、逆にへスティング侯爵は12万ポンドもの大金を失った。彼は翌年借金に苦しめられ「ハーミットのダービーに絶望した。なぜ…。」の言葉を残し自殺した。

ハーミットが勝った主な競走はダービーの他にセントジェームズパレスステークスがある。ダービーの時は6月だというのに雪が降っていたうえ、都合10度もスタートがやり直され発走が1時間も遅れた。ハーミットは1週間前に鼻出血を起こしており、勝つ見込みは薄いと思われ100対1の超人気薄だった。非常におとなしい馬で、種牡馬時代には馬主ヘンリー・チャップリンの幼い息子を背中に乗せてやっていたという。

種牡馬として[編集]

ダービーのあとは鳴かず飛ばずに終わったハーミットだったが、種牡馬としてふたたび名声を得た。1880年から1886年の7年連続してイギリス種牡馬チャンピオンになったのである。

その後はフランスでヒュームが活躍し、日本では1970年にガーサントがリーディングサイアーを獲得、1992年までガーサントの孫にあたるアスコットエイト、アスコットセブン兄弟が供用されていた。牝馬に活躍馬が集中したため、現在はおもに母系に名を残す。現在はアメリカに渡ったフライアーズバルサンの末裔がクォーターホースとして成功し、史上最強のクォーターホースと呼ばれるダッシュフォーキャッシュを送り出した。現在競走用のクォーターホースの多くがダッシュフォーキャッシュの血を受けている。

主な産駒[編集]

血統表[編集]

ハーミット血統タッチストン系 / Camel3×5=15.62% Selim5×5=6.25% Sultan4×5=9.38%(母内))

Newminster
1848年 黒鹿毛
Touchstone
1831年 栗毛
Camel Whalebone
Selim Mare
Banter Master Henry
Boadicea
Beeswing
1833年 鹿毛
Dr.Syntax Paynator
Beningbrough Mare
Ardrossan Mare Ardrossan
Lady Eliza

Seclusion
1857年 黒鹿毛
Tadmor
1846年 黒鹿毛
Ion Cain
Margaret
Palmyra Sultan
Hester
Miss Sellon
1851年 黒鹿毛
Cowl Bay Middleton
Crucifix
Belle Dame Belshazzar
Ellen F-No.5-d

外部リンク[編集]