トッポ・ジージョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トッポ・ジージョ (Topo Gigio) はイタリア人形劇キャラクター。イタリア・ミラノ生まれのネズミの男の子が主人公の物語。原作はマリア・ペレゴ (it:Maria Perego)。

2001年に「日本におけるイタリア年」のメインキャラクターに選ばれた。

キャラクター[編集]

トッポ・ジージョ (Topo Gigio)
主人公。「トッポ」が姓で、「ジージョ」が名である。本名は「トッポ・ルイス」で、ジージョは愛称。因みにトッポとはイタリア語でネズミの意。ただし、イタリア語での発音はトーポと伸ばすほうが近く、トッポという発音の場合、切り株 (toppo) という意味になる。またイタリア語ではルイージ(英語などのルイスに相当)の愛称がジージョ (Gigio) となる。
ロージー (Rosy)
ジージョのガールフレンド。「ロージィ」と片仮名表記されることもある。

人形劇[編集]

1966年版[編集]

TBS系列の『おはよう・にっぽん』で1966年8月22日から放映。その後独立した番組として、1966年10月3日~同年10月17日にTBS系列の『ナショナル劇場』で、『トッポ・ジージョ・イン・ジャパン』というタイトルで放送(『ナショナル劇場』最後のバラエティ番組)、その後原題の『トッポ・ジージョ』で1967年3月7日9月26日にTBS系列で放送。その直後、1967年10月9日1968年1月29日に、『チャオ!トッポ・ジージョ』というタイトルで毎週月曜19:00~19:30に放送した。

なお放送中は、小学館学習雑誌『小学一年生』〜『小学三年生』に、石ノ森章太郎(当時:石森)によってコミカライズ版が連載された。

キャスト[編集]

主題歌[編集]

『ぼくはトッポちゃん』
作詞 - 安井かずみ / 作曲 - 山崎唯 / 歌 - 山崎唯
『すてきなロージィ』
歌 - 久里千春
『トッポちゃんマーチ』
作詞 - 松原雅彦 / 作曲 - 大沢保郎 / 歌 - 山崎唯
『チャオ!トッポ・ジージョ』
作詞 - 大橋巨泉 / 作曲 - 司一郎 / 歌 - 山崎唯
TBS ナショナル劇場
前番組 番組名 次番組
トッポ・ジージョ・イン・ジャパン
TBS系 火曜18:00枠
こがね丸
トッポ・ジージョ
TBS系 月曜19:00枠
【当番組よりTBS制作枠】
チャオ!トッポ・ジージョ
ヤマハヤングジャンボリー
(土曜19:00枠より移動)

1978年版[編集]

ママとあそぼう!ピンポンパン』枠内で放送。

キャスト[編集]

主題歌[編集]

『キュルルピア』
歌 - トッポ・ジージョ〈団しん也〉
『おやすみなさいは一度だけ』
歌 - トッポ・ジージョ〈団しん也〉&酒井ゆきえ
『ジージョの夢うらら』
歌 - トッポ・ジージョ〈団しん也〉
『ジージョのはつこい』
歌 - トッポ・ジージョ〈団しん也〉&酒井ゆきえ

テレビアニメ[編集]

1988年版[編集]

1988年4月27日9月21日朝日放送制作・テレビ朝日系列にて毎週水曜18:50~19:20に放送されたテレビアニメ日本アニメーションの共同制作である。同年10月7日からは制作局がテレビ東京へ変わり、同じキャスト・スタッフによって『夢見るトッポ・ジージョ』というタイトルで12月30日まで放送された。

本作でのトッポ・ジージョは未来の宇宙飛行士で、現代のイタリアへタイムスリップしたという設定。トッポ・ジージョのキャラクター以外、ストーリーは完全なアニメオリジナル。

声の出演[編集]

ネズミ
ネコ
人間

スタッフ[編集]

  • 製作:本橋浩一
  • 製作管理:高桑充
  • 原作:マリア・ペレゴ
  • 音楽:越部信義
  • キャラクターデザイン:白梅進
  • 美術設定:川本征平
  • 美術監督:石橋修一
  • プロデューサー:鍋島進二(朝日放送)、佐藤昭司
  • 監督:石黒昇腰繁男
  • 撮影監督:森田俊昭
  • 録音監督:田中英行
  • オープニング作画:遊佐和重
  • 動画チェック:望月頼子、安西慶江、五月女浩一朗、辻繁人、前田達良、大友健一、本橋ひろみ、谷端哲司
  • 背景:アトリエローク、スタジオアクア
  • 色指定:進藤ミツ、島方亜矢子、佐藤麻希子、北川明美、仮屋弘美、岩崎静子、河野美智代、児玉八重子
  • 特殊効果:千葉豊、琴吹たかし、塩路雅子、太田憲之
  • 撮影:トランス・アーツ
  • 編集:笠原義宏、名取信一→中村誠人
  • ネガ編集:上遠野英俊
  • 録音制作:小野哲男
  • 整音:佐藤千明
  • 効果:庄司雅弘(フィズサウンドクリエイション
  • スタジオ:アバコスタジオ
  • タイトル:道川昭
  • 現像:東京現像所
  • 制作デスク:小関修一、田崎康博、東道泰
  • 制作進行:岡田修一、山口博史、越智浩仁、上杉隆一、山元克仁、高倉敏之、倉本斉、高杉忠幸、浜中明、与那嶺敬
  • 演出助手:今成英司、白旗伸朗、大谷正弘、神保聡
  • 制作協力:トランス・アーツ、ワールドテレビジョン
  • 制作:朝日放送→テレビ東京、日本アニメーション

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「Tango Chu Chu」
作詞 - 冬杜花代子 / 作曲 - 森田公一 / 歌 - 山野さと子こおろぎ'73
エンディングテーマ - 「夢見るトッポ・ジージョ」
作詞 - 冬杜花代子 / 作曲 - 森田公一 / 歌 - 山野さと子(コーラス - こおろぎ73)

放映リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放映日
トッポ・ジージョ
1 帰って来たトッポ・ジージョ 石黒昇 腰繁男 井口忠一
石之博和
1988年
4月27日
2 住みか危機一髪! 忠沖智勇 腰繁男 遊佐和重 5月4日
3 ミミ救出作戦 和田梨乃 井口忠一 5月11日
4 アパートがこわされる! 相本嘉夫 大町繁 北川正人 石之博和 5月18日
5 ジーナの初恋 石黒昇 腰繁男 水田智美 5月25日
6 酔いどれ手品師オサリバン 杉山卓 大町繁 石之博和 6月1日
7 地下水道の怪獣 忠沖智勇 石黒昇 北川正人 杉光登 6月8日
8 メガロの母 現わる 鈴木行 遊佐和重 6月15日
9 あの人形を追え 林たかし 大町繁 石之博和 6月22日
10 ビッグベルの鐘を鳴らせ 和田梨乃 堀田あつ子 腰繁男 水田智美 6月29日
11 ティノの旅立ち 忠沖智勇 石黒昇 北川正人 杉光登 7月6日
12 キャットコンテスト 杉山卓 鈴木行 遊佐和重 7月13日
13 シージョを解体しろ! 林たかし 青山弘 大町繁 石之博和 7月20日
14 ひとりぼっちのラブソング 和田梨乃 秦義人 腰繁男 水田智美 7月27日
15 メガロの災難 忠沖智勇 石黒昇 北川正人 杉光登
石之博和
8月10日
16 サーカスが街にやって来た 林たかし 鈴木行 遊佐和重 8月17日
17 コンドル屋敷のひみつ 鈴木行 大町繁 8月24日
18 ドラチュラ102世 忠沖智勇 腰繁男 石之博和 8月31日
19 欲ばりスクルージ 北川正人 杉光登 9月7日
20 屋根裏の飛行場 杉山卓 鈴木行 石之博和
杉光登
9月14日
21 猫になったジージョ 和田梨乃 小鹿英吉 大町繁 遊佐和重 9月21日
夢見るトッポ・ジージョ
1 海から来たホリー 忠沖智勇 腰繁男 木場田実
杉光登
10月7日
2 われら武闘軍団 林たかし 石黒昇 北川正人 杉光登 10月14日
3 ロロとジュジュの物語 忠沖智勇 小鹿英吉 遊佐和重 10月21日
4 ジージョ行方不明になる?! 渡辺麻実 新田義方 大町繁 石之博和 10月28日
5 未来の見える犬 杉山卓 腰繁男 小泉謙三
遊佐和重
11月4日
6 ねずみのタタリ 忠沖智勇 木村哲 北川正人 杉光登 11月11日
7 やさしいライオン 林たかし 小鹿英吉 田中保 11月18日
8 ドーナツ・ロボット 新田義方 今成英司 石之博和 11月25日
9 ジーナ金髪になる 渡辺麻実 腰繁男 遊佐和重 12月2日
10 さむいのは大嫌い 忠沖智勇 石黒昇 木村哲 杉光登 12月9日
11 オレが主役だ! 林たかし 小鹿英吉 石之博和 12月16日
12 聖夜の贈り物 渡辺麻実 新田義方 今成英司 小泉謙三 12月23日
13 名犬パク 林たかし 腰繁男 遊佐和重 12月30日

ネット局[編集]

無印=同時ネット ※=遅れネット

朝日放送制作時代
テレビ東京制作時代
朝日放送制作・テレビ朝日系列 水曜18:50 - 19:20枠
前番組 番組名 次番組
グリム名作劇場
(1987年10月 - 1988年3月)
トッポ・ジージョ
(1988年4月 - 9月)
ハーイあっこです
(1988年10月 - 1989年3月)
テレビ東京 金曜18時台半
キャプテン翼(再放送)
(~1988.9.16)
※1988.9.23~1988.9.30は
ソウル・オリンピックハイライト


夢見るトッポ・ジージョ
朝日放送 日本アニメーション制作のアニメ
グリム名作劇場
トッポ・ジージョ
新グリム名作劇場

2003年版[編集]

2003年7月9日~2004年3月31日に、キッズステーションにて『トッポ・ジージョ劇場』として放送。全38話+未公開6話(DVDに収録)。

キャスト[編集]

映画[編集]

1967年7月20日に公開された映画。タイトルは『トッポ・ジージョのボタン戦争』。配給は東和。トッポ・ジージョには、操り人形を用いている。

2004年にはリバイバル上映され、2005年にはDVD化された。

キャスト[編集]

  • トッポ・ジージョ - 中村メイコ(声)
  • 緑の靴下の男 - 冬城五郎
  • 赤の靴下の男 - 根上忠
  • 黄の靴下の男 - 園八雲
  • 青の靴下の男 - 布施紘一
  • 紫の靴下の男 - 須永恒
  • ボス - 大平透
  • ナレーター - 小林桂樹

スタッフ[編集]

  • 監督:市川崑
  • 脚本:市川崑、永六輔、アルベルト・オンガロ、フィデリコ・カルドーラ
  • 音楽:中村八大
  • 操演:マリア・ペレゴ

出演[編集]

書籍[編集]

  • 『Ciao!トッポジージョ!』(フジテレビ出版、2001年)ISBN 4594031277

レコード[編集]

イタリア語版[編集]

  • 『ぼくはトッポ・ジージョ / マンマ』(COSA DICI MAI / MAMMA)(シングル。歌:トッポ・ジージョ〈声:Peppino Mazzullo〉、1962年。日本では1966年発売)
  • Se avessi la coda anch'io(歌:トッポ・ジージョ〈Peppino Mazzullo〉、1974年)
  • Strapazzami di coccole(歌:トッポ・ジージョ〈Peppino Mazzullo〉、1974年)
  • トッポ・ジージョのジングルベル / ホワイト・クリスマス(シングル)

日本語版[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本放送終了後に放送。
  2. ^ 本放送時点では山口放送がテレビ朝日系列のはずだったがなぜか該当局で放送。