キャンディス・ミシェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャンディス・ミシェル
キャンディス・ミシェルの画像
プロフィール
リングネーム キャンディス・ミシェル
本名 キャンディス・ミシェル・ベックマン=エーリッヒ
身長 170cm
体重 59kg
誕生日 1978年9月30日(35歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ウィスコンシン州ミルウォーキー
トレーナー デイブ・フィンレー
アーン・アンダーソン
デビュー 2004年
テンプレートを表示

キャンディス・ミシェルCandice Michelle Beckman-Ehrlich1978年9月30日 - )はアメリカ合衆国の女子プロレスラーディーヴァウィスコンシン州ミルウォーキー出身。アメリカのプロレス団体WWEに所属していた。現在はフリー。

来歴[編集]

10代の頃からモデルとして、雑誌やテレビなど様々なメディアに出演する。その中にはヌードモデルやポルノ映画への出演も含まれる。

2004年に行われたディーヴァサーチで最終の10人には選ばれなかったがその後WWEと契約を交わす。契約直後は試合以外で何度かRAWに出演していたがその後トレーニングを重ね試合にも出るようになる。

2005年6月にSmackDown!に移籍するが8月にRAWに戻り、トリー・ウィルソンビクトリアと共に2005年のディーヴァサーチの優勝者のアシュリーをいじめるヒールキャラとなる。その後トリッシュ・ストラタスミッキー・ジェームスがアシュリーに付き抗争を繰り広げる。

2006年になるとトリーと仲間割れし、ビクトリアと共にトリーと対立する。7月にはビクトリアと対立しベビーターンする。その後リタなどと抗争するが10月27日のRAWで負傷し、戦線離脱する。

2007年ニュー・イヤーズ・レボリューションで復帰し、ミッキー対ビクトリアの女子王座戦でビクトリアに加勢しようとしたメリーナマリアと共に排除し、ミッキーの王座防衛をアシストする。1月22日のRAWでミッキーと組み、復帰戦を行いビクトリア&メリーナ組に勝利する。 復帰後はメリーナと抗争を開始し、6月のヴェンジェンスでメリーナから女子王座を奪取する。その後は何度か王座を防衛するが10月のWWE・ノー・マーシーベス・フェニックスに敗れ王座を失う。10月22日のRAWで鎖骨を骨折し、欠場する。

2008年2月18日のRAWで復帰する。3月17日に復帰後の初試合を行い、復帰戦を勝利で飾る。しかし試合中左肩を負傷し、またも欠場となる。レッスルマニア24に出場が決まっていたが怪我のためアシュリーが代理で出場となる。そして9月1日のRAWで復帰し、復帰戦で勝利する。10月のノー・マーシーで女子王者のベス・フェニックスに挑むも王座奪取とはならなかった。その後もベビーとして活動する。

2009年になってからは試合よりバックステージの映像や他のディーヴァのサポートといった形での出場が多くなる。その後足首を負傷し、出場が予定されていた4月5日レッスルマニア25のディーヴァ・バトルロイヤルには優勝者へのプレゼンターとして出場する。 その後追加ドラフトでSmackDown!へ移籍が決定するが移籍後SmackDown!に登場することなく6月19日に解雇される。

WWE所属時はディーヴァとして活動する傍らPLAYBOYの表紙を飾ったり、テレビなど様々なメディアに出演するなどWWE以外での活動も盛んであった。

得意技[編集]

キャンディラッパー
クリスチャンのキル・スイッチ(アンプリティアー)と同じように捕らえ、後ろに倒れこまずヘッドロックで捕らえ、ジャンプしてブルドッグに移る。
フライング・ヒール・キック

獲得タイトル[編集]

入場曲[編集]

  • What Love is

外部リンク[編集]