ザ・ブラックジャックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザ・ブラックジャックスThe Blackjacks)は、1970年代から1980年代にかけてアメリカ合衆国を中心に活躍したプロレスタッグチームカウボーイギミックプロレスラーであるブラックジャック・マリガンブラックジャック・ランザによって組まれた。

メンバー[編集]

概要[編集]

1971年AWA圏で結成される。もともとマリガンはビッグ・ボブ・ウインダム、ランザはカウボーイ・ジャック・ランザのリングネームでベビーフェイスのポジションにいたが、黒い口髭に黒いテンガロンハット、黒い革ベスト、黒いウエスタンブーツ、そして右掌には黒い革手袋(ブラックジャック)と、西部劇の悪漢をイメージした黒ずくめのカウボーイ系ヒールとしてブレイクした。

1971年にはインディアナポリスのWWAで、1975年にはニューヨークWWWF(現・WWE)で世界タッグ王座を獲得。生まれ故郷のテキサスからカナダまで各地を転戦し、1970年代のアメリカ・マット界を代表する売れっ子タッグチームとなる[1]1976年にチームを解散してからは、マリガンはシングルプレイヤーに転向してNWA傘下団体やWWFで活躍。ランザはAWAに戻ってボビー・ダンカンを新パートナーにAWA世界タッグ王座を獲得するなど、それぞれ成功を収めた。その後、1984年にAWAでチームを再結成。かつてのようなヒールではなく、ベビーフェイスのベテラン・コンビとして活躍した。

両者とも、右掌の革手袋を利用したクロー攻撃を得意としていた。2006年4月1日にはWWE殿堂に迎えられている。

ニュー・ブラックジャックス[編集]

ブラックジャックスは1997年にWWFでリメイクされている。メンバーはマリガンの長男バリー・ウインダムとジャスティン・ブラッドショー(後にランザの義理の甥となるジョン・レイフィールド)で、チーム名も「ニュー・ブラックジャックス(The New Blackjacks)」と名付けられた。2人とも大型のテキサンでありビジュアル面でもマリガンとランザを踏襲していたが[2]、オリジナル・ブラックジャックスのような成功は掴めず短期間で解散した。

エピソード[編集]

マネージャー[編集]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Blackjack Mulligan Interview”. Mid-Atlantic Gateway. 2009年4月7日閲覧。
  2. ^ Tag Team Profiles: The NEW Blackjacks”. Online World of Wrestling. 2010年11月3日閲覧。
  3. ^ WWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  4. ^ NWA American Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  5. ^ NWA Texas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  6. ^ History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月8日閲覧。
  7. ^ WWWF-WWF-WWE World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月1日閲覧。

外部リンク[編集]