オーヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーヴィル
Orville (horse).JPG
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1799年
死没 1826年11月
ベニングブロー
エヴェリナ
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 第4代フィッツウィリアム卿
馬主 第4代フィッツウィリアム卿
調教師 クリストファー・スケイフ
競走成績
生涯成績 21勝
テンプレートを表示

オーヴィル (Orville) とは、19世紀初頭に活躍したイギリス競走馬である。セントレジャーステークスに勝利したほか、のちに種牡馬としても成功した。

1801-08年の7年に渡って競走生活を送った。多数の競走に勝利し、スターヴレイStavely、クイズQuiz、ぺリスPelisseなどのクラシックホースを倒した経験がある強い馬であった。ただ、常に勝っていたわけではなく、エレノアEleanor(ダービーオークス)には負けている。「彼の肺と勇気は尽きることがない」と言われ、6歳時のことだが、午前中にハプハザードHaphazardとの4マイルのトライアルを走った後、午後にウォルトンWaltonとの接戦を制したこともあった。また、騎手によれば「彼にとっては、全ての距離が得意だった。だが、御し難い馬であった。」という。

種牡馬としては、最初ヨークで、後にニューマーケットで供用された。1817年1823年に首位種牡馬となる成功を収め、都合5頭のクラシックホースを送り出した。主要な産駒としては、ダービーに勝ったエミリアスEmilius、エレノアとの仔であるミューリーMuleyがいる。

参考文献[編集]

  • Orville”. Thoroughbred Bloodlines. 2011年7月1日閲覧。

外部リンク[編集]