アーン・アンダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーン・アンダーソン
アーン・アンダーソンの画像
Arn Anderson in 2014
プロフィール
リングネーム アーン・アンダーソン
スーパー・オリンピア
マーティー・ルンディ
本名 Marty Anthony Lunde
ニックネーム ミネソタの難破船
AA(ダブルA)
ジ・エンフォーサー
身長 185cm
体重 116kg
誕生日 1958年9月20日(56歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジョージア州ローム
所属 WWERAWエージェント
トレーナー テッド・アレン
デビュー 1982年1月
引退 1997年
テンプレートを表示

アーン・アンダーソンArn Anderson1958年9月20日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラー、現在はWWERAWシニア・プロデューサージョージア州ローム出身。本名はマーティー・アンソニー・ルンディMarty Anthony Lunde)。愛称は「AA(ダブルA)」、ニックネームはジ・エンフォーサー(殺し屋)。

いわゆる「仕事人」タイプの実力者であり、シングルプレイヤーでの活躍以上に、タッグチームやユニット「フォー・ホースメン」の一員としての実績で知られ、数々のタッグ王座を獲得している。リック・フレアーとは年齢は離れているものの親友の間柄であり、WCWWWEではフレアーの右腕として活躍した。

来歴[編集]

1982年1月に本名のマーティー・ルンディ名義でデビューし、アラバマのSECW(CCW)で活動。1983年よりジョージアGCWに転戦し、ブッカーのオレイ・アンダーソンに誘われてアーン・アンダーソンに改名。1960年代から1970年代にかけて一世を風靡したアンダーソン兄弟(ジンラーズ、オレイ)の末弟となり、伝統のタッグ・ユニット「ミネソタ・レッキング・クルー」をオレイと共に再結成する。これは単純にアーンの風貌がオレイとよく似ていた、ということが理由だった。

その後、GCWがノースカロライナNWAミッドアトランティック地区(ジム・クロケット・プロモーションズ)と合併すると、1986年リック・フレアータリー・ブランチャードらとのヒール軍団「フォー・ホースメン」を結成。同地区のタイトルを独占するなど、プロレス史に残る名ユニットの一員として活躍した。なお、フォー・ホースメンというユニット名はアーンが命名している[1]

タリー・ブランチャード(後方)とのブレーン・バスターズ

1987年にオレイがホースメンを離脱し、レックス・ルガーが新しく加入、翌1988年からはルガーと入れ替わりにバリー・ウインダムがメンバーとなるが、同年10月にアーンはタリー・ブランチャードと共にWWFに移籍する(これに伴いホースメンは事実上解散)。WWFではボビー・ヒーナンマネージャーに、ブランチャードとのタッグチーム「ブレーン・バスターズ」で活躍。1989年7月にはデモリッションアックス&スマッシュ)を破り、WWF世界タッグ王座を獲得した[2]

1989年末、NWA(ジム・クロケット・プロモーションを買収したWCW)に復帰。翌1990年1月、グレート・ムタからNWA世界TV王座を奪取する[3]1991年9月にはラリー・ズビスコとの「ジ・エンフォーサーズ」でWCW世界タッグ王座を獲得した[4]。以降はポール・E・デンジャラスリーのデンジャラス・アライアンスに加入。その後、WWFから復帰してきたフレアーとフォー・ホースメンを再結成し、1993年8月には新メンバーのポール・ローマとのコンビで世界タッグ王座に返り咲いた[4]

しかし、アンダーソン事件(後述)による負傷のため、この新生ホースメンも解体を余儀なくされる。1994年の復帰後はテリー・ファンク"スタニング" スティーブ・オースチンとも共闘するが、一旦バッシュ・アット・ザ・ビーチの前に仲間割れをする。しかし、これはダスティン・ローデスを嵌めるための作戦であったので、すぐに元に戻る。1997年に首の故障により引退。引退後はWCWのロード・エージェントを担当し、フレアー不在のフォー・ホースメンの指揮を執っていたこともある。WCWのバックステージでは、派閥争いの関係で冷遇されていた。

2001年のWCW崩壊後はWWFに迎えられ、引き続きロード・エージェントとして活動。近年も時折WWEの番組に出演することがある。2012年にはフレアー、タリー・ブランチャード、バリー・ウインダムおよびマネージャーのJ・J・ディロンと共に、フォー・ホースメンとしてWWE殿堂に迎えられた。

アンダーソン事件[編集]

1993年10月28日、イギリス遠征中のホテル内でのラウンジでシッド・ビシャスと諍いを起こし(ビシャスの度重なる大言壮語をアンダーソンが戒めたことによる)、逆上したビシャスにハサミで胸部や腹部など10数箇所を刺される大怪我を負った[5][6]。これを俗にアンダーソン事件Arn Anderson's stabbing incident)という。これはビシャスがステロイド剤の使用で情緒不安定になっており、自分の感情をコントロールできなかったことがわかっている。

得意技[編集]

この技の代名詞的な使い手であり、WWEでは現在でもよく「ダブルAばりのスパイン・バスター!!」という表現が使われる。
ブレーンバスターの体勢から前方に落とす、ゴートバスターとも呼ばれる型。

獲得タイトル[編集]

SECW
GCW
JCP / WCW
獲得したTV王座4回ともすべて1月という珍しい記録である。
WWE

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ リック・フレアー、キース・エリオット・グリーンバーグ共著『リック・フレアー自伝 トゥー・ビー・ザ・マン』P216(2004年、エンターブレインISBN 4757721536
  2. ^ History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年6月19日閲覧。
  3. ^ NWA World Television Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月19日閲覧。
  4. ^ a b WCW World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月19日閲覧。
  5. ^ ショーン・アセール、マイク・ムーニハム共著『WWEの独裁者-ビンス・マクマホンとアメリカン・プロレスの真実』P179-181(2004年、ベースボール・マガジン社ISBN 4583037880
  6. ^ Wrestler Profiles: Sid Vicious”. Online World of Wrestling. 2010年6月19日閲覧。

外部リンク[編集]