レッスルマニアIX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レッスルマニアIX
サブタイトル "An Event of Epic Proportions"
イベント詳細
シリーズ レッスルマニア
主催 WWF
開催年月日 1993年4月4日
開催地 ラスベガス , ネバダ
会場 シーザーズ・パレス
入場者数 16,891人
PPV年表
ロイヤルランブル (1993) レッスルマニアIX キング・オブ・ザ・リング (1993)
レッスルマニア年表
レッスルマニアVIII レッスルマニアIX レッスルマニアX

レッスルマニアIX(―ナインWrestleMania IX)は、1993年4月4日にアメリカ合衆国のプロレス団体WWE(当時はWWF)が開催した年間最大の興行およびPPVの名称である。

概要[編集]

レッスルマニアIXは、ブレット・ハートとハルク・ホーガンを中心とした2つのストーリーを中心に構築された。まず、WWFタッグ王者、インターコンチネンタル王者と順調にサクセスストーリーを進み、遂にはリック・フレアーを破ってWWF王者になったブレット・ハートに対し、ロイヤルランブルを圧倒的パワーで制したヨコヅナが挑戦するという一戦。そして、長期間リングから遠ざかっていたハルク・ホーガンの復帰戦がタッグマッチで実現し、対戦相手はWWFで長年ホーガンのライバルとして君臨しお互い手の内を知るテッド・デビアスが務めた。

  • ヨコズナはWWFデビューから約5ヶ月でレッスルマニアのメイン戦出場と、史上最速の記録達成であった。
  • ホーガンが片目に青あざを作って試合出場をしているが、ホーガンとサベージの元妻の不倫を知ったランディ・サベージに殴られてしまった為である。ストーリーラインとは全く関係がない私生活の出来事である。[1][2]
  • 当初はバンバン・ビガロとカマラの試合が組まれていたが、直前になって説明無しでキャンセルされた

結果[編集]

  • ダーク・マッチ -Dark match-
ティト・サンタナ vs パパ・シャンゴ
ショーン・マイケルズ (c) (w / ルナ・バション) vs タタンカ (w / センセーショナル・シェリー) ○
ショーン・マイケルズのカウントアウト負けのため王座移動は無し
○マネー・インク (テッド・デビアス&IRS) (c) vs ザ・メガマニアックス (ハルク・ホーガン&ブルータス "ザ・バーバー" ビーフケーキ) (w / ジミー・ハート) ●
ジャイアント・ゴンザレスの反則負け
ブレット "ヒットマン" ハート (c) vs ヨコズナ (w / ミスター・フジ & ジム・コルネット) ○
●ヨコズナ (c) (w / ミスター・フジ & ジム・コルネット) vs ハルク・ホーガン○

出典[編集]