タッチストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タッチストン
Touchstone.jpg
John Frederick Herringによる作品
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1831年
死没 1861年1月29日
カメル
バンター
生国 イギリス
生産 初代ウェストミンスター侯爵
馬主 初代ウェストミンスター侯爵
調教師 ジョン・スコット
競走成績
生涯成績 21戦16勝(諸説あり)
獲得賞金 不明
テンプレートを表示

タッチストンTouchstone1831年 - 1861年)は、イギリス競走馬である。1830年代に活躍したステイヤーであり、種牡馬としても成功。通算で4度のイギリスリーディングサイアーを獲得した。馬名は試金石の意。

父カメルは馬体にも競走成績にも見るところのないサラブレッドで、その父ホエールボーンは、カメルのほかに現在の主流父系エクリプス系参照)に繋がるサーハーキュリーズを出しており、父系的には主流との分岐点にあたる。母系はのちに14号族と呼ばれる牝系に属し、母バンターは14-a族の祖となった繁殖牝馬である。また、全弟ランスロットは1840年セントレジャーステークスに優勝している。

このような血統背景を持ち初代ウェストミンスター侯爵に生産されたタッチストンもまた、父に似て不格好な馬体の持ち主で体高も15ハンド(約152.4センチメートル)にすぎず、タダでももらい手がなかったほどであるが、3歳秋に本格化すると、当時エプソムダービーよりも権威が高かったセントレジャーステークスに41倍の低評価で出走。プラムに4馬身の差を付け優勝した。

古馬となってもドンカスターカップ連覇(1835,1836年)、アスコットゴールドカップ連覇(1836,1837年)などの戦績を残し、生涯に少なくとも21戦の競走に出走し、16勝を挙げた。調教では走らず、本番の競走でも距離が短いと馬が本気にならず勝ちきれなかったという。

年度別競走成績[編集]

  • 1833年(3戦1勝)
  • 1834年(7戦5勝) - セントレジャーステークス
  • 1835年(8戦6勝) - ドンカスターカップ
  • 1836年(3戦3勝) - アスコットゴールドカップ、ドンカスターカップ
  • 1837年(1戦1勝) - アスコットゴールドカップ

(判明分のみ)

引退後[編集]

引退後は初代ウェストミンスター侯爵のもとで種牡馬として供用され、1842,1843,1848,1855年の4度リーディングサイアーになり、サープライス、オーランドニューミンスターなどの優秀馬を輩出した。オーランドとニューミンスターは種牡馬としても成功し、現代まで父系直系子孫が残っている。また、母系に入っての影響力もすばらしい。一例として、ヴュイエ大佐の研究では、19世紀のサラブレッドのうちガロピンセントサイモン親子に次ぐ影響力を残したという結果が出ている。生涯で343頭の産駒を輩出し、それらが合計で738勝を挙げた。

おもな産駒[編集]

  • オーランド(エプソムダービー、リーディングサイアー3回)
  • コザーストン(エプソムダービー、2000ギニー
  • サープライス(エプソムダービー、セントレジャーステークス)
  • ニューミンスター(セントレジャーステークス、リーディングサイアー2回)
  • フラットキャッチャー(2000ギニー)
  • ナニキルク(2000ギニー)
  • ロードオブジアイルズ(2000ギニー)
  • メンディカント(1000ギニーオークス
  • ブルーボンネット(セントレジャーステークス)

血統表[編集]

タッチストン血統エクリプス系 / Alexander5×3=15.62% ほか4×5が右の3頭、Sir Peter Teazle,Buzzard,Eclipse)

Camel
1822年 黒鹿毛
Whalebone
1807年
Waxy Pot 8O's
Maria
Penelope Trumpator
Prunella
Selim Mare
1812年
Selim Buzzard
Alexander Mare
Maiden Sir Peter Teazle
Phoenomenon Mare

Banter
1826年 黒鹿毛
F-No.14-a
Master Henry
1815年
Orville Beningbrough
Evelina
Miss Sophia Stamford
Sophia
Boadicea
1807年
Alexander Eclipse
Grecian Princess
Brunette Amaranthus
Mayfly F-No.14

外部リンク[編集]