ケリー・フォン・エリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケリー・フォン・エリック
プロフィール
リングネーム ケリー・フォン・エリック
本名 ケリー・ジーン・アドキッセン
ニックネーム テキサス・トルネード
The Modern Day Warrior
虎の爪
身長 191cm
体重 120kg
誕生日 1960年2月3日
死亡日 1993年2月18日(満33歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州バッファロー
トレーナー フリッツ・フォン・エリック
デビュー 1979年6月17日
テンプレートを表示

ケリー・フォン・エリックKerry Von Erich、本名:Kerry Gene Adkisson1960年2月3日 - 1993年2月18日)は、アメリカ合衆国プロレスラーニューヨーク州バッファロー出身。鉄の爪フリッツ・フォン・エリックの息子(四男。レスラーのフォン・エリック兄弟としては三男)。

WWF(現・WWE)ではテキサス・トルネードTexas Tornado)のニックネームでも活躍した。日本では「虎の爪」の異名を持つ。

娘のレイシー・フォン・エリックも女子プロレスラーであり、2007年にWWE傘下団体のFCWでデビューしている[1]

来歴[編集]

血筋を背負い1979年にプロレスラーとしてデビュー。父が主宰する地元ダラスのWCCW(World Class Championship Wrestling)を主戦場に、ベテランのアーニー・ラッドマーク・ルーインザ・グレート・カブキらに揉まれてキャリアを積み、同世代のジノ・ヘルナンデスキングコング・バンディファビュラス・フリーバーズらとの抗争を通し次代のスター候補として期待を寄せられる。

1983年1月23日にはミズーリ州セントルイスハーリー・レイスを破り、NWA世界王者への登竜門とされたミズーリ・ヘビー級王座を獲得[2]。同年3月に全日本プロレスに初来日している。

1984年5月6日、テキサス・スタジアムでの兄デビッド・フォン・エリックの追悼興行においてリック・フレアーを撃破、第67代NWA世界ヘビー級王者となる[3]。同年5月、王者として全日本プロレスに来日し、5月22日に東京でジャンボ鶴田の挑戦を退けるが、5月24日の横須賀で前王者フレアーに敗れて王座転落。

1985年10月からは新日本プロレスに来日するようになり、兄ケビンと組んで藤波辰巳&木村健吾のWWFインターナショナル・タッグ王座に挑戦している。翌年には前田日明とのシングルマッチも行われた。

1986年6月、オートバイ事故を起こし右足を切断する重傷を負う。一時は再起不能とされたが、義足を付けて1987年に奇跡的にカムバックを果たした(しかし、この事故によりペインキラー依存症となる)。

カムバック後の1988年には本拠地のWCCWにて、NWAアメリカン・ヘビー級王座の後継タイトルであるWCWA世界ヘビー級王座を獲得[4]。以降、当時のAWA世界ヘビー級王座ジェリー・ローラーと、王座統一を賭けた「テキサステネシー」の抗争を繰り広げた。タイトルは勝者ローラーによって統一され、1989年よりUSWAユニファイト世界ヘビー級王座と改称。WCCWもローラーとジェリー・ジャレットが主宰していたテネシーCWAとの合併でUSWAとして再出発するが、1990年9月に興行収益を巡るトラブルでテネシー派と袂を分かつ。

ケリーもUSWAを離れ、1990年夏よりWWFに参戦。8月27日のサマースラムではミスター・パーフェクトからインターコンチネンタル王座を奪取した[5]。WCCWでの盟友でもあったアルティメット・ウォリアーともタッグを組み、同年11月のサバイバー・シリーズではウォリアー&リージョン・オブ・ドゥームと "The Warriors" を結成して出場。WWFには1992年まで所属し、退団後はテキサスのインディー団体を転戦した。

1993年コカインの使用により起訴される。他のドラッグ使用による執行猶予中だったこともあり、2月18日に実刑を伴う有罪が確定。同日、自宅にて(当所では有罪が確定した人物には1日の執行猶予が与えられる)ピストルで自らの命を絶った[6][7]

2009年4月、フォン・エリック・ファミリーの一員としてWWE殿堂に迎えられた。

得意技[編集]

  • ディスカス・パンチ(学生時代に円盤投の選手だったことを応用した回転パンチ。WWFでは「トルネード・パンチ」と呼ばれた)
  • タイガー・クロー(アイアンクロー

獲得タイトル[編集]

NWA
WCCW
WWE
その他
  • USWFテキサス・ヘビー級王座:1回

フォン・エリック・ファミリー[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリッツ・フォン・エリック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャック・アドキッセン・ジュニア
(幼少期に死去)
 
ケビン・フォン・エリック
 
デビッド・フォン・エリック
 
ケリー・フォン・エリック
 
マイク・フォン・エリック
 
クリス・フォン・エリック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロス・フォン・エリック
 
マーシャル・フォン・エリック
 
 
 
レイシー・フォン・エリック

脚注[編集]

  1. ^ Women's Wrestler Profiles: Lacey Von Erich”. Online World of Wrestling. 2012年8月18日閲覧。
  2. ^ NWA Missouri Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年8月18日閲覧。
  3. ^ NWA World Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年8月18日閲覧。
  4. ^ WCWA World Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年8月18日閲覧。
  5. ^ History of the Intercontinental Championship”. WWE.com. 2012年8月18日閲覧。
  6. ^ Who's who in the Von Erich Family?”. About.com. 2012年8月18日閲覧。
  7. ^ Wrestler Profiles: Kerry Von Erich”. Online World of Wrestling. 2012年8月18日閲覧。

外部リンク[編集]