ランス・ストーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランス・ストーム
ランス・ストームの画像
プロフィール
リングネーム ランス・ストーム
ザ・ブラックマンバ
本名 ランス・ティモシー・エバース
身長 183cm
体重 106kg
誕生日 1969年4月3日(45歳)
出身地 カナダの旗 カナダ
オンタリオ州サーニア
トレーナー スチュ・ハート
キース・ハート
デビュー 1990年
テンプレートを表示

ランス・ストームLance Storm)のリングネームで知られるランス・エバースLance Evers1969年4月3日 - )はカナダプロレスラーオンタリオ州サーニア出身。

プロレスを活動している傍ら、自身が主宰するストーム・レスリング・アカデミー(Storm Wrestling Academy)にてトレーナーを務めている。

来歴[編集]

カナダのスチュ・ハート主宰のハート道場にてプロレスラーとしての基礎トレーニングを行い、1990年にプロレスデビュー。このとき、クリス・ジェリコもいっしょにトレーニングを積んでおり、長きにわたって行動をともにしていくこととなる(デビュー戦は両者の対決であった)。その後所属団体のロッキー・マウンテン・レスリングの経営が行き詰ると、海外の団体へ参戦を開始する。1991年にはジェリコとのチーム「サドン・インパクト」(後に「スリル・シーカーズ」に改称)にてFMWに初登場を果たした。またドイツのCAWや、レバノンの団体、アメリカのSMWなど各団体を転戦していく。1995年からはWARへ参戦を開始し、安良岡裕二と組んでタッグ王座を獲得している。

1997年にはECWへ参戦を開始する。同年12月には、クリス・キャンディードと共にタッグ王座を獲得した。

2000年にWCWに移籍。その後立て続けにUS王座、ハードコア王座、クルーザー級王座の3冠を獲得した。また他のカナダ出身のレスラーと共に、チーム・カナダを結成した。

WCW崩壊後はWWFに所属する。WWFでは冗談が一切通じない堅物ギミックでクリスチャンウィリアム・リーガルらと結成したヒールのユニットであるアン・アメリカンズで活躍した。

2004年4月に現役引退。WWEのトレーナーとなった。2005年6月12日に行われたPPVWWE ECW's One Night Standにて一夜限りの現役復帰を果たした。クリス・ジェリコと対戦して勝利した。同年7月にはWWEのトレーナーを辞め、カナダのカルガリーストーム・レスリング・アカデミー(Storm Wrestling Academy)を開設し、プロレスラーとしても、TNAROHなどの団体にスポット参戦している。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

WWF / WWE
WCW
ECW
WAR
  • インターナショナル・ジュニアヘビー級タッグ王座 : 2回(w / 安良岡裕二)
  • 世界6人タッグ王座 : 1回(w / 荒谷信孝北原光騎
SMW
  • SMW TV王座 : 1回
CWA
  • CWAキャッチ・ジュニアヘビー級王座 : 2回
カナディアン・ロッキーマウンテン・レスリング
  • CRMWコモンウェルス・ミッドヘビー級王座 : 5回
  • CRMW北米王座 : 1回
  • CRMW北米タッグ王座 : 2回(w / クリス・ジェリコ

外部リンク[編集]