ハーディー・ボーイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーディー・ボーイズ
ハーディー・ボーイズの画像
プロフィール
リングネーム ザ・ハーディーズ
ハーディー・ボーイズ
ジングス・ブラザーズ
所属 TNA
デビュー 1998年
テンプレートを表示

ハーディー・ボーイズThe Hardy Boyz)は、アメリカ合衆国プロレス団体TNAに所属するプロレスラータッグチームである。WWEで数多くのシングル、タッグ王座を獲得。

来歴[編集]

WWE[編集]

初期は「ジングス・ブラザーズ」という名のチームで、主にジョバー役だった。「ハーディー・ボーイズ」としてのデビューは1998年9月27日のSunday Night HEAT、相手は当時WWF(後のWWE)で名前が知られていたタッグチームであるカイエンタイ(MEN'Sテイオーフナキのチーム)であった。カイエンタイに対して衝撃的な勝利を収め、ファンの注目が集まった。その後、ガングレルと「ニュー・ブルード」というチームを組んだ。ニュー・ブルード解散後エッジクリスチャンのタッグチームと抗争を開始。抗争を通じてWWFタッグ王座を獲得する。

1999年に、チームにディーヴァリタが加わる。この時からチームにチーム・エクストリームを用いるようになる。エッジ&クリスチャンや、ダッドリー・ボーイズらの様に、WWEにおいてTLC戦などのハードコアマッチを得意とするチームの1つとして有名であった。2002年の2リーグ制発足後は揃ってRAWに所属したが、その後、リタがドラマの撮影中に負傷し離脱。さらにジェフがジ・アンダーテイカーとのラダー・マッチで高評価を受けた事をきっかけにシングルプレイヤーとして売り出される事となり、マットがスマックダウンに移籍した事でチームは解散した。その後、ジェフは2003年に素行不良のためにWWEを解雇、TNAに移籍。マットは「マッティテュードVer.1.0」なるキャラクターを確立し、シングルプレイヤーとして活躍した。

2006年8月にジェフがWWEに復帰、同年のサバイバー・シリーズでハーディー・ボーイズが再結成される。その後、両者はシングルプレーヤーとして再び袂を分かち別々の番組に所属するが、共同PPVなどでは一時的に再結成し試合を行っている。

2009年1月のロイヤルランブルで行われたジェフのWWE王座防衛戦に介入したマットがジェフを椅子で殴打し、王座陥落したことをきっかけに兄弟による抗争を開始。レッスルマニアのエクストリームルールによる兄弟対決をマットが、バックラッシュのアイクイット戦をジェフが制する。ジェフがエッジの世界ヘビー級王座に挑戦したジャッジメント・デイでは客席からマットがギプスでジェフを殴打し、王座獲得を阻んだ。それからマットが約2か月の欠場を経て、ジェフの世界ヘビー級王座防衛戦で特別レフェリーとして復帰。挑戦者だったCMパンクに誤爆されてジェフの勝利をアシストし、翌週パンクに襲撃されていたジェフを救出してベビーターンした。その翌週ジョン・モリソンと共にハーディーズとして試合に臨んだ。そのさらに翌週にはジェフがパンクとの敗者追放金網戦に敗れてWWEを退団するため、WWEのハーディーズとして試合に出場したのはこれが最後となった。

TNA[編集]

ジェフが先にTNAに復帰。マットも入団したため、再結成されるかと思われたが組んだのは一夜限り。しばらくしてマットが解雇されたため本格的な再結成は無くなった。ただしインディー団体等では組んで出場している。

2014年6月26日(7月31日放送)、マットがTNAに復帰し、本格的に再結成。TNA世界タッグ王座戦でザ・ウルブスと対戦するものの敗れた[1]。その後もチーム3Dも加わる形でタッグ路線に突入。同年に行われたTNA世界タッグチーム王座ナンバー1コンデンタートーナメントにも優勝。2015年3月16日にTNA世界タッグチーム王座獲得。

得意技[編集]

ポエトリー・イン・モーション
  • エクストリーム・コンビネーション
フィニッシュ・ムーブ。マットがツイスト・オブ・フェイトで敵を倒し、倒れている相手にジェフがスワントーンボムを放つ。
アティテュード時代では、リタがツイスト・オブ・フェイトやムーンサルトプレスで代用することがあった。
  • ポエトリー・イン・モーション
マットが踏み台になり、ジェフがその背中を踏んで相手にレッグラリアットを浴びせる。場外に向かってトップロープを越えつつ放ったりすることもある。
マット以外でもブリー・レイとのタッグで披露したり、シングルでは椅子や鉄階段を踏み台にして放つ時も。
  • イベント・オメガ
マット、ジェフがそれぞれ対角線上のコーナーのトップロープもしくはラダーへ上り、リング中央に倒れている相手に対してマットはダイビングレッグドロップ、ジェフはボディ・スプラッシュを浴びせる技。
  • ダブルオーシャンサイクロンスープレックス
倒れている相手の足をそれぞれ片方ずつ持って、回転させて叩きつける。
  • フィスト・ドロップ&セントーン
エルボー攻撃で相手を倒した後すかさずマットがフィスト・ドロップ、ジェフがセントーンを相手に喰らわせる。
  • ネックブリーカー&パワーボム
マットが相手の体を持ち上げた後、コーナー上にいるジェフに足を渡し、ネックブリーカーとパワーボムを同時に放つ。

マネージャー[編集]

入場テーマ[編集]

  • Loaded(WWEでの使用曲。インディー団体でも使用している。)
  • Reptillian(TNAでの使用曲。)

タイトル[編集]

エピソード[編集]

  • ラダーは彼らの代名詞でもあるため、ラダーマッチに出場すると大歓声が上がる。
  • マットは高いレスリングセンスで試合を盛り上げるタイプ、ジェフは華麗かつ過激な空中殺法で人気を博すタイプである。
  • インディー団体OCW(旧名オメガ)は彼らが学生時代に友人達と立ち上げたものであり、団体の顔役を担っていた。またWWEに所属していたリタ、シャノン・ムーアグレゴリー・ヘルムズ(ザ・ハリケーン)もこの団体に出場しており、彼らはプライベートでも仲が良く、現在でも「The Hardy Show」という番組制作を共に手掛けている。
  • WWE在籍時や解雇後の私生活はかなり乱れており、マットは飲酒運転や家庭内暴力、ジェフは薬物や遅刻で問題を起こしている。(近年はなくなっている。)
  • 兄弟共に多くの怪我を抱えており、マットはこれが原因で満足なトレーニングが行えず肥満が目立っている。
  • アティテュード時代は盛り上がった際に着ている服を脱ぐパフォーマンスは現在ジェフのみやっている。
  • 両方結婚しており、ジェフには娘がいる。また、マットにも子供が産まれてくる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ IMPACT Wrestling #525 - Destination X CageMatch、2014年6月26日閲覧。

外部リンク[編集]