WWEワン・ナイト・スタンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

WWEワン・ナイト・スタンド(WWE One Night Stand)は、アメリカのプロレス団体WWEの主催するプロレス興行。およびそれを扱ったPPV2005年から新設されたPPV大会で、かつてハードコア路線で一大ブームを巻き起こしたプロレス団体ECWのメンバーを一夜限りで再集結させて試合を行った。WWEが発売したDVD「Rise & Fall of Ecw」の売上の好調や元ECWのメンバーロブ・ヴァン・ダム等の提唱により開催された。2009年より、エクストリーム・ルールズ(Extreme Rules)とPPVの名称が変更された。

歴史[編集]

2005年に開催された第1回大会のコンセプトはあくまでも元ECWのレスラー達の大会であったが、やはりWWEが主催すると大会ということで、大会に向けたストーリーラインにはWWEのスーパースター達も関わった。大会前のRAWSmackDown!ではECWに不快感を持つエリック・ビショフ率いる反ECW義勇軍の結成や、WWEに所属していない元ECWメンバーの乱入、元ECWで当時WWEに所属していたタジリクリス・ベノワ等のECW側加入というストーリーラインが番組内で組まれた。しかし大会本番では純粋に元ECWのレスラー達によるハードコアな試合が組まれ、WWEのレスラー達も試合の合間に少々のマイクパフォーマンスを行う程度の介入しか見せることはなかった。2006年にECWの復活が決定されると、第2回大会のコンセプトはECWの興行というよりはWWE vs ECWの決着戦となった。RAW、SmackDown!ではECWの代表レスラーであったミック・フォーリーのWWE側加入、WWEの保持する2大王座であるWWE王座世界ヘビー級王座のECWへの流出危機、WWEを代表するスーパースターであったカート・アングルビッグ・ショーのECW移籍というストーリーラインが組まれた。

試合結果[編集]

第1回大会(2005年)WWE ECW's One Night Stand[編集]

ジェイソンジャスティン・クレディブルが乱入してストームを援護。
  • 3ウェイ・ダンス戦 -Three Way Dance Match-
スペル・クレイジー vs TAJIRI(w / シニスター・ミニスターマイキー・ウィプレック)● vs リトル・グイドー(w / F.B.I.
試合終了後に反ECW義勇軍のうち、SmackDown!のメンバーが入場。カート・アングルJBLマイクパフォーマンスを行ったが、その最中にロブ・ヴァン・ダムがビル・アルフォンソとともに登場。リング上でECWでの思い出について語っていると、ライノが乱入してロブ・ヴァン・ダムを襲撃。すると会場が暗転し、再び照明がつくとサブゥーが出現。なお、このロブ・ヴァン・ダムのコメントは途中からシュートであったとされる。
試合終了後に反ECW義勇軍のうち、RAWのメンバーが入場。
この試合は「ECWらしさを表す最高の試合」と絶賛するスーパースターもいれば、「なぜここまでやるのか」と批判するスーパースターもいた。メイン戦を前にポール・ヘイマンが登場。反ECW義勇軍のエッジ、JBLに対し、シュートコメントを発した。
この試合の前に、bWoが乱入し、ダッドリー・ボーイズと共謀してサンドマンとドリーマーを襲撃。するとサンドマン組側の援護としてキッド・キャッシュアクセル・ロッテンボールズ・マホーニーが登場。試合中はランス・ストーム、ジャスティン・クレディブル、フランシーン、そしてドリーマーの妻であるビューラが乱入。さらにダッドリー・ボーイズの末弟であるスパイク・ダッドリーもECW時代のコスチュームで登場し、ダッドリー・ボーイズをサポート。最後はダッドリーズが油を撒いて燃やしたテーブルにドリーマーをパワーボムで葬る壮絶なフィニッシュとなった。
試合終了後、ECW軍と反ECW義勇軍がリングに集結し、乱闘を開始。途中タズ、そして単発参戦したことがあるストーン・コールド・スティーブ・オースチンがECWに加勢。放送席に逃げ込んでいたビショフをフォーリーがリングに引きずり込むと、ストーンコールドがビショフにスタナーを炸裂。それでもビショフがECWに対して侮辱するコメントを発すると、ダッドリー・ボーイズの二人が会場の外のトラックにビショフを押し込み、リング上では完全勝利を祝うECW軍が、歓喜のビールで復活を祝うという幕切れとなった。

第2回大会(2006年)WWE ECW's One Night Stand 2006[編集]

乱入を図った実況のジョーイ・スタイルズをローラーが制裁しようとした所を、背後からタズがタズミッションに捕えて決着。
  • カート・アングル・オープン・チャレンジ -Kurt Angle's Open Challenge-
カート・アングル(ECW) vs ランディ・オートン(WWE)●
試合後、ビッグ・ショーが乱入し、リングを一掃。
レイ・ミステリオ(c)(WWE) vs サブゥー(ECW)△
(レフェリーストップの為ノーコンテスト)
ジョン・シナ(c)(WWE) vs ロブ・ヴァン・ダム(ECW)○
エッジが乱入し、シナをスピアーでテーブル葬、そこからロブ・ヴァン・ダムがファイブスター・フロッグスプラッシュを決めて決着。

備考

  • スーパー・クレイジー、タジリ、田中将斗はそれぞれWWE、ハッスルZERO1-MAX所属(当時)であるが、3人とも元ECWのレスラーであったため、今回のWWE vs ECWの抗争には関わっていない。

第3回大会(2007年)WWE One Night Stand 2007[編集]

サンティーノ・マレラ vs クリス・マスターズ
  • ストレッチャー・マッチ -Stretcher Match-
ロブ・ヴァン・ダム vs ランディ・オートン
CMパンクECWオリジナルズトミー・ドリーマーサンドマン) vs ニュー・ブリードイライジャ・バーク,マット・ストライカーマーキス・コー・ヴァン)●
ザ・ハーディーズマット・ハーディージェフ・ハーディー)(c) vs ザ・ワールド・グレイテスト・タッグ・チーム(シェルトン・ベンジャミンチャーリー・ハース)●
マーク・ヘンリー vs ケイン
ミスター・マクマホン(c)(w / シェイン・マクマホンウマガ) vs ボビー・ラシュリー
  • プディング・マッチ -Pudding Match-
キャンディス vs メリーナ
エッジ(c) vs バティスタ
  • フォールズ・カウント・エニウェア・マッチ形式WWE王座戦 -Falls Count Anywhere Match for the WWE Championship-
ジョン・シナ(c) vs グレート・カリ

第4回大会(2008年)WWE One Night Stand 2008[編集]

  • ダーク・マッチ -Dark Match-
マット・ハーディー vs シェルトン・ベンジャミン
  • フォールズ・カウント・エニウェア・マッチ -Falls Count Anywhere Match-
ジェフ・ハーディー vs ウマガ
  • シンガポールケインマッチ形式ECW王座第一挑戦者決定戦 -Number One Contenders Singapore Cane Match for the ECW Championship-
ビッグ・ショー vs CMパンク vs ジョン・モリソン vs チャボ・ゲレロ vs トミー・ドリーマー
  • ファーストブラッドマッチ -First Blood Match-
ジョン・シナ vs JBL
ベス・フェニックス vs メリーナ
  • ストレッチャーマッチ -Stretcher Match-
バティスタ vs ショーン・マイケルズ
トリプルH(c) vs ランディ・オートン
エッジ vs ジ・アンダーテイカー
エッジが勝利し、空位となっていた世界ヘビー級王座を手に入れる。

外部リンク[編集]