ドルフ・ジグラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドルフ・ジグラー
ドルフ・ジグラーの画像
プロフィール
リングネーム ドルフ・ジグラー
ニッキー
本名 ニコラス・セオドア・ネメス
ニックネーム ザ・ショーオフ
ザ・ナチュラル
身長 183cm
体重 97kg
誕生日 1980年7月27日(34歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オハイオ州の旗 オハイオ州
クリーブランド
所属 WWE
スポーツ歴 レスリング
トレーナー OVW
スティーブ・カーン
トム・プリチャード
ランス・ストーム
テンプレートを表示

ニック・ネメスNick Nemeth1980年7月27日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーオハイオ州クリーブランド出身。身長183cm、体重97kg。現在WWERAWに所属しており、ドルフ・ジグラーDolph Ziggler)のリングネームで活躍中。

来歴[編集]

高校、ケント州立大学時代はアマレスで活躍。2004年にWWEとディベロップメント契約を交わし、OVWで約1年ほど活動する。2005年の9月には当時白人至上主義の上流階級ギミックのカーウィン・ホワイトという名で活動していたチャボ・ゲレロの付き人役として登場し、チャボと共に活動する。しかし同年の11月にエディ・ゲレロが死亡し、それを受けてチャボがリングネームを本名に戻したため、活動の場を失いOVWへ送り返されることとなった。

スピリット・スクワッド時代(2006年、左)

OVWでスピリット・スクワッドの一員となり2006年1月のジェリー・ローラージョナサン・コーチマン戦に乱入しRAWに登場する。その後ビンス・マクマホンや息子のシェインらの手先となり、当時会長親子と抗争中だったショーン・マイケルズと抗争する。4月にはメンバーのケニーとマイキーのビッグ・ショーケイン組からの世界タッグ王座奪取をアシストする。その後復活したD-ジェネレーションXと抗争を繰り広げた後、サイバー・サンデーでスピリット・スクワッドが世界タッグ王座を失い、仲間割れを起こしチームは解散する。そして再びOVWに戻ることとなった。

2008年9月頃から再びRAWに登場する。リングネームをドルフ・ジグラーと改め、誰彼問わず自己紹介し、自分のことをやたらとアピールするキャラとなった。デビュー戦ではバティスタに負けるものの、その後はRトゥルースチャーリー・ハースに勝利を収めた。

その後はあまり目立った活動はなかったが、2009年の追加ドラフトによりSmackDown!へ移籍する。移籍が決定してからはMVPと争い、US王座に挑戦するも王座奪取とはならなかった。その翌週からグレート・カリと抗争を開始する。6月28日ザ・バッシュでのノーDQ戦では試合中にケインが乱入し、カリを襲撃する。それによりカリからフォールを奪い勝利する。その後7月10日のスマックダウンで試合後のレイ・ミステリオを襲撃し、それにより抗争を開始する。またこのころからマリアとの恋愛ストーリーが開始するが、自身が振る形で終了する。その後7月のナイト・オブ・チャンピオンズ、8月のサマースラムとミステリオの持つIC王座に挑むが、王座奪取とはならなかった。その後はミステリオの謹慎に伴い、新IC王者となったジョン・モリソンと抗争を開始する。その後はスリーパー・ホールドを多用するようになり、ケインやカリなどから勝利を奪っている。

2010年3月のWrestleMania XXVIではマネー・イン・ザ・バンク・ラダー・マッチに出場するが優勝は逃す。この後からヴィッキー・ゲレロとの恋人アングルが開始する。8月6日のSmackDown!でコフィ・キングストンとIC王座戦を戦って勝ち、初の王座を獲得、その後幾度となく再戦を行い、そのほとんどをヴィッキーの助けによるズルでの王座防衛をしている。

NXTシーズン4ではジェイコブ・ノヴァックを指導するプロとして登場していた。しかし1月4日のNXTで勝てば好きなルーキーと自分のルーキーを交換できるランブル戦が行われ勝利、バイロン・サクストンを選んだためサクストンがジグラーのルーキーとなり、ノヴァックはクリス・マスターズのルーキーとなった。また、その日にノヴァックは脱落した。

2011年1月7日のスマックダウンで行われたコフィとのIC王座戦に敗れ、王座を失った。しかし直後にヴィッキーにコーディ・ローデスドリュー・マッキンタイアビッグ・ショー世界ヘビー級王座の第一挑戦者を決める試合に出場させてもらい、うまくローデスからフォールを奪って勝利した。

2月18日のスマックダウンで、初の世界ヘビー級王座を獲得(ヴィッキーGM代行からの授与)しかし、直後に復帰したセオドア・ロングGMの命令で行われた王座戦であっさりエッジに敗北し、王座を失う(王座を獲るためロングを強襲しこん睡状態にし、それによってヴィッキーがGM代行となり、王者であるエッジを犯人に仕立て上げるなどして王座を奪って首にし、王座を貰うという筋書きであった)。その後、ロングGMによって解雇される(アングル上)。その後ヴィッキーと共にRAWに移籍した。

US王者時代(2011年頃)

RAW移籍後すぐにヴィッキー&レイ・クールと共に、モリソンとトリッシュ・ストラタスとスヌーキーの3名と抗争する。そして、4月3日のWrestleMania XXVIIでは男女混成の6人タッグマッチを行ったが、敗れてしまう。4月18日のRAWで、エヴァン・ボーンと対戦。長髪の金髪から短髪の黒髪にしたが、すぐに戻した。 その後、オーバー・ザ・リミットでコフィ・キングストンからUS王座を奪取(ヴィッキーの介入アリ)。さらに、ジャック・スワガーが仲間に加わり(そのころから、ヴィッキーとは恋人というより、マネージャーと顧客という関係に変わっている)、キングストン&ボーンのタッグ王者チーム「エア・ブン」を相手どるなど、タッグ王座戦にも絡んだ(王座は奪えず)。シングルとしては、ランディ・オートンCMパンクといったヘビー王者級の強敵と死闘を演ずることも少なくなかった。 このように活躍を続け、US王者としてもジョン・モリソンやザック・ライダーから防衛していたが、12月のTLCにて、ついにライダーに王座を奪われた。

2012年は、冒頭からCMパンクのWWE王座に挑戦し、レッスルマニアでも12人タッグ戦の勝利チームに入り戦うなど、活躍を続ける。 一方で、タッグ王者キングストン&トゥルースを相手に王座戦で破れ、相棒のスワガーを罵り決別を思わせる発言をし、ヴィッキーの提案した直接対決により、スワガーを仲間から追い出した。7月22日のマネー・イン・ザ・バンクにてSMACKDOWNのマネー・イン・ザ・バンク・ラダー・マッチで優勝しマネーの権利を手にする。 その後も王座戦線や強豪との抗争と、活躍を続けていたが、その余波でマネーの権利をかけて戦うことも二度あった。一度目はクリス・ジェリコから辛くも守り、二度目もTLCでジョン・シナとマネー戦形式(椅子やテーブルも使用)で戦い、劣勢になったもののシナと恋人?ギミックだったAJの裏切りによって守り抜く。また、その前後にマクマホン会長に脅されつつ試合を組んだヴィッキーに、罵りとともに別れを告げている。 その後、恋人となったAJの護衛として登場したビッグ・E・ラングストンも加わり、3人で行動するようになった。

2013年、ロイヤルランブル前に行われたビート・ザ・クロックで優勝し、出場順番を選ぶ権利を得たはずだったが、ヴィッキーの恨みにより、1番目か2番目しか選べなくなってしまっていた。そこで1番を選び、長らく戦い続けたが、27番目に脱落。レッスルマニアではラングストンとのタッグで王者ヘル・ノーに王座戦で敗れたが、直後のRAWマネー・イン・ザ・バンクの権利を行使してアルベルト・デル・リオから世界ヘビー級王座を奪った。 王座奪取後は、デル・リオやスワガーと王座戦線で抗争。エクストリーム・ルールズでのハシゴ戦が決まっていたが、その前に受けたスワガーのキックで脳震盪を起こし、2か月ほどの休場を余儀なくされてしまう。結局、挑戦権を賭けた試合に勝利したデル・リオと6月のPPV、ペイバックで戦ったが、ダメージを受けていた頭を何発も蹴られ王座を失い、その戦法を使ったことを非難されたデル・リオがヒールターンしたと同時にベビーターン。AJのあくどいやり方を非難するようになり、さらにマネー・イン・ザ・バンクの世界王座戦にてAJが乱入し、反則負けとなったことで、完全に別れを告げる。 ラングストン&AJとの抗争の後、ダニエル・ブライアンに対するHHHの悪行を非難したことで睨まれてしまう。 その後何度か他のスター共々ブライアンの仲間として戦うこともあったが、自身は徐々にフェードアウトし出番は減ってしまう。 2014年、段々と復活。サンドウやデル・リオを倒すなど活躍し、5月には以前不仲になったヒュー・ジャックマンと和解を果たした。 8月、サマースラムで2度目となるIC王座を取得。しかし9月のナイト・オブ・チャンピオンズにおいてザ・ミズに敗北を許し王座を奪われる。 しかし次の日のRAWでリマッチを行い見事王座を奪還した。10月〜11月、来たるサバイバー・シリーズでチーム・シナへ加入を表明したばかりに、オーソリティから制裁としてトリプルスレットの王座戦など不利な試合を幾度も組まれ、ついにはルーク・ハーパーがオーソリティ入りしたご褒美に組まれた王座戦でIC王座を失ってしまう。それでも迎えたサバイバー・シリーズ、チームメイトのビッグ・ショーの裏切りによってリーダーのシナが敗退し、1vs3の絶望的な状況に追い込まれる。しかし2人を自力で破り、チーム・オーソリティのリーダーのセス・ローリンズはスティングの介入もあって敗退させ、見事チーム・シナを勝利に導く大活躍を見せた。 12月14日のPPV、TLC&Sにおいて、ルーク・ハーパーとIC王座ラダー・マッチを戦う。両者流血のなか、ハシゴの上でハーパーにスーパーキックを決めて振り落とし、4回目のIC王座戴冠を成し遂げた。

得意技[編集]

その他[編集]

  • 弟のライアン・ネメスはFCWでブライリー・ピアースのリングネームで活動。
  • いわゆるヘタレヒールとしての立場を確立しており、オーバーリアクション気味な受けには定評がある。あるハウスショーではジョン・シナ、CMパンク、コフィ・キングストン、ザック・ライダー、イヴのフィニッシャーを立て続けに受けきった事もある。ちなみに、この日は彼の誕生日だった。

獲得タイトル[編集]

WWE

入場曲[編集]

上記、ケージ・ナインのカバー曲。
  • Here To Show The World (Downstait) - 現在使用中

脚注[編集]

  1. ^ WWE.com: Finlay vs. Dolph Ziggler”. WWE. 2013年2月1日閲覧。 “The distraction allows Ziggler to deliver the reverse bulldog for the win.”

外部リンク[編集]