ピーター・メイビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーター・メイビア
プロフィール
リングネーム "ハイ・チーフ" ピーター・メイビア
本名 ファネネ・ピタ・メイビア
ニックネーム サモアの大酋長
身長 180cm
体重 125kg(全盛時)
誕生日 1937年4月6日
死亡日 1982年6月13日(満45歳没)
出身地 アメリカ領サモアの旗 アメリカ領サモア
トレーナー スティーブ・リッカード
デビュー 1960年代初頭
テンプレートを表示

ピーター・メイビア"High Chief" Peter Maivia1937年4月6日 - 1982年6月13日)は、アメリカ領サモア出身のプロレスラー。本名はファネネ・ピタ・メイビアFanene Leifi Pita Maivia)、より原音に近い表記は「マイヴィア」。生年は1935年説もある。

WWEハリウッドで活躍するドウェイン "ザ・ロック" ジョンソンの祖父として知られる。下腹部から大腿部にかけて一面に彫られたサモア民族の入れ墨"ハイ・チーフ" のシンボルとしていた。

来歴[編集]

ニュージーランドのプロモーター兼レスラーであるスティーブ・リッカードのトレーニングを受け、1960年代初頭にプロレスラーとしてデビュー。 1964年、カンガルー・ケネディを破りNWAオーストラレージアン・ヘビー級王座を獲得。ヨーロッパにも遠征し、1966年には悪役で出演した映画『007は二度死ぬ』の撮影で日本を訪れている[1]

1968年よりハワイに進出し、ジム・ハーディーとのコンビでキング・カーティス・イヤウケア&リッパー・コリンズからNWAハワイ・タッグ王座を奪取。以降、同王座を4回に渡って獲得している[2]。同年11月、国際プロレスの第1回IWAワールド・シリーズに来日。予選リーグ戦で対戦したビル・ロビンソンとはリングを離れてもストリートファイトを演じた(ロビンソンは、この時にメイビアに目玉をくり抜かれて隻眼になったとされる場合があるが、自著によると少年時代の怪我で片方の眼球を損傷していたという[3])。シリーズ中はジョージ・ゴーディエンコと組んで豊登&サンダー杉山のTWWA世界タッグ王座にも挑戦している。

1969年アメリカ本土のサンフランシスコ地区に上陸し、レイ・スティーブンスのパートナーとなってNWA世界タッグ王座に載冠[4]1971年7月31日には同地区のフラッグシップ・タイトルであるUSヘビー級王座をポール・デマルコから奪取している[5]。以降もハワイとサンフランシスコを主戦場として往復しつつ、南部テキサス州ダラス地区にも進出。1975年10月にジョン・トロスを破りテキサス・ヘビー級王座を獲得した(メイビアの戴冠後、同王座は空位となり、新王者には後に娘婿となるロッキー・ジョンソンが認定された)[6]1976年ミネソタAWAに参戦、11月にニック・ボックウィンクルAWA世界ヘビー級王座に連続挑戦している[7]

1977年ニューヨークWWWF(現・WWE)に登場。当初はサモアの王族ギミックベビーフェイスとして、当時の悪党王者スーパースター・ビリー・グラハムと抗争。インディアン・ギミックのチーフ・ジェイ・ストロンボーとのチーフ・コンビも人気を呼んだ。1978年ボブ・バックランドがグラハムを破り新王者になってからもバックランドの盟友として活躍していたが、同年11月、バックランドを裏切ってヒールに転向。フレッド・ブラッシーマネージャーに迎え、MSG定期戦においてバックランドのWWFヘビー級王座に3カ月連続で挑戦している(3度目の挑戦となる1979年1月22日の定期戦では、スチール・ケージ・マッチによる決着戦が行われた)[8]

この間、1978年6月にWWFとの提携ルートで新日本プロレスに参戦し、10年ぶりの来日を果たす。7月24日には広島ヘイスタック・カルホーンと組んで坂口征二&ストロング小林北米タッグ王座に挑戦。新日本にはバックランドとの抗争終結後の翌1979年4月にも来日し、MSGシリーズ第2回大会に出場したが、予選トーナメントで長州力に敗れ、決勝リーグ進出は果たせなかった。同年9月にはニュージーランドでハーリー・レイスNWA世界ヘビー級王座に連続挑戦[9]、王座奪取はならなかったものの、流血の死闘を演じてレイスを追い込んでいる。

1980年代に入るとハワイでプロモーターとして活動。現役選手としても、1981年5月にロサンゼルス地区でビクター・リベラからアメリカス・ヘビー級王座を奪取し健在ぶりをアピールしたが[10]1982年6月13日、ハワイ・ホノルル市内の病院でのため死去[11]。45歳没。2008年にはWWE殿堂に迎えられ、孫のザ・ロックがインダクター(プレゼンター)を務めた。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAオールスター・プロレスリング
  • NWAオーストラレージアン・ヘビー級王座:2回
  • NWAニュージーランド・ヘビー級王座:1回
NWAミッドパシフィック・プロモーションズ
NWAビッグタイム・レスリング
  • NWAテキサス・ヘビー級王座:1回
NWAサンフランシスコ
NWAハリウッド・レスリング
  • NWAアメリカス・ヘビー級王座:1回
WWE

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『THE WRESTLER BEST 1000』P181(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ NWA Hawaii Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  3. ^ 『人間風車ビル・ロビンソン自伝 - 高円寺のレスリング・マスター』P180-182(2004年、エンターブレインISBN 4757720823
  4. ^ NWA World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  5. ^ NWA United States Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  6. ^ NWA Texas Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  7. ^ The Records of AWA World Heavyweight Championship Matches 1976”. Wrestling-Titles.com. 2010年11月17日閲覧。
  8. ^ WWE Specific Arena Results: MSG 1970-1979”. The History of WWE. 2009年5月29日閲覧。
  9. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1979”. Wrestling-Titles.com. 2010年11月17日閲覧。
  10. ^ NWA Americas Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  11. ^ Find A Grave: Peter Maivia”. Find A Grave.com. 2010年4月8日閲覧。

外部リンク[編集]