ポカホンタス (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポカホンタス
Pocahontas And Stockwell.jpg
左の馬、寄り添う仔馬はストックウェル
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1837年
死没 1870年
グレンコー
マルペッサ
生国 イギリス
生産 ウィリアム4世
馬主 第11代エクセター卿
調教師 -
競走成績
生涯成績 9戦0勝
獲得賞金 不明
テンプレートを表示

ポカホンタスPocahontas1837年 - 1870年)は、イギリス競走馬繁殖牝馬。「繁殖牝馬の皇后」と呼ばれ優秀な産駒たちを通じてサラブレッドに大きな影響を残した。馬名の由来はアメリカインディアンの女性ポカホンタスより。

生涯[編集]

ポカホンタスは父グレンコーがアメリカに輸出される前に残した唯一の傑作で、史上もっとも偉大な繁殖牝馬として知られている。現役時代は初の牝馬クラシック三冠馬(変則)であるクルシフィックスと同期で、実際に同じレースを走ったこともあったが、激しい気性のせいか競走成績は遙か及ばず、オークス(4着)、グッドウッドカップ(5着)に挑戦するも9戦して未勝利に終わっている。

5歳時に引退して繁殖牝馬になったが当初は活躍馬を出せず、初子、2番仔とも未勝利に終わった。その後の仔もドリーバーデンが1勝を挙げるも芳しくない成績が続いていたが、1849年に5番仔として生まれたストックウェルは大活躍を見せ、1852年二冠を制し、種牡馬としても計7度のイギリスリーディングサイアーに輝いた。

翌年その全弟として生まれたラタプランも名馬となり、タフに走って42勝、種牡馬としても成功した。さらにその翌年1851年に生まれたキングトムダービーステークスで2着になり、種牡馬としても2度リーディングサイアーになった。その後の産駒もまずまずの活躍を見せ11頭が勝ち上がり、25歳のとき15頭目の産駒を生んだのち、33歳で死亡したという(英語版に産駒のリストがあるのでそちらも参照されたい)。

影響[編集]

ポカホンタスの影響力はのちのヴュイエ大佐の研究によれば、19世紀のサラブレッドのなかでもセントサイモンガロピンタッチストン、ストックウェルに次ぐ影響力を残したという結果が出ている。牡馬が生涯で数百頭もの産駒を残せるのに対し、牝馬は多くても十数頭の産駒を残すのが精一杯なのでこの影響力は驚異的であるといえる。

血統表[編集]

ポカホンタス血統(グレンコー系(ヘロド系) / Whiskey 4×4=12.50%(母内)、Gohanna 5x4=9.38%、Mercury 5x5=6.25%、Diomed 5x5=6.25%(母内))(牝系の面からは3-n族の祖)

Glencoe
1831 栗毛
Sultan
1816 鹿
Selim
1802
Buzzard
Alexander Mare
Bacchante
1809
Williamson's Ditto
Mercury Mare
Trampoline
1825
Tramp
1810
Dick Andrews
Gohanna Mare
Web
1808 鹿
Waxy
Penelope

Marpessa
1830
Muley
1810 鹿
Orville
1799 鹿
Beningbrough
Evelina
Eleanor
1798
Whiskey
Y.Giantess
Clare
1824
Marmion
1806
Whiskey
Y.Noisette
Harpalice
1814
Gohanna
Amazon F-No.3-m

外部リンク[編集]