マッシモ・ヴィネッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マッシモ・ヴィネッリ(Massimo Vignelli, 1931年1月10日 - 2014年 5月27日[1] )はパッケージ・デザイン、家具、公共サインやショールームのインテリアデザインなどを幅広く手がけるデザイナーである。仕事は妻レッラ(Lella Vignelli)と設立した事務所ヴィネッリ・アソシエイツを通じて行っている。「何かひとつをデザインできるなら、全部できるはず」とは彼の弁であるが、それを地で行く活動を続けているといえる。

ヴィネッリのデザインはモダニストの伝統に忠実で、一貫して単純な幾何学形態によってシンプルさを表現している。

履歴[編集]

ヴィネッリはミラノにて1931年に生まれた。十代のころにデザインの虜になり、当時の大建築家たちと積極的に親交を結んだ。彼はしばしばその時代を振り返って「ミーハーな建築ファンだった」と語っている。建築を学ぶためにミラノ工科大学に進み、その後ヴェネツィア建築大学で学んだ。

1957年から1960年にかけて、ヴィネッリはフェローシップを得てアメリカに渡っている。1966年には新たに創設した会社であるユニマーク・インターナショナル(Unimark Inernational)の支店をニューヨークに事務所を開設した。同社はその後すぐに扱う案件や人員の数において世界で有数の規模を誇るデザイン事務所となる。世界でよく知られるコーポレート・アイデンティティを数多く手がけ、この中にはアメリカン航空のものもある。アメリカン航空はワシの意匠を取り入れるように再三求めたが、ヴィネッリは突っぱねつづけたという。またこの時期、ニューヨークの地下鉄のサインを制作している。

1971年、妻レッラとともにヴィネッリ・アソシエイツを創設。

現在、ニューヨークのヴィネッリ・アソシエイツでデザイナーとして仕事を続けている。

最近の話題としては、ヴィネッリはゲーリー・ハストウィット(Gary Hustwit)による同名のタイプフェイスを扱ったドキュメンタリー映画『ヘルヴェチカ』(Helvetica)の制作に参加した。

作品[編集]

ヴィネッリの仕事はインテリア、建築、パッケージ、グラフィック、家具、プロダクトなど多岐にわたる。クライアントにはIBM、アメリカン航空などの大企業が名を連ねている。

タイポグラフィについて卓越した知見をもっており、これがデザインのレベルを著しく押し上げているといわれる。1966年のステンディグ社のカレンダー(Stendig Calendar)はその形態と機能の完璧な融合によってデザイン界の至宝と謳われた。

近年になって作品の大部分をロチェスター工科大学に寄贈した。

2007年の"Stock Exchange of Visions"プロジェクトに参加している。

受賞[編集]

  • 1964 - ミラノトリエンナーレ・グランプリ
  • 1964 - 1998 イタリア産業デザイン協会(ADI)「金のコンパス」賞
  • 1973 - 米国建築家協会(AIA)インダストリアル・アーツ・メダル
  • 1982 - NYアート・ディレクターズ・クラブ殿堂(Hall of Fame)入り
  • 1982 - NYパーソンズ・スクール・オブ・デザインより名誉美術博士号
  • 1983 - AIGAゴールド・メダル
  • 1985 - 国立公園パブリケーション・プログラムに対してロナルド・レーガンによる初の大統領デザイン賞授与
  • 1987 - NYブルックリンのプラット・インスティテュートより名誉美術博士号
  • 1988 - インテリア・デザイン殿堂入り(Interior Design Hall of Fame)
  • 1988 - ロード・アイランド・スクール・オブ・デザインより名誉美術博士号
  • 1991 - ナショナル・アーツ・クラブよりデザイン・ゴールドメダル
  • 1992 - インテリア・プロダクト・デザイナーズ・フェローシップ・オブ・エクセレンス
  • 1993 - ニューヨーク州知事賞(Award for Excellence)
  • 1994 - イタリア・ヴェネツィア大学より名誉建築博士号
  • 1994 - ワシントンDC・コーコラン・スクール・オブ・アートより名誉美術博士号
  • 1995 - 生涯の功績に対してブルックリン美術館デザインアワード
  • 1996 - ロンドン王立美術協会より産業デザインに対して名誉ロイヤル・デザイナー
  • 2000 - アート・センター・カレッジ(カリフォルニア)より名誉美術博士号
  • 2002 - NYロチェスター工科大学より名誉美術博士号
  • 2003 - NY国立デザイン美術館より生涯功労賞(National Lifetime Achievement Award)
  • 2004 - NYミュージアム・オブ・アート・アンド・デザインよりヴィジョナリー・アワード(Visionary Award)
  • 2005 - NY米国文芸アカデミーより建築賞

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Michael Bierut(5月27日)."Massimo Vignelli, 1931-2014".designobserver.com.

外部リンク[編集]