ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ (スウェーデン王妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スウェーデン王妃ユセフィナ(ジョゼフィーヌ)

ジョゼフィーヌ・マクシミリアーヌ・ウジェニー・ナポレオーヌ・ド・ボアルネ(フランス名:Joséphine Maximilienne Eugénie Napoléone de Beauharnais, 1807年3月14日 - 1876年6月7日)は、スウェーデンオスカル1世の王妃。スウェーデン語名はユセフィナ・アヴ・レウクテンベリ(Josefina av Leuchtenberg)。

ナポレオン1世の最初の妻ジョゼフィーヌの連れ子であったロイヒテンベルク公ウジェーヌ・ド・ボアルネと、アウグステ・フォン・バイエルンバイエルンマクシミリアン1世の娘)の長女として、ミラノで生まれた。ナポレオン3世の母方の従姉にあたる。1823年5月にスウェーデン王太子オスカル・ベルナドッテとミュンヘンのロイヒテンベルク宮殿で結婚した。結婚式は同年6月19日にストックホルムで行われた。

スウェーデンに着くと、ジョゼフィーヌの名前から「ナポレオーヌ」というミドルネームがはずされた(ナポレオン戦争に痛手を受けた国民感情に配慮した)。夫オスカルとは相思相愛で結婚生活を送っていたが、彼は妻に隠れて平気で浮気を繰り返しており、のちにそのことを知ったジョゼフィーヌは大きな衝撃を受け、苦い思いを日記に書き記した。ジョゼフィーヌはガーデニング・絵画という趣味を持ち、慈善・改善の活動に参加した。また、自身は終生カトリック教徒だったが、子供たちをスウェーデンの国教ルター派で教育することに同意した。このように信仰を変えずとも、彼女は王太子妃としてやってきた時から、スウェーデン国民から高い人気を維持し続けた。

子供[編集]