リック・ルード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リック・ルード
リック・ルードの画像
プロフィール
リングネーム リック・ルード
本名 リチャード・アーウィン・ルード
ニックネーム ラヴィシング
身長 191cm
体重 114g(全盛時)
誕生日 1958年12月7日
死亡日 1999年4月20日(満40歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州ロビンズデール
トレーナー エディ・シャーキー
デビュー 1983年
テンプレートを表示

"ラヴィシング" リック・ルード"Ravishing" Rick Rude)のリングネームで活躍したリチャード・アーウィン・ルードRichard Erwin Rood1958年12月7日 - 1999年4月20日)は、アメリカ合衆国プロレスラーミネソタ州ロビンズデール出身。

マッスルボディと腰をクネらせるパフォーマンスで知られる。「腰クネ」パフォーマンスは、一時期馳浩も好んで真似していた。また、対戦相手の情けない姿が描かれたロングタイツ(自身の似顔絵は端正に描かれている)もトレードマークだった。

来歴[編集]

アームレスリング全米チャンピオンを経て1983年にプロレスラーとしてデビュー。地元のミネソタカナダを転戦後、アメリカ南部を主戦場にヒールのポジションで活動。メンフィスCWAでは1984年6月11日にジェリー・ローラーからAWA南部ヘビー級王座を奪取し[1]、10月8日にはキングコング・バンディと組んでファビュラス・ワンズを破り同タッグ王座を獲得[2]フロリダCWFでは1985年1月16日にペッツ・ワトレーからNWA南部ヘビー級王座を[3]、4月16日にジェシー・バーとのコンビでジェイ・ヤングブラッド&マーク・ヤングブラッドからUSタッグ王座を奪取した[4]

ダラスWCCWでは1985年11月4日にキング・パーソンズを破りNWAアメリカン・ヘビー級王座を獲得[5]、翌1986年2月にはWCCWのNWA脱退によるタイトル名の改称に伴い、そのままWCWA世界ヘビー級王座の初代王者となっている[6]

1986年の下期からはジム・クロケット・ジュニア主宰のNWAミッドアトランティック地区に進出し、ヒール軍団のポール・ジョーンズ・アーミーに加入。レイジング・ブルことマニー・フェルナンデスとコンビを組み、12月6日にロックンロール・エクスプレスからNWA世界タッグ王座を奪取[7]、以降もロード・ウォリアーズとタイトルを争った。

1987年7月よりWWF(現・WWE)に参戦し、ボビー・ヒーナンマネージャーポール・オーンドーフジェイク・ロバーツと抗争。1988年1月9日には、ボストン・ガーデンにてハルク・ホーガンWWF世界ヘビー級王座に挑戦した[8]1989年アルティメット・ウォリアーと抗争を展開、4月2日開催のレッスルマニアVでウォリアーからWWFインターコンチンネンタル・ヘビー級王座を奪取している[9]

1990年WCWに移籍し、ポール・E・デンジャラスリーのデンジャラス・アライアンスに加入してリッキー・スティムボートらと抗争。1991年11月19日、スティングからWCW USヘビー級王座を奪取[10]1992年12月に負傷のためタイトルを返上するまで、ニキタ・コロフダスティン・ローデスを挑戦者に長期政権を築いた。復帰後の1993年リック・フレアーと抗争を展開、9月19日のPPV "Fall Brawl 1993" ではフレアーから勝利を収め[11]、「WCWインターナショナル世界ヘビー級王座」と改称されたフレアー・モデルのベルト(旧NWA世界ヘビー級王座および後のWWE版世界ヘビー級王座と同じベルト)を獲得している[12]

日本へは1991年7月に全日本プロレスに初来日。田上明からフォール勝ちを収めた。1992年8月には新日本プロレスに参戦し、G1クライマックス決勝戦で蝶野正洋に敗れるも準優勝。1994年馳浩らと激闘を繰り広げ活躍したが、1995年以降はセミリタイア状態となり、マネージャーに転向。

1997年にはECWに登場し、当時「ECW対WWF」の敵対アングルトミー・ドリーマーと抗争していたジェリー・ローラーとも結託。同年9月、ECWとの提携ルートでWWFに再登場。ショーン・マイケルズハンター・ハースト・ヘルムスリーチャイナらの第1次D-ジェネレーションXに保険会社のエージェントとして参画した。1998年には再度WCWへ移籍し、nWoに加わってカート・ヘニングのマネージャーを担当。WCWには同年の末まで在籍した。

1999年4月20日、心臓麻痺により急死。40歳没。レスラーデビューから一貫してヒールで活動し、ベビーフェイスを演じなかった数少ないレスラーだった。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

CWA
CWF
  • NWA南部ヘビー級王座(フロリダ版):2回[3]
  • NWA USタッグ王座(フロリダ版):1回(w / ジェシー・バー[4]
WCCW / WCWA
  • NWAアメリカン・ヘビー級王座 / WCWA世界ヘビー級王座:1回[5][6]
JCP
WWF
WCW

脚注[編集]

  1. ^ a b AWA Southern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年6月7日閲覧。
  2. ^ a b AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年6月7日閲覧。
  3. ^ a b NWA Southern Heavyweight Title: Florida version”. Wrestling-Titles.com. 2012年6月7日閲覧。
  4. ^ a b NWA United States Tag Team Title: Florida version”. Wrestling-Titles.com. 2012年6月7日閲覧。
  5. ^ a b NWA American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年6月7日閲覧。
  6. ^ a b WCWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年6月7日閲覧。
  7. ^ a b NWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月15日閲覧。
  8. ^ WWE Yearly Results 1988”. The History of WWE. 2010年9月15日閲覧。
  9. ^ a b History of the Intercontinental Championship”. WWE.com. 2010年9月15日閲覧。
  10. ^ a b WCW United States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月15日閲覧。
  11. ^ WCW Fall Brawl 1993”. pWw-Everything Wrestling. 2012年6月7日閲覧。
  12. ^ a b "WCW Intercontinental" World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]