ワイルド・サモアンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザ・ワイルド・サモアンズThe Wild Samoans)は、かつてアメリカ合衆国で活動したプロレスタッグチーム東サモア諸島出身のプロレスラーアファ・アノアイシカ・アノアイの兄弟で結成された。

原住民スタイルのバーバリアンヒールとして北米の主要テリトリーで活躍し、日本では「南海の獣人」の異名で呼ばれた。

メンバー[編集]

アファ・アノアイAfa Anoa'i1942年11月21日 - )

シカ・アノアイSika Anoa'i1945年4月5日 - )

  • ワイルド・サモアン2号。身長188cm、体重130kg。アファの実弟。

1983年から1984年にかけては、WWFにおいてアファの息子サムラ・アノアイSamula Anoa'i)もサモアン3号としてメンバーに加わっていた。

来歴[編集]

少年時代に一家でカリフォルニア州サンフランシスコに移住し、兄のアファアメリカ海兵隊除隊後の1971年にプロレスラーとしてデビュー[1][2]。後に弟のシカもデビューし、スチュ・ハートの主宰するカナダカルガリースタンピード・レスリングにてザ・サモアンズThe Samoans)を結成。1973年にはシャチ横内&ヤス藤井の日本人コンビとインターナショナル・タッグ王座を争った[3]

1975年にはジ・アイランダーズThe Islanders)のチーム名でザ・シークの牛耳るNWAデトロイト地区に参戦し、同地区認定のNWA世界タッグ王座を2度に渡って獲得[4]1976年からはテネシーアラバマなど南部で活動、アラバマではリップ・タイラー&エディ・サリバンを相手にガルフ・コースト・タッグ王座を争った[5]

1977年6月、チーム名をサモアンズに戻して国際プロレスに初来日。キラー・トーア・カマタジプシー・ジョーミスター・ヒトと共闘し、ラッシャー木村をはじめ日本陣営と流血戦を繰り広げた。翌1978年1月の再来日ではグレート草津&アニマル浜口からIWA世界タッグ王座を奪取[6]1979年3月の来日でも、新王者チームの浜口&マイティ井上に再挑戦している。

1979年10月より、ニューヨークWWFに登場。キャプテン・ルー・アルバーノマネージャーに迎え、1980年4月12日にフィラデルフィアにてイワン・プトスキー&ティト・サンタナを破り、WWFタッグ王座を獲得した[7]。8月9日にシェイ・スタジアムで開催されたビッグイベント『ショーダウン・アット・シェイ』にてボブ・バックランド&ペドロ・モラレスの頂上コンビに王座を奪われるが、2冠王となったバックランドがタイトルを返上。1カ月後の9月9日に行われた王者チーム決定戦でトニー・ガレア&レネ・グレイを下し王座に返り咲き、11月8日にガレア&リック・マーテルに敗れるまで戴冠した[7]

1981年1月、WWFとの提携ルートで新日本プロレスに来日、坂口征二&長州力の保持する北米タッグ王座に2度に渡って挑戦した。同年11月の第2回MSGタッグリーグ戦にも出場したが、負傷により途中で欠場している。同年、アメリカではビル・ワットのMSWAで活動、ディック・マードック&ジャンクヤード・ドッグとミッドサウス・タッグ王座を争った[8]1982年ジム・バーネットジョージア・チャンピオンシップ・レスリングに参戦し、8月29日にファビュラス・フリーバーズマイケル・ヘイズテリー・ゴディからNWAナショナル・タッグ王座を奪取している[9]

1983年よりWWFに再登場。3月8日にチーフ・ジェイ・ストロンボー&ジュールズ・ストロンボーインディアンチームを破り、WWFタッグ王座への3度目の戴冠を果たす[7][10]。11月15日にロッキー・ジョンソン&トニー・アトラスの黒人コンビにタイトルを奪われてからは、マネージャーのアルバーノと仲間割れしてベビーフェイスに転向。アルバーノが新しくマネージメントするノース・サウス・コネクションのディック・マードック&アドリアン・アドニスと抗争した[11]

1984年の下期、一時WWFを離れてチームを解散。以降はそれぞれ単独でWWFに登場し、シカは1986年から1988年にかけてヒールのシングル・プレイヤーとして前座戦線で活動。アファは1992年から1994年まで、息子のサムゥと甥のファトゥザ・ヘッドシュリンカーズThe Headshrinkers)のマネージャーを務めていた。

1990年代に引退し、ペンシルベニア州アレンタウンにてプロレスラー養成所ワイルド・サモアン・トレーニング・センターThe Wild Samoan Training Center)を開設。ビリー・キッドマンジーン・スニツキーバティスタなどを輩出している。2007年には揃ってWWE殿堂に迎えられ、アファの息子サムラ・アノアイとシカの息子マット・アノアイがインダクターを務めた。

獲得タイトル[編集]

スタンピード・レスリング

NWA

CWA

  • AWA南部タッグ王座:1回 [13]

IWE

MSWA

  • ミッドサウス・タッグ王座:3回 [8]

WWE

脚注[編集]

  1. ^ Meet Afa the Wild Samoan”. Wild Samoan.com. 2010年10月15日閲覧。
  2. ^ Profil von Afa Anoai”. Cagematch.net. 2010年10月15日閲覧。
  3. ^ a b Stampede International Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月15日閲覧。
  4. ^ a b NWA World Tag Team Title History: Detroit version”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月15日閲覧。
  5. ^ a b NWA Gulf Coast Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月10日閲覧。
  6. ^ a b IWA World Tag Team Title History: IWE version”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月15日閲覧。
  7. ^ a b c d WWF Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月15日閲覧。
  8. ^ a b Mid-South Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月15日閲覧。
  9. ^ a b NWA National Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月15日閲覧。
  10. ^ History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年11月4日閲覧。
  11. ^ WWE Yearly Results 1984”. The History of WWE. 2010年10月15日閲覧。
  12. ^ NWA Canadian Tag Team Title History: Vancouver version”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月15日閲覧。
  13. ^ AWA Southern Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]