ワフー・マクダニエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワフー・マクダニエル
プロフィール
リングネーム ワフー・マクダニエル
"チーフ" ワフー・マクダニエル
本名 エドワード・マクダニエル
ニックネーム 狼酋長
身長 183cm
体重 120kg(全盛時)
誕生日 1938年6月19日
死亡日 2002年4月19日(満63歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オクラホマ州バーニス
スポーツ歴 アメリカンフットボール
トレーナー ドリー・ファンク・シニア
デビュー 1961年
引退 1996年
テンプレートを表示

ワフー・マクダニエルWahoo McDaniel1938年6月19日 - 2002年4月19日)は、アメリカ合衆国プロレスラーアメリカンフットボール選手。オクラホマ州バーニス出身のチョクトーチカソーインディアン。本名はエドワード・ヒュー・マクダニエルEdward Hugh McDaniel)。

プロレスラーとしての現役選手時代は、羽飾りのコスチュームや得意技のトマホークチョップなど、自身の出自であるインディアン・スタイルで活躍。ラフファイトにも強いベビーフェイスとして絶大な人気を誇った。日本では「狼酋長」の異名を持つ。

来歴[編集]

学生時代からレスリングアメリカンフットボールを両立させながら活躍。大学卒業後にAFLのヒューストン・オイラーズ(現・テネシー・タイタンズ)に入団。アメフトと並行してドリー・ファンク・シニアからレスリングのトレーニングを受け、1961年にプロレスラーとしてデビュー。以降1968年までAFLのオフシーズンにプロレスの試合を行うという二足のわらじで活動する。ちなみに1966年マイアミ・ドルフィンズ創設時のメンバーでもある。

1969年からはプロレスに専念し、AWAスーパースター・ビリー・グラハムらと抗争を繰り広げる。1973年11月に国際プロレスに初来日、ストロング小林を破りIWA世界ヘビー級王座を奪取。レッド・バスチェンと組んでラッシャー木村&グレート草津IWA世界タッグ王座にも挑戦し、草津を相手に得意のインディアン・ストラップ・マッチも行った。

1974年よりジム・クロケット・ジュニアの主宰するノースカロライナNWAミッドアトランティック地区に転戦し、ジョニー・バレンタインブラックジャック・マリガンリック・フレアーと抗争。1975年7月にはフレアーを破りNWAミッドアトランティック・ヘビー級王座を獲得した。

1976年全日本プロレスに来日し、ジャイアント馬場の持つPWFヘビー級王座に挑戦。1979年世界最強タッグ決定リーグ戦ではフランク・ヒルとのインディアン・コンビで参戦、ヒルが狙い打ちにされ戦績は振るわなかったものの、アブドーラ・ザ・ブッチャーとの抗争は話題を呼んだ。1980年からはテキサス州サンアントニオのサウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリングに定着し、テリー・ファンクとも抗争を展開している。

1982年1月、新日本プロレスに来日。前年に新日本へ移籍してきたブッチャーとはここでも抗争を続けた。アントニオ猪木とのシングルマッチも行われ、同時参加していた因縁のスーパースター・ビリー・グラハムとのタッグチームも実現したが、全日本参戦時ほど本領を発揮できなかった。

以降もミッドアトランティックやジョージアフロリダなど南部マットを主戦場に活躍。ダスティ・ローデスリッキー・スティムボートタッグチームを結成し、ロディ・パイパーイワン・コロフサージェント・スローターらとタイトルを争った。1985年にはマーク・ヤングブラッドとのコンビでジャック・ブリスコ&ジェリー・ブリスコなどのチームを破り、ミッドアトランティック版のNWA世界タッグ王座を獲得。1980年代後半は末期のAWAやプエルトリコWWCで活動した。

最晩年の1992年5月にはW★INGプロモーションの興行に参戦。ザ・グラップラーとインディアン・ストラップ・デスマッチで戦い、KO勝ちしたのが最後の来日となった。

1995年、NWAの後継団体であるWCW殿堂入りを果たす。現役晩年は持病の糖尿病との戦いになり1996年に引退。2002年4月19日、糖尿病の合併症で死去。63歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
NWAビッグタイム・レスリング
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング
  • SCW南部ヘビー級王座:2回(1980年にタリー・ブランチャード、1981年にテリー・ファンクから獲得)
  • SCW南部タッグ王座:1回(w / テリー・ファンク)
  • SCW世界タッグ王座:1回(w / イワン・プトスキー
国際プロレス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]