フル・ブラッデッド・イタリアンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リトル・グイドー(左)とトニー・ママルーク(ECWアリーナにて)

フル・ブラッデッド・イタリアンズFull Blooded Italians)は、アメリカ合衆国のプロレス団体ECWおよびWWEで活動していたプロレスラーのユニットである。その英語の頭文字を取ってF.B.I.と呼ばれる。

意訳すると純血イタリア軍団。ECW時代はリトル・グイドー、WWE移籍後はナンジオを名乗るジェームズ・マリタートを中心として結成されていた。

来歴[編集]

ECW時代[編集]

1996年イタリア系アメリカ人であるリトル・グイドーヴァル・プッシオ、そして黒人レスラーのJ・T・スミスのトリオで結成された。黒人選手がメンバーであるように、初期は従来のアメリカン・プロレスにおける民族ギミックのパロディ的な要素も持っていた(J・T・スミスはイタリア人を自称しておきながら、イタリアのアイスクリームであるジェラートを「薬の名前」などと言ったこともある)。

その後も、トレイシー・スマザーズマネージャー"ザ・ビッグ・ドン" トミー・リッチドイツ人レスラーのウルフ・ハーマンなどが、実際の民族的バックボーンに関わりなくユニットに参入(トレイシー・スマザーズは、自身のホームタウンであるテネシー州ナッシュビルをイタリアの都市だと主張し、出身地を "Nashville, Italy" としていた)。実際にイタリア系の出自を持つ選手では、巨漢のビッグ・グイドー(マイケル・サントーニ・ジュニア)がリトル・グイドーの弟と称し用心棒役で一時メンバーに加入したほか、ECW末期はトニー・ママルークがリトル・グイドーのパートナーとなり、2000年8月26日にECWタッグ王座を獲得した[1]

なお、2005年に行われた『ECWワン・ナイト・スタンド』において、ジェームズ・マリタートがリトル・グイドーの旧リングネームで出場した際、当時のF.B.I.メンバーの一部は彼のセコンドとして登場している。

WWE時代[編集]

ECW崩壊後、リトル・グイドーはナンジオとリングネームを変更してWWEに移籍。2003年2月、スマックダウンにてリキシと対戦して敗れた際、「ファミリー」の力でリキシにリベンジを果たす。そのときリベンジに加わったのが、同じくイタリア系アメリカ人であるチャック・パルンボジョニー・スタンボリーで、この3人によりF.B.I.は再結成された。ストリート・マフィアをイメージしたプロモーション映像も製作され、ジ・アンダーテイカーとの抗争などヒールの主力チームとなって活躍。後にベビーフェイスに転向して人気を得るも、パルンボのRAW移籍、およびスタンボリーの解雇によりWWE版のF.B.I.は2004年11月に解散した。

2005年6月12日の『ECWワン・ナイト・スタンド』ではECW時代のメンバーで限定復活。同年8月、ナンジオはヴィトーのアシストにより、ポール・ロンドンからWWEクルーザー級王座を奪取した[2]。以後、両者はタッグを組んでメキシクールズと抗争を展開。F.B.I.のチーム名を用いることはなかったが、イタリア系の出自を全面にアピールするなど、F.B.I.のニューバージョンと位置付けられた。

2006年6月、WWEがECWを第3のブランドとして復活させると、リトル・グイドー・マリタート、トニー・ママルーク、ビッグ・グイドー、女子レスラーのトリニティー(ステファニー・フィノキオ)によって再々結成された。

獲得タイトル[編集]

ECW
JAPW
  • JAPWタッグ王座 : 1回(リトル・グイドー&トレイシー・スマザーズ)
WWE

入場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ECW World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月1日閲覧。
  2. ^ Cruiserweight - Nunzio”. WWE.com. 2011年5月1日閲覧。
  3. ^ History of the Cruiserweight Championship”. WWE.com. 2011年5月1日閲覧。

外部リンク[編集]