デビッド・キャッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キッド・キャッシュ
Kid Kash at HRT's Banned in the USA.jpg
プロフィール
リングネーム キッド・キャッシュ
デビッド・キャッシュ
デビッド・ジェリコ
デビッド・タイラー
クロウ
デイビー・モートン
デイビー・モートン・タイラー・ジェリコ
デイビー・パザーノ
本名 デビッド・キャッシュ
ニックネーム ミスターTNA
ノートリアス・キッド
身長 175cm
体重 92kg
誕生日 1969年7月31日(45歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バージニア州ウェインズボロ
トレーナー リッキー・モートン
ティム・オーナー
デビュー 1990年
テンプレートを表示

デビッド・キャッシュDavid Cash1969年7月31日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーバージニア州ウェインズボロ出身。キッド・キャッシュ(Kid Kash)のリングネームで知られる[1]

来歴[編集]

キャリア初期[編集]

1990年ロックンロール・エクスプレスで有名なリッキー・モートンに師事し、プロレスラーデビューを果たす。リングネームを多種に渡り使用するがデビッド・ジェリコDavid Jericho)名義で落ち着きメリーランド州を拠点とするMCW(Maryland Championship Wrestling)、サウスカロライナ州を拠点とするPWF(Pro Wrestling Federation)などのアメリカ東部のインディー団体で活動。

ECW[編集]

1996年10月、ECWに入団するが勝利に恵まれず1998年4月に活動の舞台をWWFに移しWWFライトヘビー級王座戦線に加わりWWFライトヘビー級王者であるTAKAみちのくへの挑戦、トゥー・マッチブライアン・クリストファー & スコッティ・2・ホッティ)と短期抗争するが故障により早い期間で出場機会を失い退団。

1999年6月、ECWに復帰。9月よりリングネームをキッド・キャッシュ(Kid Kash)へと変更。田尻義博スペル・クレイジーリトル・グイドーといったレスラー達と小兵ながらも無尽蔵に動き回る3wayダンスで一躍観客からの支持を得る。タッグ戦線でもノヴァクリス・チェッティとトリオユニットを結成してダップスダニー・ドーリング & ロードキルと抗争を展開。2000年8月26日、ECW on TNNにてECW世界TV王座を保持するライノに挑戦して勝利し、ベルトを奪取。王座戴冠後、9月9日、ECW Hardcore TVにてライノにベルトを奪取され抗争へと発展するが2001年1月、ECWは崩壊する事になった。

TNA[編集]

ECW崩壊後、WCWフロリダ州のXWF(X Wrestling Federation)などに転戦。

2002年8月、TNAと契約を交わし入団。TNA X王座戦線においてECW時代の経験からラダーマッチイリミネーション・テーブルマッチなどのハードコアマッチに適応して活躍。2003年2月12日、TNA X王座を保持するソニー・シアキに挑戦して勝利し、ベルトを奪取した。

2004年2月、ダラスとタッグを結成して3月24日より開始されたNWA世界タッグ王座争奪トーナメントに出場。決勝まで進出し、クリストファー・ダニエルズ & ロウ・キーと対戦して勝利し、優勝と同時に王座を戴冠した。4月14日、ディーロ・ブラウン & グラン・アポロに敗戦してベルトを奪取されるも同月21日に再戦を行い勝利してベルトを奪い返した。タッグ戦線のトップとして活躍していたが、TNAに対する批判が多かった事により2005年4月19日、TNAから解雇となった[2]

WWE[編集]

TNA解雇後、5月にWWEと契約を交わし入団。6月10日にはWWEがECW One Night Stand 2005を開催する前にアンチテーゼを唱えたシェーン・ダグラスが先手を打って開催したECWリユニオンイベントであるHardcore Homecomingに参戦。2・コールド・スコーピオと対戦するが敗戦した。同月19日、WWEの前座番組であるHEATにてタジリと対戦するが敗戦。9月より傘下団体であるDSWへと降格。10月にWWEへと昇格後、SmackDown!のロースターへと登録されWWEクルーザー級王座戦線で活動。12月18日、PPVであるArmageddon 2005にてWWEクルーザー級王座を保持するフベントゥに挑戦して勝利し、王座を奪取した。

2006年3月、ジェイミー・ノーブルピットブルズPitbulls)なる狂犬タッグチームを結成し、SmackDown!の前座番組であるVelocityで活動するが素行不良により9月27日にWWEから解雇された。

インディー団体[編集]

2012年、TNA

WWE解雇後、2007年よりアイルランドのIWW(Irish Whip Wrestling)、テネシー州の(United States Wrestling Organization)、SAW(Showtime Allstar Wrestling)に参戦。2010年8月8日、TNAのECWリユニオンPPVであるHardcore Justiceにてサイモン・ダイアモンド & ジョニー・スウィンガーと組んでFBI(グイドー・マリタート & トニー・ルーク & トレイシー・スマザーズ)と対戦するが敗戦した。

TNA[編集]

2011年6月、TNAと再契約を交わして復帰。TNA X-Division王座戦線にてオースチン・エリーズとベルト争いを展開するが奪取するに至らなかった。2012年11月15日、TNA X-Division王座を保持し、ECW時代の盟友であるロブ・ヴァン・ダムに挑戦するがベルトを奪取するに至らなかった。

2013年2月2日、TNAから解雇となった[3]

その他[編集]

  • リングネームであるキッド・キャッシュ(Kid Kash)の由来としてアメリカのミュージシャン、キッド・ロックに容姿が似ている事からこのリングネームになった。またキャッシュの入場曲もキッド・ロックの代表曲である"Bawitdaba"に似せている。左腕に「過心」のタトゥーがある。

得意技[編集]

フィギュア・フォー・レッグロック
フィニッシャー。垂直落下式ブレーンバスター
WWE時代初期のフィニッシャー。ダブルアームパイルドライバー。
WWE時代終盤のフィニッシャー。筋肉バスター。
ボストンクラブ。正式な名称はキャッシュ・オン・デリバリー
コークスクリュー・セントーン
クレイドル・パイルドライバー

入場曲[編集]

  • Bawitdaba
  • Fuck That
  • KK Rocks
  • Misfit
  • Order of Chaos

獲得タイトル[編集]

TNA
WWE
ECW

他、アメリカのインディー団体を中心に多数のベルトを獲得。

脚注[編集]

  1. ^ Kid Kash”. Online World of Wrestling. 2014年4月28日閲覧。
  2. ^ Kid Kash released from TNA”. SLAM! Wrestling. 2004年4月20日閲覧。
  3. ^ Kid Kash does a 180 on whether he is still working for TNA, TNA heading back to NC”. SLAM! Wrestling. 2013年2月2日閲覧。

外部リンク[編集]