レッスルマニアVII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レッスルマニアVII
サブタイトル "Superstars and Stripes Forever"
イベント詳細
シリーズ レッスルマニア
主催 WWF
開催年月日 1991年3月24日
開催地 ロサンゼルス , カリフォルニア
会場 ロサンゼルス・メモリアル・スポーツ・アリーナ
入場者数 16,185人
PPV年表
ロイヤルランブル (1991) レッスルマニアVII サマースラム (1991)
レッスルマニア年表
レッスルマニアVI レッスルマニアVII レッスルマニアVIII

レッスルマニアVII(―セヴンWrestleMania VII)は、1991年3月24日にアメリカ合衆国のプロレス団体WWE(当時はWWF)が開催した年間最大の興行およびPPVの名称である。

概要[編集]

レッスルマニアVIIでは、2つのビッグマッチが組まれた。まず、当時アメリカと開戦中であったイラクに(設定上)心を売ったWWF王者のスローターに対してホーガンが挑むメインイベント。ホーガンはロイヤルランブルで優勝し、オールアメリカンとしての王座挑戦となった。また、前年のレッスルマニアでホーガンを破りWWFの看板選手になったウォリアーと、彼が王座陥落をしたきっかけになったサベージの因縁の一戦(ロイヤルランブルでのサベージによる乱入・王杖での頭部への攻撃で、ウォリアーはスローターに敗北)も実現した。

他にも、億万長者のデビアスに対し、彼の召使であったバージルが反旗を翻し一矢報いた試合や、蛇男ロバーツと元AWA王者のマーテルとの「目隠しマッチ」なる特異な試合も組まれた。

  • 当時のWWFがSWSと業務提携していたこともあり、SWSのエースである天龍源一郎北尾光司が日本人として初めてレッスルマニアに出場し、同時にデモリッションを相手に勝利している。両名は本大会までにWWFには未登場であったため、当日の試合前には紹介のインタビューが流された。

結果[編集]

  • ダーク・マッチ -Dark Match-
ココ・B・ウェア vs ブルックリン・ブローラー
ハート・ファウンデーション (ブレット・ハート&ジム・ナイドハート) (c) vs ナスティ・ボーイズ (ブライアン・ノッブス&ジェリー・サッグス) (w / ジミー・ハート)○
  • 目隠し戦 -Blindfold Match-
ジェイク "ザ・スネーク" ロバーツ vs リック "ザ・モデル" マーテル
  • 敗者引退マッチ -Retirement Match-
アルティメット・ウォリアー vs ランディ・サベージ (w / センセーショナル・シェリー)●
ミスター・パーフェクト (c) (w / ボビー・ヒーナン) vs ビッグ・ボスマン
反則裁定のため王座移動せず
サージェント・スローター (c) (w / ジェネラル・アドナン) vs ハルク・ホーガン