デブラ・ミセリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デブラ・ミセリー
Alundra Blayze in 1995.jpg
アランドラ・ブレイズ(1995年)
プロフィール
リングネーム アランドラ・ブレイズ
メデューサ
メデューサ・ミセリー
本名 デブラ・アン・ミセリー
身長 177cm
体重 68kg(全盛時)
誕生日 1964年2月9日(50歳)
出身地 イタリアの旗 イタリアミラノ
トレーナー エディ・シャーキー
ブラッド・レイガンズ
デビュー 1984年
引退 2001年
テンプレートを表示

デブラ・アン・ミセリーDebra Ann Miceli1964年2月9日 - )は、イタリアミラノ生まれ、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス育ちの元女子プロレスラーギミック上ではミネアポリス出身とされていたこともある。

アメリカと日本で活躍し、アランドラ・ブレイズAlundra Blayze)、メデューサMadusa)などのリングネームで知られる。

来歴[編集]

ミネアポリスのロビンズデイル高校を出た後、同地のエディー・シャーキーのジムでプロレスを学び、1984年AWAにてメデューサ・ミセリーのリングネームでデビュー。シャーキー・ジムの同期にスコット・ノートンロード・ウォリアーズ、ロビンズデイル高校の先輩にはリック・ルードトム・ジンクカート・ヘニングがいる。AWAでは女子王者のシェリー・マーテルと抗争を展開。1987年12月にはシェリーのWWF移籍で空位となったAWA女子王座の争奪トーナメントに出場、決勝でキャンディ・デバインを破りチャンピオンとなった。

その後、1989年から1991年にかけて来日し、全日本女子プロレスを主戦場に活動する(後述)。

1991年、ポール・E・デンジャラスリー率いるヒール軍団、デンジャラス・アライアンスの一員としてWCWに登場。1992年8月にはリック・ルードのマネージャーとして新日本プロレスG1 CLIMAXに来日している。

1993年にWWF(現WWE)へ移籍。アランドラ・ブレイズのリングネームでベビーフェイスとして売り出される。WWFではルナ・バションブル中野ベルサ・フェイと抗争を繰り広げるなど女子戦線で活躍したが、WWF女子王座戴冠中の1995年にWCWへ再移籍した。WCWではリングネームをメデューサに戻し、番組内にてWWF女子王座のベルトをゴミ箱へ捨てるパフォーマンスを敢行した(このパフォーマンスは後のモントリオール事件の伏線ともなっている。また、この出来事で全日本女子プロレスの選手がWWFに定期的に登場するプランもあったが、立ち消えになってしまう)。

WCWでは主要な女子レスラーの一人として活動し、シスター・シェリー北斗晶と抗争。1997年6月のグレート・アメリカン・バッシュでの北斗戦を最後にWCWを離脱するが、1999年よりランディ・サベージのマネージャー役でカムバックする。12月のスターケードではエバン・カレージャスを破り、女性で史上初めてWCWクルーザー級王座を獲得した。また、WCWパワープラントの教官も勤め、トリー・ウィルソンらのトレーニングを行った。

2001年のWCW崩壊後は前述の経緯もありWWFへ移籍はできず、そのままレスラーを廃業している。現在は地元のフロリダに在住しモンスタートラック競技に取り組み、2005年3月には女子選手として初めてMonster Jam World Finalsで優勝した。しかし2006年3月、モンスタートラック競技のLive Nationチームから解雇された。

日本での活動[編集]

1989年にクラッシュギャルズ長与千種のライバルとして全日本女子プロレスに来日。初戦で長与千種を破り、IWA世界女子王座を奪取。長与の引退式が行われた横浜アリーナにて開催された『レッスル・マリンピアード89』にてライオネス飛鳥と統一グローバル王座決定戦を行い敗れるが、その後日本に定着。

ライオネス飛鳥引退後は、全日本女子プロレス初の外国人エースとして活躍する(ただ、それまで外国人レスラーは「お客さん」であり、団体自体が認める外国人レスラーのエースという存在が初めてだったこともあり、選手間の軋轢は相当あった様子)。

上記の様に当初はベビーフェイスとして活動していたが、後にアジャ・コングを中心とするユニット『ジャングル・ジャック』の一員としてヒールに転向し、短い期間だったが共に活躍する。その後、全日本女子プロレスとの契約を終えアメリカに帰国しWCWおよびWWF(現WWE)に登場する。

この間1度だけだが、ジャパン女子プロレスのシリーズに参戦、当時まだ団体対抗戦は夢だった時代、「全日本女子プロレスで活躍したメデューサがジャパン女子プロレスのリングに上がる」という出来事にファンは注目した。

その後、全日本女子プロレスの東京ドーム興行にアランドラ・ブレイズ名義で久し振りに参戦し、ブル中野とWWF女子王座を賭けて対戦するが、現時点ではそれが最後の来日であり、それ以降は日本のどの団体にも出場していない。

獲得タイトル[編集]

AWA
WWF
WCW
IWCCW
  • IWCCW女子王座: 1回
全日本女子プロレス

外部リンク[編集]