ハーディー・ボーイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハーディー・ボーイズThe Hardy Boyz)は、アメリカ合衆国プロレス団体WWEに所属するプロレスラータッグチームの名称。本稿ではハーディー・ボーイズ並びにメンバー追加後の名称チーム・エクストリームTeam Xtreme)について扱う。

来歴[編集]

(左)ジェフ、(右)マット

ハーディー・ボーイズのメンバーは、実の兄弟であるマット・ハーディーおよびジェフ・ハーディーの2名から構成される。チームのデビューは1998年9月27日のSunday Night HEAT、相手は当時WWF(後のWWE)で名前が知られていたタッグチームであるカイエンタイ(MEN'Sテイオーフナキのチーム)であった。カイエンタイに対して衝撃的な勝利を収め、ファンの注目が集まった。その後、ガングレルと「ニュー・ブルード」というチームを組んだ。ニュー・ブルード解散後エッジクリスチャンのタッグチームと抗争を開始。抗争を通じてWWFタッグ王座を獲得する。

1999年に、チームにディーヴァリタが加わる。この時からチームにチーム・エクストリームを用いるようになる。エッジ&クリスチャンや、ダッドリー・ボーイズらの様に、WWEにおいてTLC戦などのハードコアマッチを得意とするチームの1つとして有名であった。2002年の2リーグ制発足後は揃ってRAWに所属したが、その後、リタがドラマの撮影中に負傷し離脱。さらにジェフがジ・アンダーテイカーとのラダー・マッチで高評価を受けた事をきっかけにシングルプレイヤーとして売り出される事となり、マットがスマックダウンに移籍した事でチームは解散した。その後、ジェフは2003年に素行不良のためにWWEを解雇、TNAに移籍。マットは「マッティテュードVer.1.0」なるキャラクターを確立し、シングルプレイヤーとして活躍した。

2006年8月にジェフがWWEに復帰、同年のサバイバー・シリーズでハーディー・ボーイズが再結成される。その後、両者はシングルプレーヤーとして再び袂を分かち別々の番組に所属するが、共同PPVなどでは一時的に再結成し試合を行っている。

2009年1月のロイヤルランブルで行われたジェフのWWE王座防衛戦に介入したマットがジェフを椅子で殴打し、王座陥落したことをきっかけに兄弟による抗争を開始。レッスルマニアのエクストリームルールによる兄弟対決をマットが、バックラッシュのアイクイット戦をジェフが制する。ジェフがエッジの世界ヘビー級王座に挑戦したジャッジメント・デイでは客席からマットがギプスでジェフを殴打し、王座獲得を阻んだ。それからマットが約2か月の欠場を経て、ジェフの世界ヘビー級王座防衛戦で特別レフェリーとして復帰。挑戦者だったCMパンクに誤爆されてジェフの勝利をアシストし、翌週パンクに襲撃されていたジェフを救出してベビーターンした。その翌週ジョン・モリソンと共にハーディーズとして試合に臨んだ。そのさらに翌週にはジェフがパンクとの敗者追放金網戦に敗れてWWEを退団するため、WWEのハーディーズとして試合に出場したのはこれが最後となった。

その後はTNAで一夜限りの復活。更に自分たちで復活させたOCW(オメガ・チャンピオンシップ・レスリング)やインディー団体等で出場している。

2014年6月26日(7月31日放送)、マットがTNAに復帰し、ハーディー・ボーイズが再結成。TNA世界タッグ王座戦でザ・ウルブスと対戦するものの敗れた。

得意技[編集]

フィニッシャー。マットがツイスト・オブ・フェイトで敵を倒し、倒れている相手にジェフがスワントーンボムを放つ。
  • ポエトリー・イン・モーション
相手をコーナーでグロッキー状態にし、マットが四つん這い状態で踏み台となり、ジェフがその背中をジャンプ台にして相手にダイブしていく。場外にいる敵に向かって、トップロープを越えつつ放つバージョンや世界タッグチーム王座10チームバトルロイヤルでは、コーナー上にいる相手にドロップキックを放った。
  • イベント・オメガ
ジェフ、マットがそれぞれ対角線上のコーナーのトップロープもしくはラダーへ上り、リング中央に倒れている相手に対してジェフはボディ・スプラッシュ、マットはレッグ・ドロップを浴びせる技である。
  • ダブルオーシャンサイクロンスープレックス
アティテュード末期に使っていた技。白川デスドロップの元祖は彼らである。
  • ネックブリーカー&パワーボム
2007年頃に使っていた技。マットが相手の体を持ち上げた後、コーナー上にいるジェフに足を渡し、ネックブリーカーとパワーボムを同時に放つ。
  • ラダー攻撃

マネージャー[編集]

入場テーマ[編集]

  • Loaded(WWE時代の使用曲。シングルではジェフが使用。現在でもOCWを中心に使用。)
  • Reptillian(現在のTNAの使用曲。ジェフがかつて使ったものをマットがシングルでも使用。)

タイトル履歴[編集]

WWF/WWE
WCW
  • WCWタッグ王座 : 1回
OMEGA Pro Wrestling
  • OMEGA Pro Wrestlingタッグ王座 : 1回
その他
  • NWA 2000タッグ王座 : 1回

エピソード[編集]

  • 兄弟ともにテレビ番組に出演することがある。
  • ラダーは彼らの代名詞でもあるため、ラダーマッチに出場すると大歓声が上がる。
  • インディー団体OCW(旧名OMEGA)は彼らが学生時代に友人達と立ち上げたものであり、団体の顔役を担っていた。またWWEに所属していたリタ、シャノン・ムーア、グレゴリー・ヘルムズ(ザ・ハリケーン)もこの団体に出場していた。
  • 多くの怪我を抱えており、マットはこれが原因で満足なトレーニングが行えず肥満が目立っている。
  • 近年は私生活が乱れており、マットは飲酒運転や家庭内暴力、ジェフは薬物で問題を起こしている。

脚注[編集]