ゴリラ・モンスーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴリラ・モンスーン
プロフィール
リングネーム ゴリラ・モンスーン
ジノ・マレラ
ボブ・マレラ
本名 ロバート・ジェームズ・マレラ
ニックネーム 人間台風
マンチュリアン・ジャイアント
(The Manchurian Giant)
身長 196cm
体重 158kg(全盛時)
誕生日 1937年6月4日
死亡日 1999年10月6日(満62歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ロチェスター
スポーツ歴 レスリング
アメリカンフットボール
デビュー 1959年
引退 1980年
テンプレートを表示

ゴリラ・モンスーンGorilla Monsoon1937年6月4日 - 1999年10月6日)は、アメリカ合衆国プロレスラー。本名ロバート・ジェームズ・マレラRobert James Marella)、通称ジノ・マレラGino Marella)。ニューヨーク州ロチェスター出身のイタリア系アメリカ人

そのプロレスラーとしてのキャリアのほとんどをWWWFで過ごし、現役時代は196cm、158kgの体格を活かしたパワーファイターとして活躍。引退後もWWFでビンス・マクマホンの片腕として要職を務め、バックステージのコーディネーターやテレビ放送の実況アナウンサーを担当。生涯をWWEに捧げた。1994年WWE殿堂入り。日本でのニックネームは「人間台風」。  

来歴[編集]

現役時代[編集]

コーネル大学ではレスリング部のキャプテンを務め、1958年NCAAの全米大会で優勝[1]。その後もソビエト連邦への親善遠征チームのヘビー級代表になるなどして活躍した[1]。大学卒業後、その実績と体格を見込まれ、1959年ジノ・マレラの名でデビュー[2]1963年4月に日本プロレスに初来日。同年8月、旗揚げ間もないWWWF(現WWE)に移籍し、ビンス・マクマホン・シニアから「満州出身の元アジア王者」ゴリラ・モンスーンリングネームを与えられ、怪人ヒールに変身した[2]。モンスーンの由来は前述の「人間台風」(訳すとヒューマン・タイフーンとなる)がヒントになったという。

1963年10月、いきなりブルーノ・サンマルチノWWWF世界ヘビー級王座への挑戦者としてニューヨーク・デビュー。1か月後にはキラー・コワルスキーと組んでスカル・マーフィー&ブルート・バーナードを下しWWWF・USタッグ王座(世界タッグ王座の前身)に戴冠[3]。さらにその数日後には再びサンマルチノに挑み、60分フルタイムドローの熱戦を繰り広げた。USタッグ王座は1965年ビル・ワットとのコンビでも、ジン・キニスキー&ワルドー・フォン・エリックを破り再度獲得している[3]1968年にはオーストラリアに遠征し、スパイロス・アリオンからIWA世界ヘビー級王座を奪取した[4]

サンマルチノの最大のライバルとして活躍後の1969年ザ・シークに襲われたところを、その宿敵サンマルチノに助けられ、彼との「友情ストーリー」を経てベビーフェイスに転向した[2]。「満州出身」のプロフィールは削除され、ペドロ・モラレスがWWWF王者だった期間は、彼の通訳マネージャーとして活動。

1976年モハメド・アリアントニオ猪木の異種格闘技戦が決定すると(当時WWWFと新日本プロレスは提携関係にあった)、WWWFのリングに登場したアリに乱闘を仕掛け、エアプレーン・スピンを見舞っている[2]。また翌年にはアンドレ・ザ・ジャイアントボクシング・マッチを行った[2]1980年ケン・パテラとのインターコンチネンタル王座と自身の引退を賭けた試合に敗れ、マイケル・シクルナと引退試合を行い、リングを降りた[2]

引退後[編集]

ビンス・シニアとの友情と信頼により、1976年からWWWFの親会社キャピタル・コーポレーション・レスリングの役員を務めていたため、現役時代からバックステージではブッカー / プロデューサーの立場にあった[2]ブルーザー・ブロディがWWWFを離れたのもマレラと大喧嘩をしたためである(もっとも、ブロディは各地のプロモーターと必ずと言っていいほど軋轢を起こしており、結局それが原因で刺殺された)。

ビンス・マクマホンが父からWWFを買収した際には自身の持株も売り、その後は裏方の業務と並行して眼鏡がトレードマークの冷静な実況アナウンサーを務めるようになる。ジェシー・ベンチュラジョニー・バリアントボビー・ヒーナンといった「ヒール解説者」とのコンビで新時代のプロレスを聴覚面で担い、彼らとのコンビは後のプロレスの実況スタイルに多大な影響を与えた[5]

1993年、実況アナの席をWCWから移籍してきたジム・ロスに譲り、裏方に専念。リング上では「WWF会長」に就任した(前任はジャック・タニー)[5]レッスルマニア12でのブレット・ハートvsショーン・マイケルズアイアンマン・マッチでは、会長としてサドンデス式延長戦を命じている。また、『Metal』『Superstars』などの番組において、前座試合のコメンテーターとして再び放送席に座ることも度々あった。テレビ画面に最後に登場したのは1999年レッスルマニア15で、同年10月6日に腎不全により死去[5]。62歳没。

WWEでは今でも、いつも彼が陣取って指示を出していた入場ゲート裏をゴリラ・ゾーンと呼ぶ(後年、この席にはビンス・マクマホンが座った)[5]。人格者として多くの人に慕われ、2003年WWE殿堂入り式典では、当年殿堂入りしたボビー・ヒーナンが壇上スピーチで親友モンスーンへの想いを語った。

ニューヨークで、同じくサンマルチノのライバルとして活躍した、ジャイアント馬場とも親友の間柄であった。そのため、1974年にWWFが新日本プロレスと提携した際も、サンマルチノ同様、馬場との友情関係を理由に新日本への参戦を拒否し、全日本プロレスに出場し続けていた。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

WWWF / WWF
ワールド・レスリング・アソシエーション
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWC北米ヘビー級王座:2回[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『THE WRESTLER BEST 1000』P30(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c d e f g Gorilla Monsoon's Hall of Fame profile”. WWE.com. 2013年8月3日閲覧。
  3. ^ a b c WWWF United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年8月3日閲覧。
  4. ^ a b IWA World Heavyweight Title [Australia]”. Wrestling-Titles.com. 2013年8月3日閲覧。
  5. ^ a b c d Wrestler Profiles: Gorilla Monsoon”. Online World of Wrestling. 2013年8月3日閲覧。
  6. ^ WWA World Tag Team Title [Los Angeles]”. Wrestling-Titles.com. 2013年8月3日閲覧。
  7. ^ WWC North American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年8月3日閲覧。

外部リンク[編集]