ウィリアム・アフィルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディック・ザ・ブルーザー
プロフィール
リングネーム ディック・ザ・ブルーザー
ザ・ブルーザー
ブルーザー・アフィルス
ディック・アフィルス
本名 ウィリアム・リチャード・アフィルス
ニックネーム 生傷男
身長 185cm
体重 120kg(全盛時)
誕生日 1929年6月27日
死亡日 1991年11月10日(満62歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
インディアナ州の旗 インディアナ州
インディアナポリス
スポーツ歴 アメリカンフットボール
デビュー 1954年[1]
引退 1985年[1]
テンプレートを表示

ウィリアム・リチャード・アフィルスWilliam Richard Afflis1929年6月27日 - 1991年11月10日)は、アメリカ合衆国プロレスラーインディアナ州インディアナポリス出身。

ディック・ザ・ブルーザーDick the Bruiser)のリングネームで活躍し、その名の通りの荒っぽいファイトスタイルから、日本では「生傷男」の異名で呼ばれた。

主戦場としていたAWAとの提携のもと、本拠地のインディアナポリスにてWWAを主宰するなど、プロモーターとしても活動した。

来歴[編集]

シニアハイスクール時代からアメリカンフットボールで活躍し、インディアナ州ウェストラファイエットパデュー大学などを経て、1951年NFLグリーンベイ・パッカーズに入団した後、1954年にプロレス入り[1]。地元のインディアナを含む中西部地区を活動拠点に、1956年1月14日にはウィスコンシン州ミルウォーキーにてルー・テーズNWA世界ヘビー級王座に初挑戦した[2]

ヒールラフファイターとして殴る蹴るの喧嘩ファイトを押し通し、1957年にはWWWFの前身団体であるキャピトル・レスリング・コーポレーションに参戦[3]。11月19日にニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにてドクター・ジェリー・グラハムと組み、アントニオ・ロッカ&エドワード・カーペンティアと対戦したが、興奮した観客が暴動を起こし[4]、最終的にはニューヨーク州のアスレチック・コミッションから追放処分を受けている(後述[5]

中西部地区では1957年12月13日、ウイルバー・スナイダーを下してデトロイト版のUSヘビー級王座を獲得[6]。以降、1960年代初頭にかけて、スナイダー、バーン・ガニアカウボーイ・ボブ・エリスボボ・ブラジルフリッツ・フォン・エリックらを相手にタイトルを争った[6]1963年7月15日にはハワイにてカーティス・イヤウケアを破り、ハワイ版のUSヘビー級王座も奪取している[7]。その後、AWAにて同タイプのクラッシャー・リソワスキータッグチームを組み、1963年8月20日にクラッシャーとのコンビでAWA世界タッグ王座を獲得した[8]

1964年4月22日にはロサンゼルスワールド・レスリング・アソシエーション(ワールドワイド・レスリング・アソシエーツ)にてフレッド・ブラッシーからWWA世界ヘビー級王座を奪取[9]。同年、自身の団体ワールド・レスリング・アソシエーションをインディアナポリスに設立。ロサンゼルス版WWA王座を獲得した同日に、自らをインディアナポリス版WWAの初代世界ヘビー級王者に認定する[10]。ロサンゼルス版のWWA世界ヘビー級王座は同年7月22日にザ・デストロイヤーに敗れて失ったものの[9]、インディアナポリスではベビーフェイスの団体エース兼オーナーとして活躍し、1965年にはジョニー・バレンタインジン・キニスキーとインディアナポリス版のWWA世界ヘビー級王座を争った[10]

AWAでもベビーフェイスのポジションに回り、1966年11月12日にはネブラスカ州オマハにてマッドドッグ・バションを破りAWA世界ヘビー級王座を獲得している[11]。クラッシャー・リソワスキーとのタッグでも、ラリー・ヘニング&ハーリー・レイスクリス・マルコフ&アンジェロ・ポッフォ、マッドドッグ・バション&ブッチャー・バションミツ・アラカワ&ドクター・モトなどのチームと抗争を繰り広げ、1968年12月28日にはイリノイ州シカゴにて、当時AWAとWWAの両世界タッグ王者チームだったアラカワ&モトを下し、二冠を手中にした[8][12]

以降、1970年代全般に渡り、インディアナポリスのWWAおよび提携団体のAWAを股にかけて活躍。WWAではフラッグシップ・タイトルのWWA世界ヘビー級王座を巡り、ザ・シークブラックジャック・ランザブラックジャック・マリガンバロン・フォン・ラシクオックス・ベーカーアーニー・ラッドガイ・ミッチェルイワン・コロフらと抗争を展開[13]NWAの総本山だったミズーリ州セントルイスキール・オーディトリアムにも再三出場し、ドリー・ファンク・ジュニア、ハーリー・レイス、ジャック・ブリスコテリー・ファンクら歴代のNWA世界ヘビー級王者に挑戦した[13]

WWWFから参戦してきたアンドレ・ザ・ジャイアントブルーノ・サンマルチノともタッグを組み、1973年7月21日にサンマルチノをパートナーにバロン・フォン・ラシク&アーニー・ラッドからWWA世界タッグ王座を奪取、翌1974年にはバリアント・ブラザーズとタイトルを争った[12]。盟友クラッシャー・リソワスキーとのコンビではザ・ブラックジャックステキサス・アウトローズなどの強豪チームとの抗争を経て、1975年8月16日にシカゴにてニック・ボックウィンクル&レイ・スティーブンスを破り、AWA世界タッグ王座に返り咲いている[8]。同年9月20日にはインディアナポリスにてジャック・グレイ&ザリノフ・ルブーフのザ・リージョネアーズからWWA世界タッグ王座も奪取、再び二冠王となり、WWA王座は翌1976年3月13日にオックス・ベーカー&チャック・オコーナー、AWA王座は同年7月23日にブラックジャック・ランザ&ボビー・ダンカンに敗れるまで保持した[8][12]

その後はシングルでの活動に注力し、NWAセントルイス地区では1978年7月14日にディック・マードックからNWAミズーリ・ヘビー級王座を奪取[14]。AWAではニック・ボックウィンクルのAWA世界ヘビー級王座に再三挑戦し、本拠地のWWAでは1979年から1980年にかけて、同じく「ブルーザー」をリングネームとしていたキングコング・ブロディとWWA世界ヘビー級王座を賭けた抗争を展開した[10][15]1982年1月1日には、セントルイス地区のプロモーターだったサム・マソニックの引退興行にてケン・パテラを破り、NWAミズーリ・ヘビー級王座への通算3度目の戴冠を果たしている[14]。同年12月18日にはシカゴにて、当時AWAで大ブレイク中だったハルク・ホーガンともタッグを組んだ[16]

1983年からはセミリタイアの状態となるも、レジェンドとしてAWAのビッグマッチに登場。1984年にはクラッシャー・リソワスキーと久々にコンビを組み、3月4日にシカゴにてニック・ボックウィンクル&スタン・ハンセン、8月19日にはミルウォーキーにてロード・ウォリアーズと対戦[17]。翌1985年ファビュラス・フリーバーズとも度々対戦し[18]、9月28日にシカゴのコミスキー・パークで開催された "AWA SuperClash" ではクラッシャー&バロン・フォン・ラシクと組み、イワン・コロフ、ニキタ・コロフクラッシャー・クルスチェフザ・ラシアンズとの6人タッグマッチに出場した[19]

同年に現役を引退し[1]、プロモーターとしてWWAの運営に専念。グレート・ウォージョことグレッグ・ウォジョコウスキーやスコット・スタイナーなどを輩出したが、ビンス・マクマホン・ジュニア体制下のWWFによる全米侵攻の余波で観客動員が落ち込み、1980年代後半にWWAは活動を停止した[20]。その後はWCWにてタレント・エージェントとなって活動[1]1990年12月16日のスターケードでは、スティングブラック・スコーピオンスチール・ケージ・マッチにてスペシャル・ゲスト・レフェリーを務めた[21]

1991年11月10日食道の血管破裂により死去[1]。62歳没。

日本での活躍[編集]

1965年11月、日本プロレスに初来日。11月24日に大阪府立体育館にて、力道山の死後、空位となっていたインターナショナル・ヘビー級王座ジャイアント馬場と争った[22]。当時すでにアメリカではベビーフェイスに転向していたが、日本ではヒールのスタイルを押し通し、この王座決定戦でも3本勝負のうち2本で反則負けを取られ、馬場がストレート勝ちで第3代王者となるも、壮絶な暴れっぷりで馬場を蹂躙した[23]。3日後の11月27日には、蔵前国技館にて馬場の初防衛戦の相手を務めている(結果は1-1のタイスコアの後、両者リングアウトで馬場が防衛)[23]。以降、馬場の同王座には1968年2月28日に東京都体育館1969年8月12日に札幌中島スポーツセンターにて挑戦した[24]

タッグでは1968年2月26日、大阪にてアメリカでの宿敵ハーリー・レイスと組み、ジャイアント馬場&アントニオ猪木BI砲が保持していたインターナショナル・タッグ王座に挑戦。1969年8月11日には札幌にて、盟友クラッシャー・リソワスキーとのコンビでBI砲を破り、同王座を奪取している[25]。2日後にBI砲に奪還されたものの、この来日時がクラッシャーと組んでの「ブルクラ・コンビ」の日本初参戦であり、大きなインパクトを残した[26]

1972年11月にはAWAとの提携ルートでクラッシャーと共に国際プロレスに来日し、11月24日に岡山武道館にてストロング小林&グレート草津IWA世界タッグ王座に挑戦[27]。11月27日には愛知県体育館にて、小林&草津を相手に日本初の金網タッグデスマッチを行ったが、試合方式を「金網から先に脱出した方が勝ち」というアメリカ式のエスケープ・ルールと誤認、ダウンした小林と草津を残して場外に脱出し、そのまま控室に戻り無効試合になったため、怒った観客が暴動を起こし機動隊が出動するという騒ぎとなった[28]。この来日時、ブルーザーとクラッシャーは「WWA世界タッグ王者チーム」の触れ込みで参戦しており、この金網タッグデスマッチは小林と草津の挑戦を受けたWWA世界タッグ王座の防衛戦として行われ、11月30日には茨城県スポーツセンターにて、決着戦としてIWAとWWAの両タッグ王座のダブルタイトルマッチが組まれたが、この時点での実際のWWA世界タッグ王者チームはザ・ブラックジャックスであり、ブルーザーとクラッシャーはタイトルを保持していなかった[12](11月29日には東京都体育館にて、小林&マイティ井上との防衛戦も行われている)[27]

1975年4月に全日本プロレスに初登場し、4月10日に宮城県スポーツセンターにてジャイアント馬場のPWFヘビー級王座に挑戦[29]、両者の日本での久々の対戦が実現した(この来日前の2月6日、アメリカのカンザスシティでも馬場のPWF王座に挑戦している)[24]。AWAとWWAの両世界タッグ王座戴冠中の翌1976年1月にはクラッシャーとのコンビで全日本プロレスに再来日、1月26日に愛知県体育館、29日に東京都体育館にて、馬場&ジャンボ鶴田のインターナショナル・タッグ王座に連続挑戦している[30]

1980年3月、国際プロレスに久々に来日。日本プロレス以来となる大木金太郎との対戦が注目され、同時参戦していたモンゴリアン・ストンパーと組んでのラッシャー木村&大木とのタッグマッチや、「和製ブルーザー」と呼ばれたアニマル浜口とのシングルマッチも行われた[31]。これが最後の来日となり、日本マットには日本プロレスに3回、全日本プロレスと国際プロレスに各2回、通算7回参戦したが、いずれも1週間程度の特別参加という大物扱いだった[23]

逸話[編集]

生傷男の異名そのままに、「酒場の用心棒をしていた」などという定番的なフィクションも含め、数々の武勇伝を持つ[26]

得意技[編集]

パンチキック
ブルーザーの基本戦法であり、同時に彼の喧嘩屋としてのキャラクターを最大限に引き出すムーブでもあった。レスラー仲間の間でも「タフガイ」「化け物」と呼ばれ恐れられた打たれ強さを活かし、相手からの反撃を受けても構わずひたすら殴り、蹴るという豪快な喧嘩ファイトがブルーザー最大の見せ場だった。
ストンピング
相手の腹部などを大袈裟に振り上げた足で体重をかけて踏みつけ、さらに大声で怒鳴りつけながら相手を踏みにじる。
ダイビング・ニー・ドロップ
当時のプロレス界におけるトップロープからの攻撃の定番技。下記のアトミック・ボムズ・アウェイの布石として使われることも多かった。
アトミック・ボムズ・アウェイ(ダイビング・フットスタンプ)
トップロープから跳躍し、倒れた相手の腹部などを踏みつける、ブルーザー最大の必殺技。踏みつけ方には両足式と片足式の2種類があった。和名は「原爆落とし」だが、現在この呼称で呼ばれることは少ない。
凶器攻撃
ゴングロープ、実況席にある電話機など、会場内のありとあらゆるものを凶器として利用した。初来日時の1965年11月27日、蔵前国技館でのジャイアント馬場とのインターナショナル・ヘビー級王座戦の再戦において、リングサイドの床板を蹴破り、その破片で馬場に殴りかかったというエピソードは特に知られている[26]。また、クラッシャー・リソワスキーと同様にメリケンサックを隠し持っていたこともあった。

獲得タイトル[編集]

NWAデトロイト
NWAシカゴ
NWAミッドパシフィック・プロモーションズ
セントルイス・レスリング・クラブ
  • NWAミズーリ・ヘビー級王座:3回[14]
アメリカン・レスリング・アソシエーション
ワールド・レスリング・アソシエーション(ロサンゼルス)
ワールド・レスリング・アソシエーション(インディアナポリス)
日本プロレス

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Dick The Bruiser”. Online World of Wrestling. 2015年2月4日閲覧。
  2. ^ Dick the Bruiser vs. Lou Thesz”. Wrestlingdata.com. 2015年2月4日閲覧。
  3. ^ a b The CWC matches fought by Dick the Bruiser in 1957”. Wrestlingdata.com. 2015年2月4日閲覧。
  4. ^ a b 1957年11月19日「暴動一部始終、MSGの巻」”. プロレス桃源郷へのいざない. 2015年2月5日閲覧。
  5. ^ a b 『フレッド・ブラッシー自伝』P181-183(2003年、エンターブレインISBN 4757716923
  6. ^ a b c NWA United States Heavyweight Title [Detroit]”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月4日閲覧。
  7. ^ a b NWA United States Heavyweight Title [Hawaii]”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月11日閲覧。
  8. ^ a b c d e AWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年1月23日閲覧。
  9. ^ a b c WWA World Heavyweight Title [Los Angeles]”. Wrestling-Titles.com. 2015年1月23日閲覧。
  10. ^ a b c d WWA World Heavyweight Title [Indianapolis]”. Wrestling-Titles.com. 2015年1月23日閲覧。
  11. ^ a b AWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年1月23日閲覧。
  12. ^ a b c d e WWA World Tag Team Title [Indianapolis]”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月7日閲覧。
  13. ^ a b c Dick the Bruiser: Places”. Wrestlingdata.com. 2015年2月4日閲覧。
  14. ^ a b c NWA Missouri Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月4日閲覧。
  15. ^ The WWA matches fought by Dick the Bruiser in 1979”. Wrestlingdata.com. 2015年2月4日閲覧。
  16. ^ The AWA matches fought by Dick the Bruiser in 1982”. Wrestlingdata.com. 2015年2月4日閲覧。
  17. ^ The AWA matches fought by Dick the Bruiser in 1984”. Wrestlingdata.com. 2015年2月4日閲覧。
  18. ^ The AWA matches fought by Dick the Bruiser in 1985”. Wrestlingdata.com. 2015年2月4日閲覧。
  19. ^ AWA SuperClash”. Cagematch.net. 2015年2月4日閲覧。
  20. ^ World Wrestling Association”. Wrestling-Titles.com. 2013年8月26日閲覧。
  21. ^ NWA Starrcade 1990 - "Collision Course"”. Cagematch.net. 2015年2月5日閲覧。
  22. ^ a b NWA International Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月5日閲覧。
  23. ^ a b c d e 『THE WRESTLER BEST 1000』P12(1996年、日本スポーツ出版社
  24. ^ a b 『1945-1985 激動のスポーツ40年史 (6) プロレス 秘蔵写真で綴る激動史』P153、P158(1986年、ベースボール・マガジン社
  25. ^ NWA International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月5日閲覧。
  26. ^ a b c 『世界名レスラー100人伝説!!』P86-87(2003年、日本スポーツ出版社、監修:竹内宏介
  27. ^ a b The IWE matches fought by Dick the Bruiser in 1972”. Wrestlingdata.com. 2015年2月5日閲覧。
  28. ^ 『Gスピリッツ Vol.15』P73(2010年、辰巳出版ISBN 477780772X
  29. ^ AJPW 3rd Champion Carnival”. Cagematch.net. 2015年2月5日閲覧。
  30. ^ The AJPW matches fought by Dick the Bruiser in 1976”. Wrestlingdata.com. 2015年2月5日閲覧。
  31. ^ 『忘れじの国際プロレス』P99(2014年、ベースボール・マガジン社、ISBN 4583620802
  32. ^ The CWC matches fought by Dick the Bruiser in 1958”. Wrestlingdata.com. 2015年2月5日閲覧。
  33. ^ 『16文が行く (新装版) 』P87-88(1999年、ダイナミックセラーズ出版、ISBN 488493279X
  34. ^ AWA Chicago Stadium”. Cagematch.net. 2015年2月4日閲覧。
  35. ^ a b 『Gスピリッツ Vol.12』P14-15(2009年、辰巳出版、ISBN 477780772X
  36. ^ NWA United States Heavyweight Title [Chicago]”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月11日閲覧。
  37. ^ NWA World Tag Team Title [Illinois & Wisconsin]”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]