オーエン・ハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーエン・ハート
オーエン・ハートの画像
プロフィール
リングネーム オーエン・ハート
ブルー・ブレイザー
ブルー・エンジェル
"ザ・ロケット" オーエン・ハート
本名 オーエン・ジェイムズ・ハート
ニックネーム キング・オブ・ハーツ
ブラック・ハート
イナフ・イズ・イナフ
ザ・ロケット
カルガリーの天才児
カナダの赤獅子
身長 180cm
体重 103kg
誕生日 1965年5月7日
死亡日 1999年5月23日(満34歳没)
出身地 カナダの旗 カナダ
アルバータ州カルガリー
トレーナー スチュ・ハート
デビュー 1986年
テンプレートを表示

オーエン・ハートOwen James Hart1965年5月7日 - 1999年5月23日)は、カナダアルバータ州カルガリー出身のプロレスラープロレスの名門ハート・ファミリーの出身で、父はスチュ・ハート。12人兄弟の末っ子で、兄にブレット・ハートなどがいる。

来歴[編集]

大学を中退後、1986年5月24日にプロレスラーとしてデビュー。2年後には新日本プロレスに参戦。山田恵一馳浩らと名勝負を繰り広げ、IWGPジュニアヘビー級王座も獲得している。

1988年WWF(現・WWE)と契約。ブルー・ブレイザーThe Blue Blazer)という鳥をモチーフとしたスーパーヒーローのギミックを与えられ、マスクマンに扮しての登場であった。同年のレッスルマニア登場以降、一旦WWFを離脱。各地のインディー団体を主戦場とした。

1991年にWWFと再契約。素顔のオーエン・ハートとしてWWFに登場するようになる。以降、1990年代全般に渡ってWWFに定着し、ココ・B・ウェアとのタッグチーム「ハイ・エナジー」、兄たちと共に「ハート4兄弟」としてのサバイバー・シリーズへの登場、ヒール転向後の兄ブレットとの抗争、また義兄ジム・ナイドハートデイビーボーイ・スミスとのタッグなどで活躍。ハルク・ホーガンの離脱などWWFの有力レスラーが次々とWCWに引き抜かれ、WWFが倒産寸前まで追い込まれた時期は、ブレットやショーン・マイケルズらと共に団体を支えた。また、ハート・ファウンデーションの一員であったが、モントリオール事件以降もWWFに残留した。

1999年に入り、WWFデビュー時のギミックであるブルー・ブレイザーを復活させた。同年5月23日、ミズーリ州カンザスシティで開催されたPPV "オーバー・ジ・エッジ" において、天井から吊るされて入場する予定であったがワイヤが外れて転落、リングに叩きつけられた。この事故が原因で同日死去した。

事故の翌日に放映されたRAWは、オーエンを追悼する内容となり(Raw is Owenとして放送)、多くのレスラーが弔意を示した。また兄のブレットはビンス・マクマホンを責め、事故後もPPV収録を継続したことに対しての批判も集まった。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

WWF
新日本プロレス
USWA
  • USWAユニファイド世界ヘビー級王座 : 1回
その他
  • 英連邦ヘビー級王座 : 1回

外部リンク[編集]