レッスルマニア2000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レッスルマニア2000
公式大会曲 California
イベント詳細
シリーズ レッスルマニア
主催 WWF
開催年月日 2000年4月2日
開催地 アナハイム , カリフォルニア
会場 アローヘッド・ポンド・オブ・アナハイム
入場者数 19,776人[1]
PPV購入数 82万5千件[1][2]
PPV年表
ノー・ウェイ・アウト (2000) レッスルマニア2000 バックラッシュ (2000)
レッスルマニア年表
レッスルマニアXV レッスルマニア2000 レッスルマニアX-Seven

レッスルマニア2000WrestleMania 2000、時系列としてはレッスルマニア16―シックスティーン)は、2000年4月2日にアメリカ合衆国のプロレス団体WWE(当時はWWF)が開催した年間最大の興行およびPPVの名称である。

概要[編集]

  • 史上初のトリプル・ラダーマッチが行われ、後にWWEから発売されたレッスルマニアXXのDVD特典に収録されている、WWEのスーパースター達が選ぶレッスルマニア名勝負トップ10において2位にランクインし、プロレスリング・イラストレーテッド紙においても2000年度の年間最高試合に選出されている。[3]また、この試合形式は後のTLCマッチへと受け継がれた。
  • メインイベントのWWF王座戦では終盤、ビンス・マクマホンが突如ザ・ロックを裏切り椅子で襲撃、トリプルHの勝利を援護した。レッスルマニア史上メインイベントでヒールの選手が勝利したことは初めてであり、結果的にレッスルマニア初のバッドエンディングとなった。

結果[編集]

優勝者ハードコア・ホーリー
以下出場者一覧 ハードコア・ホーリークラッシュ・ホーリー (c)、タズヴィセラジョーイ・アブスロドニーピート・ガスTAKAみちのくフナキスラッシャーモッシュブラッドショーファルーク
ピンフォールされたスーパースター ピンフォールしたスーパースター 時間
クラッシュ・ホーリー タズ 0:26
タズ ヴィセラ 0:59
ヴィセラ フナキ 7:14
フナキ ロドニー 8:10
ロドニー ジョーイ・アブス 8:24
ジョーイ・アブス スラッシャー 8:44
スラッシャー ピート・ガス 9:29
ピート・ガス タズ 10:15
タズ クラッシュ・ホーリー 14:19
クラッシュ・ホーリー ハードコア・ホーリー 14:58
ダッドリー・ボーイズ (ババ・レイ・ダッドリー&ディーボン・ダッドリー) (c) vs ハーディー・ボーイズ (マット・ハーディー&ジェフ・ハーディー) vs エッジ&クリスチャン
  • キャットファイト・マッチ -Catfight Match- スペシャル・レフェリー:バル・ビーナス
テリー (w / ファビュラス・ムーラ) vs ザ・キャット ( w / メイ・ヤング) ●
カート・アングル (c) vs ○クリス・ベノワ vs クリス・ジェリコ
クリス・ベノワがインターコンチネンタル王座を獲得
カート・アングル (c) vs ○クリス・ジェリコ vs クリス・ベノワ●
クリス・ジェリコが欧州王座を獲得
  • フェイタル4ウェイ・エリミネーション・マッチ形式WWF王座戦 -Fatal Four Way Elimination Match for the WWF Championship-
トリプルH (c) (w / ステファニー・マクマホン・ヘルムスリー) vs ザ・ロック (w / ビンス・マクマホン) vs ミック・フォーリー (w / リンダ・マクマホン) vs ビッグ・ショー (w / シェイン・マクマホン)
退場順 スーパースター 退場させたスーパースター
1 ビッグ・ショー ザ・ロック
2 ミック・フォーリー トリプルH
3 ザ・ロック トリプルH
勝者 トリプルH

出典[編集]